採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

新卒採用でミスマッチが起きる原因と企業からミスマッチをなくすための対策を紹介!

時間をかけて新入社員を採用したはいいものの、入社後のミスマッチが原因で早期退職されてしまうケースをよく耳にするようになりました。新卒採用のミスマッチとは、就活時に抱く入社志望企業での仕事内容や労働環境などへのイメージと、実際に働いて得られる内容にギャップが生じることで起こる”ズレ”を意味します。新卒採用のミスマッチは、企業の大きな打撃を与える可能性が孕んでいます。なぜミスマッチが起きてしまうのか、その原因を探り、早急に今後の対策を練りましょう。

ミスマッチが多い企業にはどんな結末がある?

taa22 – stock.adobe.com

 

新卒採用でミスマッチが多いと、新入社員の離職が早ければ早いほど、新卒社員の採用や教育にかけたコストが水の泡となってしまいます。

 

また、社員が退職してしまうと、それを補うために新たな人材を確保するために、採用活動が必要になります。そうなると、また新たに採用コストがかかってしまいますよね。それだけでなく、採用担当者が新卒採用のためにかけた労力も無駄となってしまうのです。

 

新卒採用のミスマッチが続くことによって、企業へのイメージが左右され、来年度以降の採用活動に影響を及ぼす可能性もあります。

 

「なぜミスマッチが起きているのか」を解いていくことが、きっと今後の採用活動の未来を占うことになるでしょう。

 

新卒採用にミスマッチが起きるのはなぜ?

metamorworks – stock.adobe.com

 

ホテル・旅館業界は、特に新卒のミスマッチを起こしやすいそうです。早速、新卒採用にミスマッチが起きてしまう理由について考えていきましょう。入社後のミスマッチを防ぐ手だてが発見できるかもしれません。

 

企業の良い面ばかりアピールしている

 

新卒採用での採用活動では、どうしても企業の良い面ばかりをアピールしてしまいますが、それは逆効果となるリスクもあります。

 

実は、企業の悪い面も気になっている就活生も多いのです。というのも、良い面ばかりを伝えられたとしても「どのような企業であるか」が見えないので、就活生の不安を煽ってしまいます。

 

ですので、就活生には企業の良い面だけでなく、同時に悪い面も提示することで、初めて企業をアピールできたと言えるのかもしれませんね。とにかく、ギャップを感じさせないような工夫が必要でしょう。

 

面接の印象ばかりを合否の判断材料にしている

 

面接は合否の判断をするときに、とても重要な基準となるのはたしかです。就活生の人柄やコミュニケーション能力をチェックすることには適していますよね。

 

しかし、面接の印象に偏りすぎてしまうと、ミスマッチを引き起こしてしまう原因となってしまうこともあります。

 

いくら人柄やコミュニケーション能力が良くても、「働く」となれば企業に利益を生み出せるかというポイントは重要となるでしょう。企業が求める思考力やスキルなどを持っている人材かを見極めるためには、試験や検査など結果も考慮し総合的に判断することが必要なのです。

 

面接官のスキルが不足している

 

単純に、面接官のスキルが足らず、自社に合った人材を見極められていない可能性もあります。面接での質問項目などを整理したり、自社が求める人材を明確にすることが大切でしょう。

 

入社後のフォローが不足している

 

就活生の内定後、連絡のやりとりが不足してしまったり、入社後のサポートなどが不足することで、新入社員のモチベーションが保たれずミスマッチを招いてしまうこともあるのです。

 

内定後・入社後に抱える悩みなども早期退職につながってしまうケースもあります。そういったミスマッチを防ぐためにも、内定者・新入社員とのコミュニケーションは積極的に取ることをおすすめします。

 

入社して長く活躍してもらうには、継続的なフォローを行うなどの対策をすることが重要でしょう。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

 

新卒採用でミスマッチを起こさないためには?

sitthiphong – stock.adobe.com

 

新卒採用でミスマッチを起こさないためには、どのような対策が必要なのでしょうか。それぞれの企業に合った方法を採用し、ぜひ今後の採用活動に活かしてみてくださいね。

 

企業の短所・長所を伝える

 

企業についてアピールするときは、企業の良い面だけでなく悪い面も含めて紹介することが大切です。

 

とりわけ、仕事内容を説明する際は、実例を交えながら説明すると良いでしょう。就活生には、企業としてのあり方や仕事の進め方など、ありのままを伝えてください。

 

そうすることで、就活生はまるで自分が働いているかのように疑似体験をすることができるので、その企業で働くイメージや、自分にマッチしているかどうかも判断しやすくなるのです。

 

採用プロセスを見直す

 

ミスマッチを減らすために、いままでの採用活動を見直し、追加や削減をすべき項目などを検討してみても良いでしょう。

 

たとえば、人材に求める能力やスキルを変更したいのであれば評価基準を改善し、採用活動により現場の視点を入れて適正を見極めたいのであれば、担当面接官の変更をしても良いかもしれません。

 

インターンなどへの参加を呼びかける

 

新卒と企業側のミスマッチを防ぐには、入社前に実際の業務や社内の人間関係・雰囲気を感じてもらうことが最も有効です。そのため、インターンなどの企業について知ってもらえるようなイベントへの参加を促す工夫をしたほうが良いでしょう。

 

企業にとっても、どんな業務と相性が良いのか、社内の雰囲気に合うのかなどを判断することもできるのです。

 

入社が確定した後も候補者をフォローする

 

入社が確定した候補者には、積極的にコンタクトを取っていきましょう。

 

密にコミュニケーションを取ることで、候補者が少しの不安や悩みでも相談しやすくなるのです。さらに、入社後もフォローしていくことで、なにか相談事があった際には気軽に相談してくれるようになるので、急な退職にもつながりにくくなります。

 

社内に相談しやすい環境をつくることは、働きやすい環境をつくることにも直結することを忘れないようにしてくださいね。

 

ホテル・旅館で新卒採用にお困りの場合は「おもてなしHR」のご活用を!

naka – stock.adobe.com

 

採用活動には、失敗がつきものです。特に、新卒採用ではミスマッチが生じやすく、なかなか予防することが難しいとお悩みになる採用担当の方も多いでしょう。

 

しかし、ミスマッチを減らさなければ人材の定着率が低下してしまい、慢性的な人手不足に陥ってしまいます。

 

そうならないよう、ホテル・旅館業界の採用活動にはぜひ「おもてなしHR」をご活用ください。宿泊業界に特化したアドバイザーが、候補者と企業のミスマッチが起きないよう、丁寧にサポートしています。

 

まずは、いま採用活動に抱えるお悩みをお聞かせくださいね。

ページ上部へ戻る

関連記事