採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

外国人転職者を採用したい!転職志望の外国人の募集を集める方法とは?

転職志望の外国人は、企業の即戦力になり得る存在です。また、外国人の採用経験が少ない企業にとっては、過去に本人が転職した経験があるというだけで、どことなく安心ですよね。外国人転職者の採用を進めたいと考える企業に役立つ、外国人転職者の採用にまつわる情報と、宿泊業界で外国人転職者を採用する方法をご紹介します。

転職志望の外国人を採用したい!

iStock.com/miya227

 

近年の日本では、少子高齢化の傾向が一層強くなってきました。労働人口は増えていますが、その数字を支えるのはリタイヤ後の人材で、生産年齢人口は年々減少の一途をたどっています。

 

少子高齢化が色濃くなる中、外国人の雇用に注目が集まっているということは、言うまでもない事実でしょう。

 

中でも、日本の文化を理解し、面接の流れや雇用にかかる手続きを把握している日本国内での勤務経験がある外国人、いわゆる転職志望の外国人であれば、採用企業としても安心感が強いため、採用したいと考えている企業も多いはずです。

 

では、どのような採用活動を行えば、転職志望の外国人を採用できるのでしょうか。外国人転職者を採用するために役立つ情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

外国人はどうやって転職活動をする?

iStock.com/fizkes

 

「外国人転職者を採用したい!」と考える企業の採用担当者であれば、必ず押さえていただきたいのが、外国人がどうやって転職活動を行うか、ということです。

 

日本国内にある企業に勤め、国内で転職を検討している外国人は、下記のような手段を用い、転職活動を行っています。

 

  • ・日本人向けの転職サイトから応募
  • ・外国人向けの転職サイトから応募
  • ・外国人向けの転職エージェントへ相談
  • ・外国人向けの人材派遣会社へ登録・利用
  • ・ハローワークへの相談
  • ・外国人雇用サービスセンターの利用
  • ・知人からの紹介
  • ・企業への直接応募

 

日本人の転職活動とさほど変わらない、という印象を受けた方も少なくないはずです。しかし、最も大きな違いは「言語」でしょう。

 

日本国内に在住している外国人であれば、日常会話レベルの日本語を話せる方が多いはずです。日本人向けの転職サイトで、求人を検索するという方もいることでしょう。

 

しかし、日本人向けの転職サイトのみに「外国人歓迎」という求人を出すことは、他の企業も行っていることです。他企業と差をつけたい、または心から外国人を歓迎している企業であれば、外国人向けのサービスでも情報提供を行うべきなのではないでしょうか。

 

転職志望の外国人を効率的に採用するには?

iStock.com/alexsl

 

どのような手段を用いれば、転職志望の外国人を効率的に採用できるのでしょうか。効率的に採用ができる3つの方法をご紹介します。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

外国人向けの転職サイトへ求人を出す

日本人向けの転職サイトでの募集ももちろんですが、あわせて外国人向けの転職サイトへ求人を出すことをおすすめします。

 

前述の通り、日本在住の外国人であれば、ある程度の日本語力は備わっています。しかし、何か調べものをする時には、母国語や英語を使うという外国人も多いことでしょうから、外国人向けのサイトで求人募集をしておくに越したことはありません。

 

また、外国人向けの転職サイトに求人があることで、「外国人の受け入れに前向きな会社だ」と捉えられ、求職者の志望意欲があがるという可能性もあります。

 

多くの外国人の目に触れてもらうためにも、外国人向けの転職サイトでも求人募集を行うようにしてくださいね。

 

求人募集をしたい企業必見!求人の出し方と募集を出すポイントを解説!

 

人材紹介会社・人材派遣会社への登録

日本で提供している外国人向けの転職サイトの多くは、英語での求人を出す必要があります。「英文での求人募集はハードルが高い…」と感じる採用担当者も少なからずいるはずです。

 

そんな時には、外国人向けの人材紹介サービスや、人材派遣を利用するのがよいでしょう。アドバイザーが求職者との仲介となってくれるため、外国人転職者の受け入れ経験が少ないという企業の心強い味方となってくれるはずです。

 

外国人の人材紹介サービスとは?外国人の人材紹介サービスの選び方のポイントを解説!

 

リファラル採用

日本の「転職」についての考え方は、世界レベルで見るとまだまだ遅れています。特にアメリカでは、多くの人が「転職回数が多い方が、たくさんの知見があって優秀だ」という考えを持っているほどです。

 

育った土地が違えば、文化も異なります。そのため、採用側が想定しない理由ですぐに転職をしたり、時には勤務予定日に出社せず、そのまま退職という外国人もいるかも知れません。

 

そのリスクを軽減するのが、リファラル採用です。自社で外国人を雇用しており、期待通りに就労をしてくれているという場合は、ぜひ外国人従業員から求職者を紹介してもらう、リファラル採用も検討してみてくださいね。

 

リファラル採用について、理解を深めたいという方は、下記の記事も参考にしてみてください。

 

リファラル採用とは?リファラル採用を制度化するためには何が必要?

