採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職サイトの選び方で応募者の集まり方や採用活動の進み方は変わる?

中途採用で成功させるために、企業が転職サイトを活用することは採用活動の主流となりつつあります。しかし、転職サイトの選び方を間違ってしまうと、応募者数が集まらず、最終的に採用活動が失敗に終わってしまうこともあるのです。中途採用における転職サイトの選び方のポイントなどをご紹介します。

即戦力を採用したければ転職サイトを活用したほうがいい?

Blue Planet Studio – stock.adobe.com

 

即戦力を求めて中途採用を実施する企業も多いようですが、自社に合った転職サイトを使えば、優秀な人材を効率的に採用することができます。

 

多くの転職サイトには「スカウトメール機能」がついており、サイトに登録している求職者のなかから自社ターゲットにマッチした人材に直接アプローチすることが可能となります。

 

また、転職サイトを活用することで、潜在転職者層にも訴求できるようになります。

 

いまのところ転職を検討していなくとも、興味本位で転職サイトを見ている人が多いようです。業種や福利厚生など、さまざまな条件で転職先を検索するので、自社に合った人材にリーチさせることができるのです。

 

採用難である現代で、中途採用において効率的に自社の採用ターゲットへアピールするには、転職サイトをうまく活用することが必要でしょう。

 

大手の転職サイトだからといって効果が出るわけではない

sakura – stock.adobe.com

 

「転職サイト」と一口に言っても、多種多様なサイトが用意されています。ですので、自社に合ったサイトを選ばなければ採用ターゲットからの応募が集まらず、結果的に採用に至らないといったケースもあるのです。

 

転職サイトを有効活用するには、サイトごとに求職者の志向性や特性が異なる、ということを理解することが不可欠でしょう。

 

ですので、自社の採用ターゲットに最も適した転職サイトはどれかをしっかり捉えなければなりません。

 

転職サイトの選び方で採用活動が左右されると言っても良いかもしれませんね。

 

採用活動における効果的な転職サイトの選び方とは?

naka- stock.adobe.com

 

転職サイトの選び方が採用活動に大きな影響を与えると申し上げましたが、実際、転職サイトの選び方はどのような方法があるのでしょうか。早速みていきましょう。

 

転職サイトの特性を把握する

 

転職サイトによって求職者の志向性が異なりますが、どのような志向性があるのかを知ることがとても重要です。

 

すべての業種や職種に対応している「総合型転職サイト」もあれば、業界・職種や地方採用に特化している「特化型転職サイト」もあります。

 

それぞれのサイトの特性や自社の採用ターゲットの登録者数などを調査したうえで、自社に合った転職サイトを選ぶことが大切です。

 

そのためには、まず転職サイトを選ぶ前に自社が求める人物像を明確にし、ターゲットを具体化しておく必要があるでしょう。

 

サイトの付属機能を確認しておく

 

転職サイト内に付属している機能を確認しておくことも、忘れないでください。

 

「スカウトメール機能はあるのか」「不採用通知の連絡方法はどうなっているのか」など、より詳細にチェックすることが求められます。

 

特に、予想以上に応募者数が集まらないという事態に陥ったときを考えて、「求人の原稿修正は可能なのか」「文面のカスタマイズはできるのか」などのポイントにも注意を払う必要があるでしょう。

 

サイトによっては原稿の修正に追加料金を取られる場合もあるので、追加料金なしでどこまでの機能を利用できるのかを確認しておくと良いかもしれません。

 

転職サイトに付属する機能を事前に把握することが、効率的な採用活動につながるのです。

 

費用対効果を考える

 

採用にかけられるコストは、それぞれの企業によって異なりますよね。

 

転職サイトごとにどれほどのコストがかかり、どの程度の効果が期待できるのか、前もってリサーチを行っておくと良いでしょう。

 

たとえば、同業他社での実績や効果などを考慮し、自社がサイトを使う場合も想定しておくなどの工夫をしてみてください。

 

ただ「コストが安く済む」などという理由だけで転職サイトを利用すると、採用に失敗してしまうリスクが高くなり、かえって採用コストが水の泡となってしまうことがあります。

 

予算だけで判断しようとせず、事前のリサーチ結果に基づいた費用対効果を意識して転職サイトを選びましょう。

 

ホテル・旅館の転職サイトは「おもてなしHR」!

REDPIXEL – stock.adobe.com

 

最近、宿泊業界では採用活動が以前にも増して激化しており、優秀な人材を採用することが難しくなっています。それだけでなく、少子高齢化の影響によって、人材の採用自体がとても困難になっているのです。

 

ですので、採用活動ではより効率を意識して行っていく必要があるのです。ホテル・旅館の採用担当の方は、ぜひ自社サービス「おもてなしHR」を活用してみてください。

 

「おもてなしHR」には宿泊業界を専門としたアドバイザーがいるので、採用に関するお悩みにも有益な情報を提供できます。

 

さらに「おもてなしHR」に登録している人材は、スキルの高い経験者から熱意のある未経験者、そして若手からベテランまで登録者も多種多様です。

 

採用活動に関するお悩みをヒアリングしたうえで、採用ニーズに合った人材をご紹介しております。まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

ページ上部へ戻る

関連記事