採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職回数が多い応募者の面接では何に注目するべきか

採用の基準のひとつとして、応募者の転職回数を重視する企業は多いでしょう。確かに、何度も転職を繰り返している人物には、採用してもすぐに辞めてしまうのでは?トラブルメーカーなのでは?といった懸念が付きまといますよね。しかし、転職回数の多さだけで不採用を決めるのはもったいないことです。転職回数が多い求職者の面接にあたる際、注目するべきポイントを見ていきましょう。

転職回数が多い求職者の面接を行うポイントとは

チェックポイント

ytemha34 – stock.adobe.com

 

終身雇用が当たり前だった時代が終わり、ほとんどの人が複数回の転職を経験している世の中になりました。

 

20代で3回以上、30代で5回以上など平均よりも転職の回数が多い人も居るでしょう。転職回数が多い人が、採用試験に応募してきた場合、面接官はどこを重点的に見れば良いのでしょうか。

 

転職が当たり前の時代で、採用に失敗しないためのポイントを解説します。

面接官が把握するべき転職回数が多い求職者の懸念事項

引っ込み思案

naka- stock.adobe.com

 

転職回数の多い人物の採用は、特に慎重に検討する必要があります。転職の背景は人それぞれで、一概に判断することはもちろんできません。しかし、以下のようなリスクについては転職回数が少ない人より高いと言えるでしょう。

早期退職のリスク

当然ながら、転職の回数が多い=それだけ会社を辞めてきたということです。中には短期間での転職を繰り返している人も居るでしょう。採用したところで同じように短期間で辞めてしまうかも、と考えるのは当然のことですね。

 

採用や教育のコストが無駄になったり、現場の士気が下がる、教育担当者に余計な負担を掛けただけで終わってしまう恐れがあるのです。

人間性に問題がある

人間性に何かしらの問題があり、行く先々の企業でトラブルを起こして辞めているということも考えられます。

 

1社、2社程度なら単に社風が合わなかったとも考えられますが、何度も転職を繰り返している場合は、本人の問題である可能性が高いでしょう。

仕事の能力が低い

仕事に対する能力が低く、職場に居づらくなって転職を繰り返しているパターンもあります。知識や経験が足りないだけでなく、著しく不器用であったり適性の無い仕事ばかりを選んでしまう傾向があるのかもしれません。

 

また、引っ込み思案すぎて分からないことを人に聞けないなど、コミュニケーション能力が低い可能性も考えられます。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

転職回数が多い応募者の面接で押さえておきたいポイント

キャリアアップ

peshkov-1- stock.adobe.com

 

転職回数が多い応募者には、何かと懸念するべき点があるのですね。懸念をクリアにするためには、転職回数の多さについての質問は必ず行うべきでしょう。その際、押さえておきたいポイントを解説します。

前向きな理由での転職か

転職を繰り返した理由が前向きなものであれば、入社後にも目標を持ってアクティブに働いてくれる可能性があります。

 

キャリアアップのためであったり、やりたいことが見つかったなどの理由であるか、という点に注目しましょう。しかし「転職理由を前向きに説明する」ということは、ほとんどの求職者が知っている面接突破のセオリーです。

 

無理やりポジティブに言い換えようとする求職者も居るので、本当に前向きな転職であったのかをしっかりと見極めましょう。具体的なエピソードを聞き出して、話の辻褄が合っているかどうかで判断してくださいね。

やむを得ない事情であれば減点しないこと

家族の都合やケガ、病気などの事情が重なった結果、何度も転職する羽目になる場合もあります。やむを得ない理由での転職でれば、減点の対象にするべきではありません。

 

ただし、その問題が現在は解決して、問題なく働けるかどうかという点は確認しましょう。

退職理由を他人のせいにしていないか

前職の待遇が悪かった、人間関係が嫌だったなど、転職の理由を他人のせいにする人物には要注意です。何かと責任転嫁しがちな性格なのかもしれません。

 

また、不満のある状況を打開するために、進んで動くだけの自主性がある人物ではないと判断できるのではないでしょうか。

早期退職のリスクは大きいか

早期退職のリスクを判断することは、転職回数の多い求職者の面接をする上で非常に重要です。

 

確かに行き当たりばったりで転職を重ねてきたという人は一定数居ます。しかし、過去をしっかりと反省したと判断できる人物であれば、早期退職のリスクは小さいのではないでしょうか。

 

反対に、一社で働いた期間が長く転職回数が少ない人物であるが故に、前職の文化が染みついて会社に馴染めず早期退職のリスクが高いということも考えられます。

転職回数の多さは必ずしもマイナスではない

サムズアップ

show999 – stock.adobe.com

 

転職回数が多い人の中には、明確なキャリアビジョンを持って転職を重ねた人や、豊富な経験で即戦力になれる人も居ます。転職回数が多いからという理由だけで不採用を決めてしまうのは早計です。

 

転職を繰り返した背景や、適性・能力などをトータルで考えて採用可否を判断してくださいね。

 

適切な採用活動を行うには、採用支援サービスの活用がおすすめです。おもてなしHRは、中途採用や転職希望者が特に多いホテル・旅館の採用活動に特化したサービス。専任スタッフが、企業と求職者のマッチングから入社までしっかりサポートします。

 

日本全国の宿泊施設でご利用いただけるサービスなので、ぜひ導入をご検討ください。

ページ上部へ戻る

関連記事