採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職・就職の書類選考期間が長いと求職者はどう感じる?選考期間が長引く場合の対処方法を解説

採用活動は工数が多く、応募者に結果を通知するのに日数が掛かることもありますよね。しかし、連絡が遅くなると求職者側にも企業側にもデメリットをもたらすことになるので注意が必要です。特にエントリーの入り口である書類選考スピーディーに行いたいものですが、選考期間が長くなると、とどのような影響があるのか見ていきましょう。

転職・就職の書類選考期間が長いことの影響とは?

履歴書在中

綾花 木下- stock.adobe.com

 

採用試験に応募した求職者は、緊張しながら結果の通知を待っています。中でも書類選考を突破できるかどうかは、その先の転職・就職活動に影響を及ぼす最初の関門です。

 

なるべく早く結果を通知することが望ましいですが、書類選考期間が長くなると求職者にどのような印象を与えるのでしょうか。どうしても時間が掛かる際の対処方法と併せて解説します。

転職・就職の書類選考期間が長いと求職者はどう感じるか

不信感

metamorworks – stock.adobe.com

 

採用試験は、企業が求職者を選ぶだけでなく、求職者が企業を選ぶための機会でもあります。応募してからのレスポンスの速さは、求職者の印象を左右する重要なポイント。書類選考期間が長く、結果通知の連絡が遅いと求職者はどのように感じるのか見ていきましょう。

書類選考で落ちた?

採用試験の結果通知は一般的に「合格であれば早く連絡が来る」と認識されています。そのため、しばらく待っても連絡が来なければ「書類選考で落ちたのだろう」と考える人が多いのです。

 

「面接に呼びたい」と思っていても、連絡が遅いと諦めて他の企業へのエントリーを進めたり、いわゆる「サイレントお祈り」をする失礼な企業だと思われ、評判を落とす危険性があります。

補欠扱いにされている?

しばらく待っていても書類選考通過の知らせも、不採用の知らせも来ないとなると「内定辞退者が出たときの補欠なのでは?」と考える人も居ます。

 

志望度の高い企業であっても、2番手・3番手扱いされるのは気分の良いことではありませんよね。後日、書類選考通過の知らせを出しても「あまり歓迎されていないかも」と感じ、入社の意欲が下がってしまいます。

担当者が忘れている?

採用担当者が連絡を寄越すのを忘れていたり、応募書類が開封されず放置されているのかもしれない、と思われることもあります。

 

ヒューマンエラーによって、選考が滞るような企業で働きたいと思う人は居ないですよね。実際には別の理由で連絡が遅れてる状態でも、いい加減な企業だと判断されてそのイメージを持たれ続けることになるかもしません。

応募時にミスがあったのかも?

応募時に自分のミスがあったのではないか?と心配する求職者も居ます。書類の郵送先を謝って届いていない・連絡先を書き間違えたのかもしれないといったことで不安になるのですね。

 

応募者は、その企業で働きたいと思ってくれるレベルの大事なファンであるはずです。そのファンに余計な心配をさせないためにも、なるべく早く対応することが重要なのですね。

企業に対して不信感を持つ

応募に対するレスポンスが遅い企業は、誠実さに欠けると感じられます。転職・就職活動は、応募者のその後の人生を左右する重要なポイントですよね。そのポイントでいい加減な対応をされれば、不信感を持つのは当然のことと言えるのではないでしょうか。

 

また、架空の求人を出していると疑われたり、採用活動のやり方が悪い残念な企業といった、マイナスイメージを持たれやすくなります。

転職・就職の書類選考期間が長いとお互いのチャンスを潰してしまう

割れた卵

Jürgen Sieg- stock.adobe.com

 

書類選考の期間が長引くことで、求職者に不安や不信感を与えるということは前の項目で解説した通りですが、デメリットはそれだけではありません。書類選考の結果通知に時間が掛かると、求職者と企業の両方のチャンスを潰してしまうことになるのです。

 

求職者は書類選考の結果が来ない理由をあれこれ考えて不安になる上に、身動きが取れず他の企業に応募するタイミングを逃しがちになります。

 

また、企業にとっても入社の意欲が薄れる・マイナスのイメージを持たれるといったことで、将来得られるはずだった利益を失うことに繋がるのです。

転職・就職の書類選考期間が長くなる時の対処方法

なるべく早く書類選考の結果を通知することがベストですが、応募者が多い・担当者が不在などのさまざまな事情でどうしても日数を要することもありますよね。

 

そんな時にはそのまま放置せず、応募者に連絡を入れるようにしましょう。たった一本の連絡があるか無いかで、応募者が抱く印象は大きく変わるはずです。

 

また、通過者のみに連絡するスタンスであれば、募集要項にその旨を記載したり、最長でいつまでに連絡するのかを伝えるなど、応募者を無駄に待たせることが無いようしてください。

 

繰り返しになりますが、応募者は企業にとって大事なファンなのです。採用の可否に関わらず、今後もファンで居てもらうためには、安心して結果を待てる工夫が必要です。

ホテル・旅館の書類選考期間が長くなる場合は特に注意

呼び鈴

BillionPhotos.com – stock.adobe.com

 

人材確保の競争が激しいホテル・旅館の採用活動では、書類選考期間の長さに特に注意が必要です。

 

宿泊業界ではマンパワーが必要不可欠ですが、業界全体で深刻な人手不足が続いているため、すぐに他社に流れてしまうリスクが高いのです。また、サイレントお祈りや担当者が忘れているなどと思われて、ホテルの評判を落とすことにもなり得ます。

 

迅速な結果通知が難しい場合は、フォローを手厚く行いましょう。

書類選考期間の短縮にはおもてなしHR

人材確保

takasu – stock.adobe.com

 

宿泊業界の採用活動はスピードが命といっても過言ではありません。採用業務を効率化し、早い段階で結果を伝えるためにはおもてなしHRの導入がおすすめです。おもてなしHRは、宿泊業に特化した採用支援サービスです。

 

業界に詳しい専任の担当者が、希望や条件にマッチした求職者を紹介し、面接日時のセッティングや条件交渉など、きめ細やかなサポートを提供します。

 

通常業務だけでも多忙な宿泊業で、自社内だけでスピーディーな採用が難しい!という場合は、ぜひおもてなしHRをご活用ください。求人広告の掲載も受け付けています。

ページ上部へ戻る

関連記事