採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

新卒採用を失敗してしまう原因と新卒採用の失敗例とは?

新卒採用において、多くの企業が「失敗してしまった…」と感じたことがあるそうです。新卒採用を担当している方にとっては、毎度頭を抱えてしまう内容かもしれませんね。新卒採用に失敗してしまう原因を踏まえ、来年度の新卒採用の対策を整えていきましょう。

新卒採用の「失敗」ってどういうこと?

naka – stock.adobe.com

 

新卒採用では、どのような状況を「失敗」と呼ぶのでしょうか?新卒採用の失敗例も踏まえ、ご説明します。

 

応募者が思うように集まらない

 

応募者数が一定数集まらないことが、新卒採用では一番多い失敗例です。人手不足などに悩む企業にとっては大きな痛手となっていることでしょう。

 

応募者集団の形成がうまくいかないと、応募者の分母を増やすことは困難です。現に、企業側が自分たちの言いたいことを一方的に伝えてしまった結果、優秀な人材を逃してしまった事例もあります。

 

企業の伝える情報と、学生の知りたい情報の間でズレがあると、どうしても応募者が集まりにくくなってしまうのです。

 

内定を承諾されなかった

 

多くの学生は、複数企業の選考を受けて就職先を選びます。

 

内定を辞退されるということは、他社のほうが魅力的に映っているということです。ある程度、内定辞退者が出てしまうことは仕方ありません。

 

ですが、なかには内定者全員に辞退されてしまった企業もあるようです。全員に内定辞退されてしまっては「失敗」と言わざるを得ませんね。

 

面接と入社後の印象にギャップがあった

 

ホテル・旅館はサービス業であるため、面接は常識があることを前提に「コミュニケーション能力」や「人と積極的に関わることができるのか」という点を重視する採用担当の方も多いですよね。

 

面接で学生の積極的な自己アピールを受けて採用したものの「根暗なタイプだった」「遅刻・早退・欠席が続いた」など、学生の自己アピールと実際の能力が乖離していたことも。

 

いくら面接できちんとした印象を抱いても、実際には面接官が学生の人間性を見抜けなかったという失敗も多いようです。

 

早期退職されてしまう

 

学生が入社した後、早期退職してしまうことに悩む企業も少なくありません。

 

会社について具体的な説明が不足した結果、入社後に会社に対してギャップを感じてしまい、モチベーションを低下させてしまうのです。

 

新卒採用の開始時期が遅れる

 

新卒採用においては、採用開始時期が遅れてしまうと失敗につながりやすくなります。

 

特に、中小企業の採用担当者は総務として、他の業務と兼任して採用活動を行っている方も珍しくないでしょう。

 

どうしても繁忙期になってしまうと、優先度の高い業務が採用活動と重なってしまうので、他社と比べて採用活動が遅れてしまいますよね。

 

新卒の採用活動に力を入れたいと考えていても、現実的に取り組むことができない理由があるようです。

 

企業が新卒採用に失敗してしまう原因

ohayou! – stock.adobe.com

 

新卒採用に失敗してしまう企業は、学生への対応が不十分である場合があります。

 

「合否の連絡が遅い」「学生への対応が冷たい」など、学生がちょっとでも企業に対して悪い印象を受け取ってしまうと、選考中であっても辞退してしまうことも。

 

さらに、新卒採用に失敗する企業は、総じて応募者の集客が不十分であることが多いのです。最近の採用活動では新卒・中途に関わらず、企業側から積極的に人材へアプローチすることが必須となっています。

 

自社の求める学生を採用していくためには、できるだけ多くの学生にアプローチする工夫をしなければなりません。学生を集客していくために、施策を準備することが重要かもしれませんね。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

 

新卒採用に失敗しないためには?

Jacob Lund – stock.adobe.com

 

新卒採用の失敗を減らしていくためには、どのような点に気を配れば良いのでしょうか。そのポイントをご紹介します。

 

求める人物像を具体的にする

 

それぞれの企業によって「優秀な人材」の定義や条件は異なります。そのため、採用したい人物像が明確にされていないと、自社とマッチしない人材を採用してしまう可能性があるのです。

 

採用活動を始めるにあたって、まずは求める人物像を具体化することが重要でしょう。

 

学生との接触を増やす

 

近年ではインターンなどの利用によって、本格的に採用活動を始める前に学生と接点を設ける企業も増えていますよね。

 

求人サイト以外で、いかに学生との接触を増やせるのかが、新卒採用における成功のカギを握るのです。

 

特に、マンパワーが不足している企業は実践することが必要でしょう。早い段階から自社に合った人材にアプローチすることで、自社が採用したい人物像と大きく外れた学生にかける手間を減少させることができます。

 

学生との接触を増やすことが、効率的な採用活動につながっていくのです。

 

学生とコミュニケーションを取る

 

学生とコミュニケーションを密に取っていくことも大切です。

 

就活生はたくさんの企業にエントリーしているので、応募した企業からの連絡が空いてしまうと、どんどん学生の頭の中から忘れられてしまい印象が薄くなってしまいます。

 

エントリーしてくれた学生への連絡を疎かにせず、アプローチしていきましょう。

 

スキルだけで採用を決めない

 

採用活動では「育てる」という視点を持って、学生を見極めていくことを忘れないでください。

 

スキルが高いことに越したことはないのですが、新卒採用ではスキルを重視するよりも、企業の理念やビジョンに共感する人材を確保したほうが良いでしょう。

 

スキルは入社後に嫌でも身についていくものです。ビジョンなどに共感していないと、意欲の低い人材が集まってしまうので、生産性の低下に直結してしまいます。

 

会社のありのままを伝える

 

企業説明会や面接などで会社を良く見せようとすることは、学生が入社後にギャップを感じてしまう原因の一つとなってしまいます。

 

結果的にモチベーションを下げてしまい、早期退職などにも影響してしまうのです。会社のありのままを伝えることは、魅力を伝えるということでもあります。

 

うまく自社の魅力を言語化できれば、内定辞退も防ぐことができますので、優秀な人材を確実に採用することにもつながっていくでしょう。

 

ホテル・旅館が効率的に採用活動を行うためには「おもてなしHR」!

davit85 – stock.adobe.com

 

新卒採用に失敗してしまうホテル・旅館には、自社サービス「おもてなしHR」のご活用をおすすめします。

 

宿泊業界に特化した専任のアドバイザーがおりますので、新卒採用におけるノウハウを活かして、それぞれのホテル・旅館のみなさまが理想とする人材をご紹介します。

 

おもてなしHRをうまく使っていただくと、効率的な採用活動で優秀な人材を確保することができます。採用活動に関するお悩みをお聞きしたうえで、新卒採用の「失敗」を防ぐこともできるでしょう。

 

まずは一度お気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ戻る

関連記事