採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

SNSで採用活動を行うにはSNSの特性を正しく理解することが重要!

SNSには今や、私達の生活に密接な関わりを持っています。テレビや新聞のようなマスメディアの発信力に頼らずとも、SNSの力を使った個人による発信で大きなトレンドが生み出されることもあります。 そういった背景から、SNSを活用する企業は増加傾向にあり、民間に限らず地方自治体までもが導入し始めています。 SNSは、一方通行の発信だけではなく、双方がコミュケーションをとることが可能です。そういった特性を活かして、採用活動に利用されるケースも増えてきているようです。

SNSを活用した採用活動とは

iStock/metamorworks3

 

ソーシャルメディアとは、双方向にコミュニケーションができるメディアのことを指します。なかでも、SNS(ソーシャルネットワークサービス)は、人と人とのコミュニケーションや関係性が強いソーシャルメディアです。

 

アメリカでは9割以上の企業が、SNSを利用しているとも言われているほどで、日本の企業でも利用率が徐々に上がっています。

 

近年のSNSによる広報影響力は凄まじく、あらゆる企業が広報活動としてSNSを活用しています。

 

アメリカでは9割以上の企業が、SNSを利用しているとも言われているほどで、日本の企業でも利用率が徐々に上がっています。

 

情報の発信だけでなく、双方のコミュニケーションツールとして使用することも可能であることから、その特性活かしたSNSを活用した採用活動(ソーシャルリクルーティング)を行う企業が増えてきていると言われています。

 

これまれの、企業が一方的に情報発信をする採用手法とは異なり、企業側も求職者の情報を収集でき、質疑応答による双方向のコミュニケーションも取ることができます。

 

SNSを活用した採用活動の基本

iStock/martin-dm1

 

SNSを活用した採用活動で重要なのは、自社に関する情報の発信です。注意すべきなのは、単なる広報活動とは異なるという点です。

 

ターゲットとなる必要な人材の興味を引くような企業理解が深まる情報を提供する必要があります。

 

新商品のPRのような、幅広いターゲットへの情報発信ではなく、求職者にとって有益なコンテンツを発信する必要があります。

 

口コミや拡散機能といった、SNSならではの方法で情報が広がることも意識しなければなりません。

魅力的なコンテンツであれば、利用者の手で情報が拡散され、共有されます。それは大きな魅力でありながら、脅威ともなり得るものです。

 

手軽に導入できるものであるからこそ、基本を理解し運用のためのマーケティングはしっかりと行うべきです。

 

SNSの採用活動に載せたい情報

iStock/Sushiman1

 

SNSを採用活動に活用する場合には、どういった内容を発信するのが良いのでしょうか。

SNSを採用活動に利用する目的は、求職者に企業理解を深めてもらうことです。

この企業で働いたらどのようなことができるのか、企業の中を覗けるような、企業を身近に感じられるような、実際に働く従業員だからころ発信できる情報を発信することで、求職者の興味と関心を引くことができるでしょう。

 

社員紹介

 

実際に勤務している社員の紹介をすることで、どんな人と共に働くことになるのかをイメージしやすくなります。

 

様々な部署や役職からランダムに載せたり、社員同士でリレー形式にするなどの工夫をすることで、社内全体で採用活動を行う雰囲気を作りだすこともできます。

 

具体的な業務内容やスケジュールなど、より個人的な内容を発信することで求人紙や求人サイトでは載せきれない情報を提供することで、関心を持ってもらうことができるでしょう。

 

創業者や経営者のインタビュー記事

 

実際に会う機会が少ない存在であるからこそ、SNSよる発信が有効です。

 

SNSの情報は大勢を対象に発信されたものではありますが、個々人で閲覧するものであるため、より身近に感じ取りやすいものです。

 

特別感のある人物であるからこそ、求職者にとって身近なツールを使うことで存在を身近に感じさせることができます。

 

商品開発秘話、担当者秘話

 

企業の中にいなければ分からない、よりコアな情報も発信すると良いでしょう。

 

内部の人間だからわかる情報を発信することで、求職者は企業の一員になったような感覚を得ることができます。

 

求職者の中には、企業が持つ商品に魅力を感じで応募の意思を持つことがあります。商品開発の裏側が知らせることで、より熱意の高い求職者からの応募を見込めるかもしれません。

