人材サービス業とは?人材業界の構造を理解しよう!

就職・転職をする際に「人材サービス業」を利用する方は多いでしょう。しかし、人材サービス業について詳細を知る人は、意外と少ないのが実情です。人材サービス業界を目指す方や、仕事探しでサービスを利用したい方は、業界の構造を知っておいて損はありません!人材サービス業界の基本を紹介いたします。

人材サービス業ってなに?

sergign – stock.adobe.com

 

人材サービス業とは、主に企業のニーズに合わせて人材を派遣したり、紹介やあっせんしたりする事業を行っています。

 

いま、人材業界の事業内容は多様化しており、さまざまなサービスが続々と登場しています。大きく分類すると、以下のような4つの事業に分けられます。

 

・人材紹介

・人材派遣

・人材広告

・人材コンサルティング

 

よく混同されるのは「人材紹介」と「人材派遣」の事業内容です。

 

求職者と企業を仲介することには変わりありませんが、雇用主に違いがあります。「人材紹介」を使って仕事を決めた場合、雇用主は内定先企業となり、「人材派遣」を利用した場合の雇用主は人材派遣会社となります。

 

それぞれの事業内容については次に詳しく解説いたしますが、「人材紹介」と「人材派遣」の違いについてもっと具体的に知りたい方は、下記リンクを参考にしてみてくださいね。

 

人材派遣と人材紹介の違いを解説!

 

人材業界の主なサービス内容

Bojan – stock.adobe.com

 

先述したように、人材サービス業は一般的に「人材紹介」「人材派遣」「人材広告」「人材コンサルティング」と、4つの事業内容に分類されています。

 

それぞれどのような特徴があるのか、早速みていきましょう。

 

人材紹介

 

人材紹介は、企業に人材をマッチングさせる事業です。

 

内定者は企業に直接雇用されることになるので、人材派遣との違いには注意しましょう。

 

人材派遣

 

人材派遣は、会社に登録している求職者を、企業のニーズに合わせて派遣する事業です。

 

派遣会社の登録者は企業に派遣されて働きますが、雇用主は企業ではなく派遣会社となります。

人材広告

 

人材広告は、WEBメディアや求人情報誌、フリーペーパーを通して求職者と企業をつなげる事業です。

 

基本的には企業の求人情報を自社メディアに掲載し、求職者に情報提供しています。

 

人材コンサルティング

 

人材コンサルティングは採用支援や教育支援、人事評価制度などについてコンサルティングを行う事業です。

 

「人材紹介」「人材派遣」「人材広告」は、求職者の採用と企業の人材獲得が目的ですが、人材コンサルティングは企業の人事業務の課題解決を目的としています。

 

人材サービス業の現状

Boggy – stock.adobe.com

 

人材サービス業の事業内容について理解したうえで、次は人材サービス業を取り巻く現状を解説いたします。

 

現状を知り、就職や転職に備えましょう。

 

新型コロナウイルス感染症の影響

 

感染症によって経済がどうなるか見当がつかなくなり、新たな採用を見送る企業もあります。

 

しかし、全業界が採用に消極的なわけではありません。たとえば、医療や介護、物流などの業界では積極的に採用活動を行う企業が多いようです。

 

ただし未だに感染症の収束が見通せない状況なので、まだまだ様子見が必要かもしれません。

 

正社員不足の影響

 

最近では、約35%の企業が「正社員が不足している」と回答しているそうです。不足しているのは正社員だけでなく、非正規の社員も不足している業界もあります。

 

反対にホテル・旅館を例に挙げると、感染症が拡大する以前は人手不足が顕著でしたが、緊急事態宣言などを経ると、人手不足の割合は正社員・非正規社員ともに大幅な減少傾向が見られます。

 

とは言え、建設業や情報サービス業などでは人手不足が目立ち、採用に積極的なホテル・旅館もありますので、各企業がより優秀な人材の獲得を求めて、人材サービス業の需要は今後も高まっていくでしょう。

 

参考:人手不足に対する企業の動向調査(2021 年 1 月)

 

少子高齢化の影響

 

少子高齢化になると、自ずと労働力が不足してしまいます。そこで近年注目されているのが、外国人や女性、シニア層の採用です。

 

多くの企業では外国人採用が活発になっており、女性やシニア層が柔軟な働き方ができるような仕組みを社内に取り入れる企業も増加しているそうです。

 

人材サービス業界では、外国人採用や女性採用、定年退職者の再雇用へのサポートに積極的な取組みをしています。少子高齢化が進む限り、このような動きは続いていくでしょう。

 

宿泊業界への就職・転職は「おもてなしHR」をご活用ください!

BillionPhotos.com – stock.adobe.com

 

人材サービス業の構造をお伝えしましたが、基本を押さえると自分に向いているサービスを選べるので、就職・転職活動がよりスムーズに進みます。

 

ホテル・旅館のお仕事を探している方は、就職・転職支援サービス「おもてなしHR」をご活用ください。

 

「おもてなしHR」の事業内容は人材紹介です。宿泊業界に特化した専任のアドバイザーがおりますので、就職・転職へのご不安やお悩みはなんなりとお申し付けください!

 

あなたのスキルや経験を活かせる企業を、一緒に探していきましょう。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る