ジョブ・リターン制度とは?目的とメリット・デメリットを紹介!

育児や介護などを理由に一度退職した従業員をもう一度雇用する、ジョブ・リターン制度。多様化する働き方への対応や人材不足の解消などから、制度を取り入れる企業が増えているようです。そこで、ジョブ・リターン制度の目的や導入のメリット・デメリットについてご紹介します。

ジョブ・リターン制度とは?

ジョブ・リターン制度とは、育児や介護、配偶者の転勤などによるやむを得ない退職や、キャリアアップを目指して自己退職した従業員を、本人の希望により再雇用する制度です。

 

企業によってその名称は異なり、「再雇用制度」「キャリアリターン制度」「カムバック制度」などと呼ばれることもあります。

 

ジョブ・リターン制度が注目された背景

ジョブリターン

iStock.com/fizkes

 

なぜ、ジョブ・リターン制度が注目されるようになったのでしょうか。

 

その背景には、企業の人材不足があります。これまでは、一つの企業で定年まで働くのが一般的でしたが、働き方や職業選択の幅が広がった現代では、退職や転職が自由に選べます。

 

そこで注目されたのが、退職者の再雇用です。

 

元々自社に勤めていた従業員であれば、企業側は既に能力が把握できており、企業理念や社風を理解しています。そのため、入社後のミスマッチを防ぐことができるのです。

 

また、自治体によっては、ジョブ・リターン制度を導入することで助成金を受けられる場合もあります。

 

ジョブ・リターン制度のメリット

ジョブ・リターン制度のメリットには次の点が挙げられます。

 

  • ・低コストで制度の運用が可能
  • ・採用や教育がスムーズに行える
  • ・ミスマッチを避け、即戦力が期待できる
  • ・社外での知識、経験、スキルを活かせる

 

再雇用者は既に企業理念などを理解しているので、雇用後のミスマッチが起こりにくいと考えられます。また、一から教育をする必要がないので、採用や教育のコストが抑えられます。

 

さらに、一度退職した従業員は別の環境で活動したことで、新たな知識やスキルを身につけている可能性があります。

 

社外での経験を活かし、即戦力として活躍してくれる可能性が期待できるのでしょう。

 

ジョブ・リターン制度のデメリット

相談

iStock.com/VioletaStoimenova

 

一方、ジョブ・リターン制度のデメリットとも考えられるものもあります。

 

  • ・離職のハードルを下げる恐れがある
  • ・制度利用時の応募条件を明確にする
  • ・既存社員との待遇のバランスを考慮

 

会社で再雇用が制度化されている場合、離職に対するハードルを下げることも考えられます。内容によっては「辞めても戻ればいい」と、気軽に離職をする従業員を生むかもしれません。

 

また、社会人であれば一度くらい「辞めたい」と思うことはあるはずです。現状から抜け出して違うフィールドで活躍してみたい、今の仕事を辞めたいと思うことがあるでしょう。

 

そう思いながらも会社を辞めずに頑張ってきた従業員からすれば、理由はどうあれ出戻り社員が厚遇されれば不公平さを感じるはず。制度自体は立派でも、既存社員への配慮に欠けた内容では意味がないのです。

 

ジョブ・リターン制度の理解を深め導入を検討しよう!

ワーク・ライフ・バランスの推進と人材不足の解消を併せ持つ、ジョブ・リターン制度

 

ジョブ・リターン制度は、うまく活用すれば企業側、復職側の双方にメリットがある制度です。ただし、ジョブ・リターン制度を取り入れるなら、考慮しなければならないこともあります。

 

ジョブ・リターン制度のメリットとデメリットを把握したうえで、就業規則や制度の内容をしっかりと整理し、企業成長のために導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る