ホテルの転勤について選考段階で求職者に正しく伝えよう

企業は、能力ある優秀な人材と求めている働き方が出来る人材、その両方を求めていますよね。転勤を理由に転職を希望したり、転職の有無によって応募意思を決定する求職者がいます。ある程度の規模の会社にとっては、転勤による人事異動は付き物です。優秀な人材を確保するためにも、採用活動の際には転勤制度に対する意識合わせもしておく必要がありそうです。

採用活動におけるホテルの転勤の有無の影響

iStock/byryo

 

転勤の有無によって応募意思を決定する人もいるほど、転勤は採用活動に大きな影響を与えます。転勤にネガティブなイメージを持っている求職者もいるため、転勤のあるホテルは優秀な人材を獲得する機会を逃すきっかけになってしまうかもしれません。

 

転勤を嫌がる人が増えている

 

転勤に対する意識は、求職者の生活環境や家族構成によって変化します。特に引っ越しを伴なう転勤の場合は家族の生活も大きく変化することから、簡単に判断することはできません。

 

子どもの学校や共働きの場合はパートナーの労働環境の変化など、転勤を命じる企業側も考慮しなければならない課題があります。

 

また、プライベートを重視する傾向の高まりも、転勤を嫌がる理由の一つでしょう。友人や地域との繋がりが絶たれ、これまで通りの交流が難しいとなれば寂しさを感じて当然です。

 

そういった意識は、家族も同様に感じるものです。それが数年単位での転勤ともなれば、振り回される印象を持つ人もいるはずです。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

求職者に転勤があることを理解してもらう

iStock/recep-bg1

 

求職者に対しては、転勤がある理由やメリット、断ることができる場合もあることを伝えましょう。

 

なぜ転勤があるのかを理解してもらう

 

ホテル業界の場合、転勤はそれほど多くありません。新しいホテルが開業する場合や、役職者のポストに空きが出た場合などに転勤が発生することが多く、転勤後の役割が比較的明確かもしれません。

 

役割が明確でないことは、新しい環境で働くことを不安に感じる要素です。なぜ転勤を命じるのか、転勤後にはどのような働きをして欲しいのかをきちんと提示するのことは、企業の義務とも言えるでしょう。

 

なぜ転勤が必要なのか、働きに期待していることを明確に伝えることで、転勤に対する意識を変化させることができるかもしれません。

 

勤務地が変わることで、ホテルの規模が変わったり客層も変化することがあります。転勤は、接客の質を上げたい、語学を活かしたいというような、向上心を持った有能な人材を適所に配置することも可能です。

 

ホテルの利益のためだけでなく、求職者をスキルや希望にそった、適材適所に配置するためでもあること伝えることで、企業に振り回されるかのようなイメージを払拭できるのではないでしょうか。

 

また、転勤に不安を感じる要因の中には経済的な問題もあります。企業はそういった懸念材料への配慮も忘れてはいけません。

 

転勤は会社都合で起こるものです。転勤後の生活のフォローや、転勤にかかる費用の負担など、転勤させる従業員の気持ちを孤立させないことも重要です。

 

求職者に対しては、転勤がある理由や転勤が発生した場合のフォローについてを説明し、転勤に対する理解を深めてもらいましょう。

 

断れるケースがあることも伝える

 

就業規則の中に転勤が明記されている場合は、断ることは出来ないのが原則ですが、正当な理由があれば異動や転勤は拒否できる場合があります。

 

例えば家庭環境や家族のこと、育児のためや介護のためなど、どうしても転勤ができない正当な事情があれば、その事情を会社側に考慮してもらうこともできます。

 

こういった事情は採用時には判断が出来ないものであるため、転勤が発生した際に相談することが可能であることを事前に伝えておくと良いでしょう。

 

転勤の可否に併せてポストを用意しておく

iStock/MicroStockHub

 

地域限定正社員(地域限定社員)という転勤・転居をしないという条件での採用方法があります。これまで転勤のリスクを考慮して契約社員やパートタイマーとして働いていた有能な人材が、地域限定正社員として雇用されることで、経験や能力のある人材の定着率が上がるというメリットがあります。

 

年に一度アンケートを取って、全国転勤可能か地域限定勤務かを選択できるようにした企業もあるようです。

 

ホテルの場合は、そのホテルの顔となって長く働くことで、リピーターのお客様との信頼関係を保ち続けることができます。

 

社員育成や人員補填または事業の縮小による雇用の維持といった、様々なメリットを考慮してで設けられている転勤制度ですが、お客様や取引先との関係が途切れるというデメリットも意識する必要がありそうです。

 

転勤のメリットを伝えて優秀なホテルマンを確保しよう

iStock/takasuu2

 

転勤には企業にとってのメリット、デメリットが存在します。従業員の場合も同様です。

 

スキルアップはできるけど家族の生活環境が変わってしまう、新しいポストで頑張りたいけど人間関係が心配、そういった従業員の気持ちを意識した転勤あれば、悪いことばかりではないでしょう。

 

求職者の中には、転勤に対して正しい理解ができていない人もいます。採用活動の際には、転勤制度についての説明を具体的に進めてみるのも良いでしょう。

 

優秀な人材には長く働いて欲しいと思っているはずです。転勤が理由で応募を取りやめてしっまったり、不安を感じたまま入社してしまうことがないようにしましょう。

 

おもてなしHRでは、ホテル・旅館に特化した採用支援サービスを提供しています。専任スタッフによる人材紹介で、ホテルの希望に一致するの求職者が見つけることができます。採用活動の際には、是非ご相談ください。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る