採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

リファラル採用の失敗例とは?リファラル採用で優秀な人材を獲得するためのポイントを紹介!

最近注目され始めているリファラル採用ですが、うまく活用できないとお悩みの採用担当の方もいらっしゃいますよね。リファラル採用で失敗してしまう事例では、ある共通点があるのはご存知でしょうか。リファラル採用で成功するためのポイントを確認し、今後の採用活動に活かしていきましょう。

リファラル採用が注目されている背景とは?

Jacob Lund – stock.adobe.com

 

リファラル採用とは、現役の社員が自社の社風に合った人材を企業に紹介する採用方法のことを言います。

 

紹介された求職者にも、通常の選考と変わらず面接や試験があります。リファラル採用で社員に推薦されたからと言って選考が省かれるわけではなく、結果次第では不採用になってしまうことも珍しくありません。

 

しかし、企業の求めるスキルや経験を持つ人材が紹介されやすいので、人材の獲得につながりやすいことも事実です。

 

人材を推薦した社員にはインセンティブが与えられることが多いのですが、報酬金額は数十万円~百万円程度が相場となっているようです。

 

近年、リファラル採用は急激な広がり見せており、その背景には人材確保が難しくなったことや、早期離職の増加が要因にあります。

 

さまざまな求人媒体にコストを割いたとしても採用に至らないといったケースや、現代の働き方のバリエーションが増えた結果、せっかく採用したとしても早期離職してしまう社員も増えているのです。

 

そのような企業の悩みを一気に解決してくれる採用方法として、リファラル採用が名を挙げているのかもしれませんね。

 

リファラル採用での失敗例

beeboys – stock.adobe.com

 

リファラル採用のメリットだけに目を向けてしまうと、採用活動に失敗してしまう事例も数多く挙がっています。同じような轍を踏まないよう、リファラル採用での失敗例を確認しておきましょう。

 

似たような人材が集まる

 

リファラル採用は、社員から候補者を紹介されることで成り立っています。

 

信頼できる人材を獲得しやすいメリットもありますが、紹介者と関係の深い人材を採用し続けると、似たような人材だけが集まってしまうリスクもあるのです。

 

会社にはある程度、多面的な人材が集まったほうが仕事がうまく回るケースが多いですよね。ところが、似たような人材で部署内が構成されてしまうと、仕事がマンネリ化しやすくなってしまいます。

 

また、社内に派閥ができてしまう恐れもあり、職場の人間関係に嫌な影響を与えてしまう可能性もあるので注意が必要でしょう。

 

紹介者と応募者の関係が悪化してしまった

 

現役の社員に推薦されたとはいえ、紹介された人全員が採用されるわけではありません。

 

紹介された人材が不採用になってしまった場合、推薦した社員と応募者の関係に悪影響を及ぼしてしまうケースもあるようです。

 

特別待遇をしてしまう

 

場合によっては、通常の選考よりリファラル採用の選考基準が甘くなってしまう企業もあります。

 

そのことが、通常選考から入社した社員にとっては面白くないと感じる方もおり、既存社員との溝が埋まらなくなってしまったことも。

 

選考基準が優しくなってしまうと、社員のモチベーションを低下させる原因ともなりかねませんので、リファラル採用にも公正な判断が求められるのです。

 

社員から人材を紹介されない

 

リファラル採用を制度化したのは良いものの、社員から全く人材を紹介されないといったケースも少なくありません。

 

制度を整えたとしても、候補者が見つからない限りリファラル採用を行うメリットもなくなるので気を付けましょう。

 

インセンティブ目当ての紹介が増える

 

候補者の面接が行われたタイミング、または入社した際に、大半の企業がリファラル採用に協力してくれた社員に対してインセンティブを設定しています。

 

しかし、なかにはインセンティブを受け取ることを第一目的にしてしまう社員が増加してしまった例もありそうです。候補者のスキルなどを考えずに推薦してしまう件数が増えた結果、採用に至らず時間とコストだけがかかってしまうのは意味がありませんよね。

 
宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR
 

リファラル採用が失敗してしまう原因

takasu – stock.adobe.com

 

リファラル採用が失敗してしまう原因には、いくつかポイントがあります。

 

まずリファラル採用の目的が曖昧になっていませんか?応募する人を増やすことが目的なのか、それとも採用者数を増やすことが目的なのか、そういった点を明確にしなければ、ただ混乱を招くだけになってしまいます。

 

皆さんが思うより、リファラル採用には多くの準備が必要です。簡単に始められるとジャッジしてしまうと、失敗を招く大きな要因となるかもしれません。

 

リファラル採用を導入する前に、制度を活用するためのルール作りや社員教育などを行っておく必要があるでしょう。

 

また、失敗してしまうのは、社員への周知が十分になされていないということも考えられます。リファラル採用は社員の協力があってこそ、意味をなすものだということを忘れないでください。

 

さらに重要なのは、リファラル採用自体が短期間で成果を出す施策に向いていないということです。もともと長期的な目標を持って臨むべき採用方法なので、短期間で結果を求めすぎると、早々に失敗だと判断されることが多いのです。

 

そのため、採用活動をリファラル採用一本に絞るのではなく、自社の状況に合わせた他の採用方法と併用することが重要でしょう。

 

リファラル採用を成功させるポイント

Panya Studio – stock.adobe.com

 

リファラル採用が失敗してしまう原因をチェックしましたが、次は失敗の原因を踏まえ、成功させるポイントを確認しましょう。

 

採用基準を明確にする

 

リファラル採用を導入する前に、必ず採用基準を明確にしておきましょう。

 

「どのような人材を必要なのか」などをハッキリさせた後は、社員にその人物像をきちんと伝えることが大切です。

 

採用ターゲットの人物像を社員に伝えることができれば、社員もイメージしやすいので、よりターゲットに近い人材の獲得率が高まります。

 

リファラル採用を行う理由を社員に共有する

 

ただ単に「人材を紹介・推薦してほしい」とお願いしただけでは、社員にとっては他人事のままで成果につながることはありません。

 

社員から人材を全く紹介されないと悩む方は、なぜリファラル採用を行うのかというポイントを社員に共有してみてください。

 

社員に協力してもらえるような工夫をする

 

社員に当事者意識を持ってもらうだけでは、まだリファラル採用が機能するとは限りません。

 

社員が自ら採用活動に協力したいと思えるような仕組みを作ることが、リファラル採用の成功を左右しているのです。

 

もちろん、インセンティブを付ければ、人材を紹介するモチベーションを向上させることができます。

 

加えて、自社の魅力を伝え続けることも重視すると、社内のみならず、社外の人からも注目が集まり、採用活動に良い影響が望めるかもしれませんね。

 

ホテル・旅館のリファラル採用には「おもてなしHR」の併用がおすすめ!

Africa Studio – stock.adobe.com

 

ホテル・旅館でも、リファラル採用を採用する企業が増加しています。

 

一方で、うまく使いこなせないと悩む採用担当の方も多くいらっしゃるようです。先述した通り、リファラル採用を実施するには他の採用方法も併用したほうが、より良い成果が生まれやすいのです。

 

宿泊業界の方で採用活動にお困りでしたら、自社サービス「おもてなしHR」の併用をしてみてはいかがでしょう。

 

ホテル・旅館業界に特化したアドバイザーが、採用活動を丁寧にサポートしております。採用ニーズに合わせた人材を、ご満足いただけるまでご紹介できます。

 

まずは一度お話をお聞かせください。ご相談をお待ちしております。

ページ上部へ戻る

関連記事