SNSで採用活動するメリット

iStock/franckreporter1

 

SNSの利用者数は、増加傾向にあります。企業は、SNSに広告を掲載して認知度を上げるだけではなく、ライブ動画の配信やコメントへの返答をするなどして、より密接な関係を築いています。採用活動におけるSNS利用メリットはどういった点でしょうか。

 

応募者の人柄を知ることができる

 

応募者はSNSで普段の様子を発信している場合は、面接という短い時間では把握しきれない候補者の人間性や経験についての理解を深めることができます。

 

なかには、そういった特性を活かしてSNSを採用のスカウトに活用する企業もあります。

 

SNSを利用した採用活動は、一方的に情報発信をするだけでなく、双方を知るために活用することができます。

長期的なスパンで関係の構築ができるため、求職活動の入口のような位置づけでいるとより効果的な使い方になるかもしれません。

 

採用コストが抑えられる

 

SNSは無料で使用することが可能です。新しい施策として取り入れやすく、他の広告媒体にはない強みでもあります。

 

採用広告の掲載費用は媒体によって様々ですが、新卒採用であれば数十万円必要になることが一般的です。

 

新卒者はSNSを活用している世代でもあるため、上手く運用すれば採用コストを大幅に下げることが可能かもしれません。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

SNSで採用活動のデメリット

iStock/metamorworks3

 

SNSを利用した採用活動は、増加傾向にありますが一般的ではありません。身近な存在ではありますが、守るべきマナーや、運用方法について正しく理解をする必要があります。導入は容易ですが、活用するためには知識も必要です。

 

ネットリテラシーが求められる

 

SNSの活用は、不特定多数の人に接点を持てることですが、意図せず炎上する可能性もあるので投稿の際にはダブルチェックで対策するのが良いでしょう。

 

ネットリテラシーが求められるのは、企業側だけではありません。SNS利用者中には、少なからず、ネットリテラシーの低い人も存在します。

 

悪意のあるコメントの掲載や、不利益になるような情報の拡散がされてしまうこともあり得る話です。

 

SNSの導入を検討する場合には、そういったリスクを孕んでいることも認識している必要があります。

 

労力がかかる

 

無料で導入でき、操作が比較的容易であることから、導入のハードルは低いものですが、実際に運用を進めていく場合には、想定以上に工数が多かったり、適切なマーケティングが行われなければ、ターゲットにしたい人材に情報が届かないことがあります。

 

更新頻度やスピーディーなレスポンスが求められるため、投稿するだけで良いものではありません。また、投稿すればすぐに採用活動に繋がるものでもないことから、人員不足に合わせて補填するための

 

安価であることはメリットですが、安価であるからこそ企業内での運用しなければならないため、採用担当者の負荷が大きくなる可能性があります。

 

SNSの採用活動を併用して多くのターゲットに情報を発信しよう

iStock/tadamichi1

 

SNSを使用した採用活動には、運用のためのマーケティングが必要です。

 

単なる発信のためのツールとして導入すると、SNSのメリットが活用しきれず、求職者に効果的なアピールができません。

情報が溢れている時代であるからこそ、SNS利用者や求職者の興味をひくコンテンツを発信しなければ、埋もれてしまう可能性もあります。

 

また、SNSによる採用活動は、ターゲット次第では向き不向きもあります。SNSを活用した採用とこれまで通りの採用活動を組み合わせ、ターゲットや採用計画に合わせた使い分けをすることで、より効果的なアプローチが可能でしょう。

 

ホテルの場合は、その土地ならではの情報やホテルの裏側など、その場にいなければ発信できない情報が多くあるはずです。

SNSによる採用活動は、情報発信だけで応募者が集まるというものではありません

SNSの特性を正しく理解し、向こう側にいる求職者のニーズを意識した、求職者に寄り添える採用活動を進めていけると良いでしょう。

 

おもてなしHRは、宿泊業に特化した採用支援サービスです。業界に詳しい専任の担当者が、希望や条件にマッチした求職者を紹介することができるため、より確実な採用活動を実現することが可能です。ホテル業界ならではのSNSの活用についてもアドバイスさせていただきます。是非お気軽にご相談ください。

 

ページ上部へ戻る

関連記事