補充採用がうまくいかない……人員補充の中途採用を成功させるためのコツとは?

欠員を補充するために、補充採用を行う企業は少なくありません。しかし、通常時の採用活動のようにうまく採用が進められないと悩む採用担当者もいることでしょう。補充採用をうまく進めるための3つのコツをご紹介しますので、採用活動に難航する担当者はぜひ参考にしてみてください。

人員補充の中途採用は難しい

補充採用とは、欠員の補充や事業拡大による増員を目的にした採用です。その性質上、突発的に行われることが多いでしょう。

 

突発的に行われるということは、選考期間が十分に設けられないケースが多いということ。つまり、補充採用はじっくり時間をかけて行う通常時の採用活動よりも、難易度が根本的に上がりやすいものなのです。

 

ただ、企業は好き好んで補充採用を繰り返している訳ではありませんよね。退職者が出てしまったことで、致し方なく補充採用を行う企業も多いはず。しかし、退職者が減らないようであれば採用活動の進め方にも原因があると考えるべきでしょう。

 

次項からは、補充採用の見直し方についてご紹介します。特に、これまでの補充採用で思うような成果が上げられていない企業の採用担当者は、下記の方法を参考にしてみてください。

  • [1] 採用スケジュールの見直し
  • [2] 求める人物像の見直し
  • [3] 募集方法の見直し

補充採用を成功させるコツ[1]:採用スケジュールの見直し

iStock.com/kiddy0265

 

まず始めに考えたいのは、補充採用を行うタイミングです。「1日でも早い人員補充を!」と思い、すぐさま行動に移すのは悪いことではありませんが、求める人材が転職活動を行う時期と求人募集のタイミングが合わなければ徒労に終わってしまいます。

 

おすすめなのは、求職者の動向・転職市場に合わせて採用を行うことです。求職者の動きが活発になると言われている時期をみてみましょう。

  • ・1月~4月:新年を向かえた後の期の変わり目
  • ・6月~7月:夏のボーナスが支給された直後
  • ・9月~10月:期の変わり目

上記のタイミングに採用活動をスタートすれば、応募者増に期待が持てます。ゆとりのない採用スケジュールでは応募者の見極めもままならなくなってしまいますので、たとえ短期間であっても採用スケジュールは綿密に計画しましょう。

 

補充採用を成功させるコツ[2]:求める人物像の見直し

iStock.com/SIphotography

 

求める人物像や採用基準があいまいになっていることが原因で、補充採用で成果を上げられないケースもあります。中には、上司から「早急に!」と急かされたことに焦りを感じ、合格ラインを下げて選考を進めてミスマッチを生んでしまった採用担当者もいるかもしれません。

 

しかし、長く働いてもらえるような人材を採用しなければ、結局同じことを繰り返しす羽目になってしまいます。採用活動にかかる時間や費用、また新人の教育にかかる時間を無駄にしないためにも、応募者の合格ラインは決して下げてはいけません。

 

求める人物像や採用基準は、部署や採用に携わる担当者全員で方針を決めるのが得策です。属人的な進め方は、採用に偏りが出やすくなってしまいますので気を付けてくださいね。

 

採用基準の決め方やミスマッチの防止策をご紹介している下記記事も、ぜひ参考にしてみてください。

 

採用基準とは?優秀な人材を見極める採用基準の作り方!

 

中途採用のミスマッチの防止策をケース別で紹介!

 

補充採用を成功させるコツ[3]:募集方法の見直し

iStock.com/PeopleImages

 

経験のある正社員を募集したいのに、「主婦のパート・アルバイト」に強い求人広告で募集をしていたとしても、思ったような成果は見込めませんよね。このように、募集方法が適切でなければ求める人材の採用は遠のきます。

 

よって、採用スケジュール・求める人物像の見直しを行っても補充採用がうまくいかない場合は、募集方法もあわせて見直してみるのがおすすめです。

 

効果が上がりやすい媒体・広告は、求める人物像や雇用形態、業界内の企業のポジションによって異なります。自社で採用活動を進めるのに限界を感じるのであれば、人材紹介会社に頼るのも良いでしょう。

 

下記記事も参考にしながら、ぜひ自社にピッタリの補充採用の手法を再検討してみてくださいね。

 

どの求人広告に掲載すべき?求人媒体の種類、掲載費用、正社員・バイト募集のポイントを解説

 

中途向け人材紹介って?中途採用で優秀な人材を獲得するために

 

補充採用より見直すべき点があるかも

補充採用は、人手不足を早急に解消するための採用手法です。短期間で、自社に最適な人材を採用するのは容易ではありませんので、うまくいかないと悩む採用担当者はまずご紹介した3つのコツを試してみてください。

 

それでもうまくいかないのであれば、採用活動以前に問題があると考えた方が良いでしょう。

 

補充採用が慢性的に行われる企業は、人材の定着率の低さが目立つはず。その原因を改善しない限り、退職・人員補充のループから抜け出すことはできません。

 

定期的に補充採用をしなければならない企業は「人が足りないから補充する」という考えを改め、労働環境や人間関係の改善にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る