調理師として採用されるには?仕事内容や働き先の例についても紹介!

調理師の仕事をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。新卒採用を狙っている方から、別業種からの転職を検討している方まで、調理師の仕事に就くことを考えている層は幅広い傾向があるのだそう。調理師の採用についてご紹介していきます。

調理師の仕事

料理

jchizhe-stock.adobe.com

 

調理師の仕事はその名の通り料理を作ることですが、それだけではありません。

・食材の仕入れ

・接客業務

・新メニューの考案

・衛生管理

・品質管理

など、料理を提供することに関するあらゆる業務をこなす必要があるため、体力と対応力が求められます。

 

仕事に就いてすぐの時期はいきなり調理を任されるのではなく、皿洗いや野菜のカットなどの作業から担当することになり、徐々に担当業務が増えていくことが多いのだそう。

 

また、調理師の免許がなくても料理の仕事につくことはできます。しかし、調理師を名乗ることができるのは、免許を取得している人のみです。

 

調理師の働き先の例

 

調理師の働き先は、飲食店だけに留まりません。

・旅館やホテルなどの宿泊施設

・結婚式場などのイベント会場

・給食センター

・社員食堂

・病院・福祉施設

上記の例に留まらず、調理師の働き先は多岐に渡ります。

 

そのため、「調理の仕事がしたい!」という気持ちだけで仕事を探そうとすると、勤務先の絞り込みが難航してしまうことが予想されます。

 

「どこで」調理師の仕事がしたいのか、あらかじめ方向性を決めておくと、就職活動でのつまづきを防ぐことができるでしょう。

 

調理の仕事に採用されるために必要なことは?

調理

135pixels-stock.adobe.com

 

調理の仕事に採用されるために、必要な資格はありません。たとえ調理師免許を所持しておらず、また実務経験がなくても、応募ができる企業は数多く存在しています。

 

ただし、調理の仕事に携わることはできても、調理師を名乗ることはできないので注意が必要です。

 

また、調理の仕事は勤務時間が長く、休日日数が少ない傾向があります。そのため、十分な体力と、少しのことでは揺るがない強靭な精神力を備えていることは必須事項でしょう。

 

未経験の方は特に、体が丈夫なことと、調理の仕事に携わりたいという強い意志をアピールすることで、採用への道が開けるはずですよ。

 

宿泊業における調理師業務の特徴は?

 

旅館やホテルなどの宿泊業における調理師業務の特徴は、調理場が24時間稼働している場合があるということでしょう。

 

つまり、夜勤が発生する可能性が考えられるということなので、レストランなどに勤務するケースよりもさらに体力が必要になります。

 

ですが、それだけにやりがいも大きい仕事ですので、レストランなどの飲食店に留まらず、宿泊業も視野に入れて調理師の仕事を探している人は少なくないようです。

 

また、資格や職歴が不問の宿泊業もありますが、調理師免許や実務経験がある人の方が採用される可能性が高くなります。

 

資格や経験の無い方は、「なぜ調理師になりたいと思ったのか」という点を明確に答えられるよう準備し、面接官に熱意を伝えましょう。

 
ホテルの調理師の具体的な仕事内容とは?

 

調理師の求人を探すならおもてなしHRのご利用を!

調理師2

xartproduction-stock.adobe.com

 

調理師の仕事はハードで体力と精神力が必要だと言われていますが、だからこそやりがいがあるという声も聞こえてきますよね。

 

生半可な気持ちではなく、本当に調理師として生計を立てていきたいという強い気持ちがあるのなら、仮に未経験だとしても採用される可能性は決して低くはないでしょう。

 

また、調理師の仕事をお探しの方には、おもてなしHRのご利用がおすすめです。宿泊業界に特化したアドバイザーがおりますので、あなたにピッタリのホテルをご紹介できますよ。

 

どんなに小さなことでも結構ですので、ご相談をお待ちしております。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る