 

自社WEBサイトでの求人募集

当然ながら、自社サイトでの求人募集は有効と言える募集方法の一つです。

 

求人サイトでは、伝えられる情報に限りがあります。「興味はあるが、〇〇についてもっと知りたい」と感じた外国人は、自社のWEBサイトに訪れることでしょう。そこで、しっかりとリクルートページが用意されていれば、外国人は安心して応募をすることができます。

 

また、店舗を持つ企業であれば、店内販促・店外販促として求人ポスターを出しておくのもよいかも知れません。費用をかけずに募集をかけたいという企業であれば、ぜひ自社WEBサイトと店内外の販促を有効に活用してくださいね。

 

外国人転職者向けの求人で気を付けるポイント

iStock.com/Lacheev

 

外国人転職者へ向けて求人を作成する際に気を付けていただきたいポイントは2つあります。

 

1つ目は、「英語表記」で作成するということです。日本が提供している転職サイトの多くは、英語が採用されています。どうしても特定の国の方を採用したいという強い思いがなければ、英語を用いるのが無難です。

 

日本人向けの転職サイトでは日本語でも問題ありませんが、外国人向けの転職サイトはよほどのことがない限りは英語で求人を作成するようにしましょう。

 

2つ目は、「目的を明確に提示する」ことです。日本人向けの求人であれば、雇用形態・勤務時間・給与などの基本情報から、会社情報・業務内容などの記載が一般的ですが、外国人は日本人よりもその会社で「何ができるか」、「何を求められているか」を重視する傾向があります。

 

ですので、このポジションで、この業務を行ってもらうことにより、どんな未来を描いていくのかを明示することをおすすめします。イメージしづらい場合は、他企業の求人情報を参考にしてみてもよいかも知れません。

 

外国人転職者の受け入れに必要な知識とは?

iStock.com/nortonrsx

 

外国人転職者を受け入れには、知識は必要です。覚えておかなければならない3つの知識について、解説します。

 

雇用の流れ

雇用の流れは確実に押さえておきましょう。

 

日本人の採用との大きな違いは、「在留資格(就労ビザ)」が必要となることです。在留資格ごとに業務内容が制限されるうえ、働くことができる期間も定められていますので、勤務開始目標時期から逆算をして、採用活動を行う必要があります。

 

在留資格(就労ビザ)

自社で求めるポジション・行って欲しい業務では、どの在留資格が必要になるのかをあらかじめ確認しておく必要があります。

 

せっかく採用をしたのに、在留資格が異なっていたことで業務ができないとなっては元も子もありませんよね。

 

そのリスクを軽減できるのが、「就労資格証明書」をです。転職志望の外国人の持つ在留資格の活動範囲と、自社の業務内容を照らし合わせることができますので、不安のある企業は出入国在留管理庁へ相談するのがよいでしょう。

 

国際的なマナー・タブー

双方が良い労働環境で働くうえで必要なのが、マナーやタブーについての知識です。

 

マナーで言えば、「残業=仕事ができない人」という認識から残業を一切しなかったり、「定例の飲み会=無駄な時間」という認識から、不参加が多いなどということが起こる可能性は高いです。

 

この共通認識を企業内で統一させなければ、外国人従業員は日本人従業員から敵と見なされ兼ねませんので、理解の促進に努めるようにしてください。

 

タブーはよりセンシティブです。国ごとにタブーとされている文化があるでしょうから、採用が決まった際には必ず調べ、周知しておけば、外国人に嫌な思いをさせることはないでしょう。

 

外国人転職者の受け入れに関する下記記事も、参考にしてみてくださいね。

 

外国人の転職を受け入れるにはどう対応すれば良い?

 

外国人の採用に助成金は申請できる?助成金を活用し優秀な外国人を確保しよう!

 

ホテル・旅館で外国人転職者を採用するには?

iStock.com/Wavebreakmedia

 

ホテル・旅館で外国人転職者を採用するには、業界特化型のサービスを使うのがよいかも知れません。というのも、日本へ来る外国人が求人を探す際に重要視しているのは、「給与」であるからです。

 

宿泊業界が、給与面で他業界と張り合うことは難しいという現状がありますので、同業界内でアピールを強めるのが最もかしこい選択とも言えます。

 

外国人向けの宿泊業界特化型の転職サイトや、人材紹介・人材派遣サービスを提供している企業もありますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

外国人の転職の知識をつけて外国人を採用しよう!

iStock.com/Morsa-Images

 

採用経験が少ない企業にとって外国人転職者は、転職経験のない外国人に比べればありがたい存在です。

 

採用を進めるにあたり、大切なことは転職者へと寄り添うことです。募集段階でも、入職後でも、お互いを尊重しながら高め合える関係性を、企業全体で築き上げてくださいね。

 

また、外国人向けではないながらも、2018年10月のサービス開始から求職者の応募が10倍以上と、成長を続けている当サイト「おもてなしHR」がお手伝いできることもあるかも知れません。

 

厚生労働省認可のもと、求人検索サイト、ならびに人材紹介も行っておりますので、宿泊業界で悩みを抱える採用担当がいれば、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

ページ上部へ戻る

関連記事