採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

会社評判・企業口コミサイトに悪い評判が投稿される影響と悪い評判の投稿を防ぐ方法とは?

求職者が企業へのエントリーを考える際、もっとも参考にするのは会社評判・企業口コミサイトに投稿された内容だと言われています。もし投稿の内容が悪い評判ばかりだったら、採用活動や企業活動に大打撃を与えることになりかねません。悪い評判が投稿された場合の対処方法や、悪い評判の投稿を防ぐためにできる工夫について解説します。

求職者は会社評判・企業口コミサイトを気にしている

口コミ

takasu- stock.adobe.com

 

求職者は、エントリー先を選ぶ際に会社評判・企業口コミサイトに投稿された内容をとても重視しています。

 

ある企業の調査によると、転職者の7割が求職者は会社評判・企業口コミサイトを利用しているという結果が出ています。また、別の企業が行った企業研究でも、もっとも参考にする情報は何か?というアンケートで口コミが1位になっています。

 

口コミサイトに寄せられた投稿は、採用活動に大きな影響を与えるのですね。もし悪い評価の口コミばかりが集まってしまったら、誰も応募してこなくなるでしょう。たかが噂話レベルのこと、と甘く見ることはできません。企業は口コミ対策を考える必要があるのです。

会社評判・企業口コミサイトには悪い評価が寄せられやすい

口コミサイトには、待遇や業務内容、労働時間に対する満足度や、人間関係が良好かなどの項目ごとに入力フォームが用意されています。

 

良い口コミが寄せられることも少なからずありますが、人間の心理としてわざわざ投稿したくなるのは、悪い口コミの方です。

 

口コミサイトだけでなく匿名掲示板や匿名ブログ、質問サイトなどに悪い評判を書かれることもあります。悪い評判が広がればネガティブなキーワードと企業名で検索されることが増えます。すると、企業名の検索候補に「ブラック企業」「低賃金」といったキーワードが表示されるいわゆる「サジェスト汚染」が起こることも考えられるでしょう。

 

昔から「悪事千里を走る」と言いますが、悪い評判は良い評判よりもずっと早く広がるものなのです。

評判が悪い口コミが多いと採用活動・企業活動にどう影響する?

評判が悪い口コミは、企業の存続を脅かします。応募を考えている企業の口コミを調べて「毎日終電まで残業が当たり前です」「昇進したけど名ばかり管理職でした」「管理者のパワハラが酷い。毎日理不尽に怒鳴られます」などと書かれていては、応募する気が失せますよね。

 

新しい人材が入ってこないと、人手不足で風通しが悪く新陳代謝しない職場になってしまいます。また、求職者向けの口コミサイトに書かれたことでも、悪い評判は広がりやすいので一般消費者の耳にもすぐに届くことでしょう。

 

働き方改革が推進される中、労働者・消費者はブラック企業にとても厳しい目を向けています。「あの企業はブラックだ」という認識が持たれれば、人材も顧客も離れていくのです。

会社評判・企業口コミサイトに悪い評価が投稿されたらどうするか?

事実無根の誹謗中傷やプライバシーの侵害・差別などの投稿は、必要な証拠を提出するなど、サイトごとの所定の手続きを踏んで依頼すれば削除可能です。また、会社評判・企業口コミサイトは掲載前に内容の精査を行うため、明らかに問題のある投稿は、そもそも掲載されないはずです。

 

しかし、ほとんどの会社評判・企業口コミサイトでは、求職者にとって有益な情報を提供するために、企業側の都合が悪いというだけの理由では削除に応じてくれないのです。

 

そして、企業の評判を上げるために関係者が良いことだけを書いて投稿するいわゆる「ステマ」も、やろうと思えばできますが、目の肥えたネットユーザーに見抜かれて余計に評判を落とす可能性が高いでしょう。

 

企業が会社評判・企業口コミサイトの投稿をコントロールすることはできないのです。となれば、悪い評判を書かれることを防ぐことが最善策ではないでしょうか。次の項目で、どのような工夫ができるか見ていきましょう。

会社評判・企業口コミサイトで悪い評価にされるのを防ぐには

満足

onephoto- stock.adobe.com

 

会社評判・企業口コミサイトで悪い評価にされないためには、日頃から従業員の不満を吸い上げることが重要です。定期的なアンケートなどを行ってできる限り労働環境を良くする努力をしましょう。

 

できること・できないことはもちろんありますが、歩み寄りの姿勢を見せるだけでも違ってくるはずです。

 

また、退職者への対応をきちんとすることも悪い評判の防止になります。退職手続きを滞りなく行うことはもちろん、退職前の不安や疑問にきちんと応えましょう。

 

終わりよければ全て良しというように「気持ちよく送り出して貰えた」という印象が残れば、不満があって辞めたのだとしても口コミ投稿は手加減してくれる可能性があります。

 

そして、既用試験の応募者への対応にも注意を払ってください。採用試験の内容や、採用担当者の対応・面接官の印象などを閲覧・投稿できるサイトもあるのです。

 

圧迫面接やサイレントお祈りなど、応募者に失礼な対応をすればたちまち悪い評価が投稿されることでしょう。圧迫面接・サイレントお祈りのデメリットについては、以下の記事で詳細をご確認ください。

 

面接官のやる気がない意地悪な態度がもたらす採用活動へのデメリット

 

面接官の反応が悪いだけで採用活動ではデメリットになる!

 

面接官の感じ悪いが原因の内定辞退を企業が防ぐためには?

 

不採用の連絡をしない「サイレントお祈り」は就活生・求職者と企業の両方にデメリットしかない

企業努力と転職エージェントの活用で印象アップを目指そう

会社評判・企業口コミサイトの投稿は、あくまでも投稿者の主観的な意見であり、内容を鵜呑みにする求職者ばかりではありません。

 

しかし、多くの人がある程度は気にしていると考えた方が良いでしょう。現状、悪い評判の口コミが多い企業は、労働環境や応募者への対応を見直してみてください。

 

また、求職者へ企業の良い面をアピールするにあたっては、転職エージェントの活用も有効です。転職エージェントは、応募意欲が高まるように、その企業で働く魅力やメリットを応募者に伝えてくれます。

 

おもてなしHRでは、ホテル・旅館を専門として企業と求職者の橋渡しをしています。人手不足や長時間労働になりやすい宿泊業界では、会社評判・企業口コミサイトに芳しくない投稿が集まりやすいのではないでしょうか。

 

応募を考えている求職者も不安になりがちですが、その不安を払拭するべく経歴や希望をしっかりとヒアリングし、マッチした人材を紹介します。日本全国規模で展開しているサービスですので、ぜひ導入をご検討ください。

ページ上部へ戻る

関連記事