採用方法の種類と人材を採用する方法の適切な選び方とは?

採用難や人手不足に苦しんでいるホテル・旅館は多いのではないでしょうか。今の時代、良い人材を確保するには工夫が必要になります。また、それぞれのホテル・旅館が欲しい人材となると、さらなる知恵を絞らなくてはなりません。良い人材を採用できるようポイントをご紹介しますので、今後の採用活動に参考になりそうなヒントがあれば役立ててくださいね。

採用方法で代表的なものとは?

Monet- stock.adobe.com

 

まずは代表的な採用方法を確認します。採用活動の主流となっているツールなので、自社に合った採用方法を検討する材料として参考にしてみてはいかがでしょう。

 

ハローワーク

 

ハローワークで用意した事業所登録シートや求人申込書に記載した内容が、求人票に反映されます。希望すれば、ハローワークが運営するWEBサイトで求人票を公開することができます。

 

ハローワークは無料で求人を掲載することができるので、採用コストにそれほど予算を割けない企業にはおすすめですよ。

 

求人媒体

求人媒体には大きく分けて、WEB媒体と紙媒体があります。

 

WEB媒体を利用すると、応募が24時間受付可能になります。また、時間や場所を問わず求職者に求人を閲覧してもらえるので、求職者にとっては企業に応募しやすくなるのです。

 

インターネットは若年層がよく活用していることから、若い人材が欲しい場合はWEB媒体を利用すると企業が欲しい人材が集まりやすくなります。

 

紙媒体は、新聞の求人広告欄や折込チラシ、求人情報誌などを指します。

 

フリーペーパーの求人情報誌も増え、駅やコンビニなどでも目にする機会が増えました。全国版とそれぞれの地域に特化した内容の求人を発行しているので、地域密着型の採用にはうってつけです。

 

ただし、WEB媒体・紙媒体ともに採用に至らずともコストはかかってしまうので、よく検討するようにしましょう。

 

人材紹介・人材派遣

人材紹介会社を利用すると、キャリアコンサルタントと呼ばれる担当者が、その会社に登録している人材の中から条件に合う人材を紹介してもらうことができます。応募・面接・選考などはすべて人材紹介会社が行い、一般的にかかる採用活動の負担を軽減することも可能です。

 

晴れて紹介された人材を採用する場合は、紹介手数料として人材紹介会社に報酬を支払いますが、採用コストは他の採用方法と比べて高額です。ですので、採用コストがかかっても良い人材を確実に採用したい企業にとっては非常に有効でしょう。

 

人材派遣は、人材派遣会社が雇用するスタッフを借りるというイメージです。派遣スタッフの「時給×労働時間」を人材派遣会社に毎月支払いますが、スタッフに対する給与の支払いや社会保険の手続きなどは人材派遣会社が行います。

 

即戦力となる人材を一定期間のみ採用したい企業や、早急に人員を補いたい企業にとっては効果が見込めるのではないでしょうか。

 

SNS

最近では、企業がFacebookやTwitterなどのSNSを利用して採用活動をすることも主流になってきています。

 

企業と求職者がSNS上で自らの情報を公開したうえでコミュニケーションをとり、面接前から求職者の趣味嗜好や価値観を知ることができます。内定者が決まったあとも、気軽に分からないことや不安な点などを直接相談できる環境をつくることで、入社後のミスマッチを減らすことも可能になるのです。

 

SNSで採用活動をする際は常に情報を発信し続ける必要がありますが、企業に対して理解度が高い人材を採用したい場合は効果的でしょう。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

採用活動や採用の仕方の課題とは?

blacksalmon- stock.adobe.com

 

採用活動がうまくいかない原因には必ず理由があります。理由を浮き彫りにし課題を知ることで、今後の採用活動がスムーズになるかもしれません。

 

労働人口の減少

 

日本では少子高齢化が進んでおり、さらに2025年には5人に1人が後期高齢者となり、今後も労働人口がどんどん減少してしまうと言われています。

 

