採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

採用活動とは?人材不足を救う採用活動のカギは正しい採用計画にある!

採用活動というと、応募者を集めて選考を行うことばかりに注目されてしまいがちです。企業が有意義な採用活動を行うためには、採用したい人材をより明確にし、適切な求人媒体を選定する必要があります。採用計画の良し悪しが、採用活動の質を決定づけるのです。採用担当者はどういったことを意識し、どのようなや役割を果たすべきなのでしょうか。

採用活動とは

iStock/fizkes

 

採用活動とは企業が求める人材を探し、求人募集や面接から入社までの一連の流れに発生する業務がし合用活動です。

 

企業の利益や未来を担う人材を確保するためのもので、企業を支える重要な企業活動と言えるでしょう。

 

採用活動の流れ

iStock/taa22

 

採用活動というと採用面接がメインの活動のように思いがちですが、採用面接に進むまで段階的な業務が数多く存在します。

 

採用計画

 

まずは、どのような人材が必要か、時期や人数など細かな条件のもと、採用計画を立てることから始まります。その媒体に掲載するのか、さらには掲載にかかる費用や期間に関わる計画も必要です。

 

採用広報

 

企業が採用を行う際に自社が求める人材からの応募を促すために行う広報活動のことを採用広報を呼びます。

応募者が関心持つように、社内の様子や社員の姿、時にはインタビューをするなどして、企業の魅力を伝えます。

 

欲しい人材に対して、働きたい!と思ってもらえるような情報を提供するとともに、正しい企業情報を伝えることで、応募者と企業のミスマッチを防ぎます。

 

自社サイトや、求人情報誌・求人情報サイトなどの様々な媒体を通して情報を発信し、より多くの応募者を集めることが目的です。

 

選考

 

選考には、履歴書等の書類での選考が行われるのが一般的です。その後に面接や適性検査が実施される場合には、日程の調整や会場の手配を行います。

 

【選考方法の例】

 

・書類選考

・適性検査

・筆記試験

・面接

・グループディスカッション

 

選考方法は様々ですが、新卒採用の方がプロセスが多く長期間に渡りますが、中途採用の場合は、書類選考と面接のみの場合もあります。

 

内定

 

企業は、採用試験に合格した応募者に対して、内定通知書と入社承諾書を送ります。応募者が入社の意思を固め企業に入社承諾書を返送してきた時点で、採用となります。

新卒採用の場合には、経団連の「採用選考に関する指針」により「正式な内定日は、卒業・修了年度の10月1日以降とする」とされているため、多くの企業は10月1日以降に内定を出します。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

採用活動を成功させるために

 

企業が求める人材像にマッチしていること、応募者にとっては入社がメリットになること、そちらも考える必要があります

 

採用活動の目的を明確にする

 

求める人材像が明確になることで、採用活動の目的も明確になります。新規事業拡大のためなのか、将来の幹部候補が欲しいのか、採用活動を行う目的によってアプローチする人材やアプローチ方法が異なります。

 

求める人材像を明確にする

 

どのような人材が必要なのか、理想をできるだけ具体的にイメージして、採用担当者や面接官の間でしっかりと共有して置くことが重要です。一貫したイメージを持っていることで、選考時の意見の相違や採用後のギャップを防ぐことができます。

 

企業にとって最適な人材を確保するための採用活動ですので、個人の好みや理想が関係してはいけません。部署や業務内容によっては、適性や特性は変化します。適切に優先順位をつけることも大切です。

 

採用活動に置ける採用担当者の役割

iStock/ferrantraite

 

採用活動そのものは、企業の経営戦略にとって非常に重要な活動です。

 

採用担当者は、採用活動の裏側で一連のプロセスをリードする役割をもっています。採用活動は選考の前の段階からスタートしているもので、採用担当者のスキルによって、その後のプロセスに大きな違いが生じる可能性があります。

 

採用担当者は表舞台に立つような機会は少ないですが、より良い人材の確保のため、企業と応募者の双方が納得できる雇用をつくり出すのため働きは、企業全体を支えているといっても過言ではないでしょう。

採用活動の方法

iStock/pagadesign

 

採用活動の方法で知っておくべきなのは、求人方法です。

 

  • ・ハローワークを活用
  • ・大学や専門学校を活用
  • ・求人媒体を活用
  • ・人材紹介を活用
  • ・人材派遣を活用
  • ・自社採用サイト、採用ホームページを活用
  • ・SNSを活用
  • ・知人の紹介を活用

 

 

求人方法には様々な種類があり、採用したい人材に合わせた使い分けることが必要です。

ターゲットに合わせた募集方法を選択することで、応募数には大きく違いがでます。

採用担当者は、採用にかかる費用と求める人材像、それぞれの求人方法の利用者数、それらを考慮しながら採用活動を進める必要があります。

 

また、コストが低くて確度も低い方法では、早急な人員確保のための採用活動には向かないでしょうし、コストをかけても優秀な人材からの応募がなければ意味がありません。

 

そういった判断や調整も、採用担当者の仕事でありスキルが求められるところです。

 

採用活動成功のカギは採用計画にある

iStock/west

 

採用活動は、応募があってからはじまるのではありません。その前段階である、採用計画がカギを握っています。

 

人材不足であればあるほどスピード感を求めてしまいがちですが、人材不足であるからこそ、採用計画の質は問われるのではないでしょうか。

 

欲しいホテルマンの人材像、ホテルの企業理念、ホテル内の雰囲気、そういったものを複動的に理解し、明確にすることが採用活動の始まりです。

 

おもてなしHRは、宿泊業に特化した採用支援サービスです。業界に詳しい専任の担当者が、希望や条件にマッチした求職者を紹介することができるため、より確実な採用活動を実現することが可能です。採用したい人材に合わせた面接方法についても細かくサポートさせていただきます。是非お気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る

関連記事