採用ご担当者様へ 無料 転職サポートに申し込む

ホテル業界で採用サイトを活用するメリットとは?

最近では、採用サイトを使って採用活動を行う企業も増えてきています。採用サイトとは、求人採用を専門としたWEBサイトです。採用情報を企業サイトで公開するだけでなく、採用サイトも活用して採用活動を実施する企業も多いでしょう。また、業界に特化した採用サイトを使って効率的に採用活動をしたい担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。人手不足に悩むホテル業界は、なおさらその想いを抱えているかもしれません。ここでは採用サイトを活用する背景や必要性についてご紹介します。

採用サイトの必要性

adiruch na chiangmai
– stock.adobe.com

 

 

採用活動が負担になっている担当者の方も多いのではないでしょうか。採用サイトは、企業サイト内の採用情報とは分けて考えた方が良いでしょう。

 

なぜなら、採用サイトとして独立したホームページを作ることによって、ターゲットを学生や転職希望者などに絞ることが可能になるからです。

 

企業サイトは、見込み顧客や取引先、株主など、企業の関係者に向けて作成されたものがほとんどです。そのため、求職者に向けた採用情報を、思うように発信できないというデメリットがあります。

 

それに加えて、採用サイトを活用すると、自社の求人に興味のある求職者に絞って発信できるのです。

 

本格的に採用活動を行いたい場合は、採用サイトの活用をおすすめします。

 

採用サイトのメリット

yumeyume- stock.adobe.com

 

 

採用サイトを活用することは、企業側だけでなく、応募者側にも大きなメリットがあります。それぞれ確認してみましょう。

 

企業のメリット

 

まず、情報を自由に掲載できることが挙げられます。様々な求人媒体やハローワークの求人票などにはルールがあり、自社に合ったメッセージやデザインを自由に表現ができない場合がほとんどです。

 

特に、掲載できる枠の大きさが決まっているので、掲載できる情報も限られるのが難点となっています。しかし、採用サイトは、上記のような制限がないので、自由なメッセージや採用情報を、好きなだけ掲載することができるのです。

 

また、応募者の質を上げることも可能です。自由に採用情報を掲載した採用サイトは、求職者とのミスマッチの解消につながります。

 

採用前に十分な情報を提供できないと、求職者が入社後の現実に落胆してしまい、離職率が上がってしまう可能性もあるかもしれません。

 

ミスマッチを防ぎ、採用へかかる負担やコストを下げるためにも、社風や職場環境、どんな人が働いているのかなど、採用サイトで訴求すると良いでしょう。

 

さらに、採用サイトを活用すると、様々な媒体から求職者のアクセスを集められます。今の時代、スマホなどを使ってすぐにサイトにアクセスができますね。

 

「SNSでシェアされていた」、「ポスターを見て企業を検索した」など、求職者が採用サイトにアクセスするきっかけも多様化しています。

 

採用サイトは、何気なくした検索結果の受け皿となりうるのです。たどり着いた先に、求職者にとって魅力的な情報が提示されていれば、興味をもった求職者からの応募も可能でしょう。

 

応募者のメリット

 

採用サイトに、企業の経営理念や社内の雰囲気などについて明記することで、「応募者が企業で働き、どのような成長ができるか」というイメージがしやすくなります。応募者に自分の成長をイメージさせることで、仕事へのモチベーションを上げることができるのです。

 

さらに採用サイトには、採用に特化した情報が掲載されているので、興味をもった企業の概要を知りたければすぐに企業ホームページにアクセスできる強みがあります。

 

時間を有効に使い自分に合った企業を探したい求職者にとっては、いつでも、どこでも採用情報にアクセスできるような間口の広い採用サイトは、就職・転職活動には必要不可欠でしょう。

 

採用サイトによる採用活動の注意点

vegefox.com- stock.adobe.com

 

当然ですが、採用サイトを活用するにも、制作費や制作依頼費のコストがかかります。外部業者にホームページ制作を依頼すると、ちょっとした修正や更新もコストが付き物なのです。

 

採用サービスで、エージェントやアドバイザーに採用活動を依頼する際も同じことが言えます。

 

加えて、採用サイトを運営する手間がかかることも事実です。数多くある制作会社や業者も選択しなければなりませんし、一から採用情報の説明や見積もり、打ち合わせなどのかかる時間と労力も視野に入れるできでしょう。

 

また、「そもそも採用サイトが必要なのか」について検討する必要があります。継続的に従業員を集める必要のない企業や、優秀な人材をそれほど求めていない会社にとっては、採用サイトは無駄な労力とコストを注ぐだけになってしまうのです。

 

その場合は、ハローワークや紹介、各種求人媒体などを使った従来の採用活動を継続したほうが良いでしょう。

 

しかし、デメリットよりも得られる成果の方が大きいことを考えると、採用サイトが必要な企業は一度活用してみても良いかもしれません。

 

ホテル業界に特化した採用サービスを利用した方が良い理由

naka- stock.adobe.com

 

すでに企業サイトで、独自の採用サイトを活用しているため、採用サイトに必要性を感じていないホテル業界の方も多いのではないでしょうか。

 

採用サイトは、自社の企業サイトを併用することで大きな力を持ちます。もちろん、企業サイト内で採用情報を宣伝することも可能です。

 

しかし、採用サイトも併用することで、より多くの求職者に訴求することができるのです。

 

求職者が企業サイトを検索してくれればなんの問題もないのですが、獲得したいような人材が必ずしも企業サイトを直接検索してくれるわけではありません。

 

採用サイトを活用すれば、応募者に多様性が生まれます。ホテル業界に興味がなかった求職者や、ホテル業界に就職・転職したいが様々な企業を見てみたい、といった求職者から優秀な人材を発掘できる可能性もあるのです。

 

また、経験者を求めているホテルは、ホテル業界に特化した採用サイトを活用することで、応募者が宿泊業界志望者に絞ることができます。

 

そのおかげで、経験者が多く、未経験者でもホテル業界への仕事に意欲の高い人材が多く登録される場合もあります。ですので、即戦力になり得る応募者やフレッシュな人材が集まりやすくなっているのです。

 

採用サイトの活用は、人手不足や社員の定着率に悩むホテルの「希望の光」となるでしょう。

 

◆ホテル業界に特化した採用サイトを有効活用しよう

Have a nice day- stock.adobe.com

 

 

採用サイトの活用を検討されているホテル業界の方がいれば、自社サービルの「おもてなしHR」も採用活動の手助けができます。

 

「おもてなしHR」は、ホテル・旅館業界に特化した就職・転職サービスです。就業先を探している人と、人手不足のお悩みをお持ちの企業の架け橋となり、ホテルや旅館に戦力として活躍する人材をご紹介しています。

 

ホテル・旅館の様々なニーズに合わせて人材を紹介しているので、効率的な採用活動ができるのです。

 

ホテル業界に特化した採用サイトで成果を出したい方は、お気軽にご相談くださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事