このような事態を受け、企業によっては積極的に外国人採用を行ったりと、労働人口を確保するためにさまざまな工夫をする動きが見られます。

 

ですが、まだまだ考えを巡らせなければ採用難は解決しないので、それぞれの企業で対策していくことが必須です。

 

企業とのミスマッチ

人手不足を補うために、企業はより優秀な人材を求めるようになりました。その分、企業が求職者に求めるスキルの理想が高くなってしまい、求職者が応募まで至らないというケースがよく見られます。

 

求める理想像が高すぎるのであれば、企業にとって必要な人物像を改めて見直す必要があるでしょう。応募者数を増やしたい場合は、採用の幅を広げることも検討したほうが良いかもしれませんね。

 

たとえ優秀な人材を採用できたとしても、スキルにあった給与や福利厚生が整っていないなど、企業側とのミスマッチが生じてしまうことも。そのため、優秀な人材はスキルに見合った待遇をとる海外の企業に転職するといった事例もあるようです。

 

また、多様化した働き方についてけない企業も少なくありません。以前は、副業を禁止されていたり、コアタイムで週5日同じ時間働くといった流れが主流でした。しかし、最近は昔と暮らし方も変わったこともあり、それに伴って働き方も変えていかなければ、優秀な人材は企業に見向きしてくれません。

 

いかに多様化を理解し、フレックスタイムや在宅勤務、時短勤務など、従業員のライフスタイルに合わせた就業形態を許容できるかが企業に求められているのです。

 

自社にとって必要な人材を明確にすることや、多様化を理解することが、離職率をおさえることにもつながります。人手不足・採用難の時代だからこそ、既存の従業員に長く会社で働いてもらうことも考えましょう。

 

人材を採用する方法:新卒者

milatas- stock.adobe.com

 

採用活動において、ターゲットにする人材によって効果的な方法が異なります。まずは、熱意を持ち、柔軟な発想ができる新卒の採用に適した方法をご紹介します。

 

就職サイト

新卒採用のために、ほとんどの企業が就職サイトへ登録していますよね。

 

就職サイトでは、企業の情報を検索・収集し、自身の興味のある企業にエントリーしたり、セミナーや説明会へ参加予約をすることができます。

 

新卒者はまず就職サイトに自分の情報を登録します。新卒者にとっては企業選びの可能性が広がるので、就職サイトを利用する新卒者の割合はとても高く、応募者数の分母を増やすことが期待できます。

 

企業が就職サイトへ登録すると、多くの新卒者と出会うことができます。サイト上で学生とのやり取りが可能なので、管理もしやすいことが特徴です。

 

それぞれの就職サイトで特徴があるので、自社に合った就職サイトを利用することが採用難解決の鍵をにぎっています。

 

インターンシップ

イターンシップとは、ある一定期間、学生に実際に仕事をする機会を与え、働くことや企業の雰囲気を疑似体験してもらうことを指します。

 

インターンシップを利用すると、学生が職場の雰囲気に触れることができるので、入社後のイメージをつけることができます。そのため、入社後のミスマッチも予防できるだけでなく、優秀な学生がいれば、その時点で声をかけることもできるでしょう。

 

地方学生の採用

地方には、都会に比べて学業に専念している学生が多くいる傾向があります。さらに、自分で色々工夫しながら情報を得なければならないので、自ら積極的に動くことができる学生が多いことも特徴の一つでしょう。

 

地方の学生の採用を検討する場合は、学内説明会に参加したり、WEBでの説明会や面接の機会を設けることを検討してみてはいかがでしょう。

 

人材を採用する方法:中途求職者

One- stock.adobe.com

 

次は中途採用に特化した採用方法をご紹介します。中途求職者は自社にとって即戦力になり得る人材ですので、採用活動を成功させるためにぜひ参考にしてみてくださいね。

 

転職サイト

新卒同様、転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

 

