採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

魅力的なスカウトメールを作成するコツとは?

採用活動において、すでに「スカウトメール」を活用している企業も増加してきています。スカウトメールは、こちらから気になる求職者に直接アピールできる、またとない機会です。しかし、スカウトメールを導入してもなかなか成果が上がらないという声もよく耳にします。魅力的なスカウトメールにするために、作成するコツなどをご紹介します。

優秀な人材を採用するにはスカウトメールが欠かせない?

Андрей Яланский – stock.adobe.com

 

一般的に、スカウトメールとは就職・転職サイトから企業が求職者へ向けて送るメールのことを意味しています。

 

最近の採用活動は求職者の応募を待っているだけでは、必要な人材を確保することも難しくなっています。ですので、採用担当者から求職者に対して直接アプローチをかける必要があるのです。

 

また、新型コロナウイルスの影響により、企業も求職者も「接点」を増やす工夫が不可欠です。そこで役に立つのがスカウトメールですが、基本的に求職者は自分に合った求人を見つけられるよう、常に情報を求めています。

 

情報を求めている求職者にスカウトメールを送れば、企業や仕事内容に興味を持った人からの応募が期待されます。

 

採用担当者だけでなく、求職者にとっても願ってもないチャンスが到来する可能性があるので、スカウトメールを活用して就職活動をする人も増加しているのです。

 

スカウトメールとは?ヘッドハンティングメールを効果的に使う方法と例文をご紹介!

 

「魅力的な」スカウトメールにする必要がある理由

takasu – stock.adobe.com

 

求職者のもとには、数多くのスカウトメールが届きます。なかにはDMのようなスカウトメールも多いことから、開封率も低くなっています。

 

そのような状況下で求職者に興味を持ってもらうには、まずはスカウトメールを開封してもらうことが最も重要でしょう。そのため、スカウトメールを魅力的にする必要があるのです。

 

求職者に「魅力的だ」と思わせることができれば、企業自体に興味を持ってもらうことができるので、応募者数の分母を増やすことにもつながります。

 

開封してもらえなければ、いくら給与や待遇が良くても応募者は思うように集まりませんよね。

 

ですので、魅力的なスカウトメールにするためにも、件名からこだわって作成することをおすすめします。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

開封率を上げたい!魅力的なスカウトメールの件名を作成するには?

terovesalainen – stock.adobe.com

 

開封率を上げるには、まず最初に件名から求職者にアピールする必要があります。件名を作成するコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

件名の長さは25~30文字

 

スカウトメールの件名は長すぎると読みづらく、しつこい印象を与えてしまいます。しかし、反対に簡略化し、短すぎる件名を作成してしまうと企業に冷たいイメージを持たれてしまう危険性もあります。

 

ですので、件名を作成するときは長すぎず、短すぎないことが重要です。ストレスなく読める「ちょうどいい」文字数は25~30文字とされており、それを目標に仕上げると良いかもしれません。

 

メリットは文頭に書く

 

求職者に一番伝えたい内容は、件名の頭に記載するようにしましょう。

 

企業の売りが求職者に伝えることができれば、求職者の興味を引くこともできます。そうなれば、自ずと件名だけでなくスカウトメールの内容もチェックしたくなるのが人の心理ではないでしょうか。

 

特別感を出す

 

先述しましたが、スカウトメールは自動配信の設定もできるので、求職者のもとにはDMのようなものも多く届きます。全員へ向けて送信されたとわかるメールは、求職者の心を掴むことはできません。

 

「誰でもいい」「全員に送信している」という印象を与えず、魅力的なスカウトメールを作成するには、求職者へ「誰にでもスカウトメールを送っているわけではない」ということが伝わるメールにするべきです。

 

ですので、【大量募集】【急募】などのワードは、なるべく避けたほうが良いでしょう。

 

魅力的なスカウトメールにする件名の付け方のコツとは?

patpitchaya – stock.adobe.com

 

魅力的なスカウトメールにするにも、いくつかコツがあります。

 

まず、求職者のプロフィールをしっかりと確認し、それを反映した個別の件名を作成すると、間違いなく応募される確率が高まるでしょう。

 

特に、転職活動をしている求職者は年収やスキル・経験、キャリア、ポジションなどといった待遇を気にする方も多くいらっしゃいます。そこで、求職者がメリットに感じるワードを盛り込むことで、十分に興味を引くことができます。

 

さらに、できるならば自社の雰囲気や社風も想像できるようなワードを入れたほうが、より求職者の心をつかむことができるかもしれません。

 

魅力的なスカウトメールにするには内容も重要!

Torbz – stock.adobe.com

 

魅力的なスカウトメールを作成するには件名にこだわることが必要だとお伝えしてきました。

 

しかし、どんなに魅力的な件名を作成したとしても、開封した先で内容が求職者の目に魅力的に映らなければ意味がありませんよね。

 

スカウトメールの内容を書くには、メールを送る相手のイメージを具体的に持っておくことが重要です。相手を想像するだけで「何を、どのように伝えるのか」が異なるのです。

 

スカウトメールで求職者に興味を持ってもらうためには、自社に入社する魅力を存分に伝えなければなりません。ですので、「自社の魅力は何か」「求職者には自社のどこが魅力になるのか」について、社内で一度洗い出す必要があるかもしれません。

 

また、自社の魅力を伝えるために、会社紹介は長くなってしまいがちですが、スカウトメールでは分かりやすく端的に伝えるように努めましょう。

 

魅力的なスカウトメールは優秀な人材を引き寄せる!

tippapatt – stock.adobe.com

 

昨今の採用活動の状況を見てみると求人数が求職者を上回っており、宿泊業界だけでなく、どの企業も優秀な人材を求めています。そのため、人材を獲得しようと採用における競争率がどんどん激しくなっているのが現状です。

 

ウイルスの感染を防ぐために例年通りの採用活動も難しくなったいま、企業側にできることを最大限実行していく力が求められているでしょう。

 

求職者側も自分に合った企業を必死で探しています。そのなかで優秀な人材を獲得するには、魅力的なスカウトメールを送り、積極的に企業側からアプローチしていくことが重要なのです。

 

宿泊業界の採用担当の方で、採用に関してお悩みがあれば自社サービス「おもてなしHR」もお役に立つでしょう。採用ニーズにあわせて人材をご紹介することも可能ですので、まずは専任のアドバイザーまで、お気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る

関連記事