転職サイトに登録する中途求職者は意識の高い人材が多く、自分のスキルや経験が活かせる企業を強く求めています。

 

転職フェアでは中途求職者と直接コミュニケーションを取ることができるので、中途求職者に企業の魅力をアピールしやすくなります。また、良い人材が見つかれば、その場で選考に移ることも可能ですので、結果として採用活動の効率化にもつながりますよ。

 

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングとは、企業が受け身の採用活動とは異なり、企業が積極的に動いて採用活動を行うことを言います。

ただし、企業が自分たちで求職者にどうアプローチするかを考え、自ら動かなくてはならないので、採用ノウハウを積み上げるのに時間がかかってしまいます。

 

ですが、採用活動のすべてを自分たちでコントロールできるので、効率的に自社に必要な人材を採用することができるので、チャレンジする価値はあるでしょう。

 

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングを利用すると、企業が求める人材をあらゆるネットワークを利用し探すことができるので、優秀な人材を獲得できる確立が高まります。

 

費用がかなり高額になることがありますが、専門職や技術職など、スキルや経験のある人材を特に求める企業であれば、非常に有効的な採用方法と言えるでしょう。

 

人材を採用する方法:ホテル・旅館

New Africa- stock.adobe.com

 

人手不足の悩みを抱えているホテル・旅館は多いですよね。では、どのような採用方法が適しているのでしょうか。実際にみていきましょう。

 

外国人の正社員を検討する

人手不足が叫ばれるなか、注目したいのは外国人採用です。もうすでに積極的に外国人を採用しているホテル・旅館も多いかもしれませんね。

 

外国人労働者のなかには、相当な決意や熱意をもち日本で働こうとしている方がいます。そのような方を正社員として迎え、評価体制を整えれば、外国人従業員の意識も向上し、ホテル・旅館全体の士気も高まります。

 

また、業界未経験の場合でも語学堪能な方が多いので、即戦力として活躍できることでしょう。

 

リファラル採用

ホテル・旅館はお客様と接する機会が多くなるので、採用活動において従業員の人柄は特に重視したいポイントではないでしょうか。

 

リファラル採用とは、既存の社員から自社で活躍してもらえそうな人材を紹介してもらう採用方法です。自社の社員からの紹介であることから、人柄や能力について把握しやすいことがポイントと言えます。

 

ただ、大量採用が難しいことと、紹介してもらった社員の仕事ぶりが好ましくなかった場合、従業員との関係が悪化するリスクもあるので、慎重にならなければなりません。

 

人材紹介

ホテル・旅館で、自社に合った即戦力となる人材が欲しい場合は、人材紹介会社を活用すると良いでしょう。

 

自社で求める人物像を転職エージェントやキャリアコンサルタントに伝え、その条件に合った人材を紹介してもらいます。人材紹介会社が採用活動を行うので、ホテル・旅館側が採用活動にかかる手間を軽減できます。

 

しかし、すべての採用活動を人材紹介会社に任せていると、自社で採用ノウハウが積み上がりません。また、信頼関係を築かなければ、優秀な人材に自社の魅力を十分に伝えてもらえないので、誠意を持った対応をすることを忘れないでくださいね。

 

適切な採用方法で良い人材を確保しよう

ohayou!- stock.adobe.com

 

人手不足や採用難が企業の負担になっているなかで良い人材を採用するには、まず自社に合った適切な採用方法を選定しなければなりません。

 

採用方法にもそれぞれメリット・デメリットがあるので、企業を取り巻く現状を分析したうえで良い人材を獲得できるよう採用活動を行いましょう。

 

「さまざまな採用方法を試したけど良い人材が確保できない…」といったお悩みを抱えるホテル・旅館には、「おもてなしHR」のご利用をぜひご検討ください。宿泊業界に特化したアドバイザーと一緒に、解決に近づく糸口を探しましょう。まずはお気軽にご相談くださいね。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る