ホテルのコンシェルジュに向いている人の特徴とは?必要なスキルや性質を見てみよう

ホテルコンシェルジュの仕事はお客様に「NO」と言わず、可能な限りの要望をかなえること。ホテル滞在を特別な思い出にしていただくための重要な役割です。この記事では、ホテルコンシェルジュに向いている人の特徴や、自信がない……という人に試してほしいスキルの身に付け方を紹介します。ぜひ参考にしてください。

ホテルコンシェルジュに向いているのはどのような人?

カウンターに立つコンシェルジュ

Khunatorn – stock.adobe.com

 

ホテルコンシェルジュの仕事はお客様の要望を可能な限りかなえること。具体的にはプロポーズのお手伝いやライブチケットの手配、電車内に忘れてきた荷物を探すなど、マニュアルに従うだけでは解決できないことに対応するのです。

 

滞在中の安心を提供し、すてきな思い出を作ってもらうための重要な役割ですが、ホテルコンシェルジュに向いているのはどのような人なのでしょうか。

 

向いている人の特徴と、適性に不安がある人におすすめしたいブラッシュアップ方法を紹介します。

 

なお、ホテルコンシェルジュの仕事内容や収入などについては以下の記事をご参照ください。


ホテルコンシェルジュに向いている人の特徴5選

ホテルコンシェルジュは究極のサービス業と言われるホテル業の中でも、お客様に歩み寄る姿勢が大切な職務です。サービス業は全般的に向き・不向きが分かれる職業ですが、ホテルコンシェルジュは特に顕著かもしれません。

 

どのような人が向いているのか、特徴を5つ見ていきましょう。

気配り・目配りができる

まず重要なのは、気配り・目配りのスキルです。ホテルコンシェルジュはお客様の様子をよく観察し、本当に望んでいることを推察したり、適切な質問を投げかけて答えを引き出す力が必要でしょう。

 

たとえば、目的地までの交通手段を教えてほしいといわれた場合、お客様が「早く着く」「運賃が安い」「乗り換えの手間がない」といった事柄の、どれを優先したいのかを加味した情報提供が望まれます。

 

また、ひとりのお客様に対応している最中、他のお客様を待たせていないか、困っている様子のお客様が居ないかなどの目配りができてこそ、本物のホテルコンシェルジュと言えるのではないでしょうか。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力はホテルコンシェルジュの命綱と言っても過言ではありません。対お客様はもちろん、同じホテルで働くスタッフや近隣施設の関係者とも円滑なコミュニケーションを取ることが必要です。

 

日ごろのコミュニケーションが不足していると、いざという時の連携が取れなくなってしまいます。

 

どのセクションでもホテルはチームワークで動くものですが、あらゆる手段を駆使してお客様の要望をかなえるコンシェルジュは特につながりを大切にする必要があるでしょう。

体力がある

スマートで華やかなイメージが強いホテルコンシェルジュですが、実務は体力勝負です。お客様のために方々をまわって手配を整えたり、次から次へとタスクをこなしたり、体力がなければできない仕事なのですね。

 

また、ヒールの高い靴や革靴をはいて美しい姿勢を保ちつつ、疲れた表情を見せないこともコンシェルジュの必須スキル。ただし、靴については足への負担が少ないものへと切り替えているホテルもあるようです。

 

足腰の丈夫さは必要ですが、ヒールの高い靴や革靴の長時間着用に不安がある人は入社前に靴に関する規定を確認すると良いでしょう。

外国語スキルがある

あらゆる国からいらっしゃるお客様に対応するホテルコンシェルジュには、外国語スキルが必要です。最低限ビジネスレベルの英会話はマスターしておきたいところ。

 

また、英語圏以外のお客様とスムーズなコミュニケーションを取るためには他の言語もなるべくできた方が良いでしょう。完璧には理解できない言語でも、何とかコミュニケーションを取ろうと試みる積極性も重要です。

知識欲が強い・情報収集が得意

お客様からのリクエストにすぐさま応えられるかどうかは、コンシェルジュの知識・情報量に掛かっています。

 

近隣のレジャー施設や公共交通機関、どこのお店でどういった商品を扱っているのかといった知識・情報を蓄えるとともに、また、ホテルスタッフの誰がどのような情報に詳しいのか、どのような人脈があるのかなど、頼れる相手を探っておくことも重要です。

 

知らないことを知ろうとする意欲こそが、コンシェルジュとしての腕を磨き上げるのですね。

パソコンスキルがある

現代のホテル業務においてパソコン操作は必要不可欠ですが、フロントスタッフなどはホテルの専用ソフトを使えればOKというケースがほとんどではないでしょうか。

 

しかし、コンシェルジュはパソコンを使って情報を集め、各方面にコンタクトを取り、お客様専用の観光マップを作ったりすることがあります。一般的な表計算や、見栄えの良い資料を作る程度のスキルがあれば、ホテルコンシェルジュの業務でいかせるかもしれません。

ホテルコンシェルジュに向いてないかも?と思ったら

旅館

Paolo-Marzio – stock.adobe.com

 

ここまで読んで、自分はホテルコンシェルジュになりたいけど向いていないかも?とがっかりした人も居るかもしれません。しかし、今の時点で自信がなくても諦める必要はありません。努力次第で、ホテルコンシェルジュになれる確率は上げられます。

 

ホテルコンシェルジュを目指すために効果的な努力・心がけを見ていきましょう。

ホテル業界で経験を積む

気づかいやコミュニケーションに自信がない、接客にふさわしい振る舞いができない、という人はまず、ホテル業界で経験を積むことから始めましょう。ホテルスタッフとしてお客様の前に立ち、仲間とともに働けば「ホテルマンらしさ」が自然と身に着いてくるはずです。

 

また、そもそもコンシェルジュというポジションは、ホテル業界初心者でいきなりなれるものではありません。フロントスタッフ、ベルスタッフや客室係などで経験を積み、スキルを磨いてチャレンジしましょう!

外国語に親しむことを心掛ける

ホテルコンシェルジュに必要な外国語スキルを磨くには、テキストやスクールでの勉強が必要です。それらに加え、日常生活で外国語に親しむことを心がけてみましょう。

 

たとえば、いつも吹き替えで観ている洋画を字幕で観てみたり、輸入食品のパッケージに何と書いてあるのか調べたりするのです。ちょっとした意識を持つことで、外国語の知識が積み上げられて習得がスムーズになるはずです。

体力づくりに励む

ホテルコンシェルジュとしてバリバリ仕事をこなすためには、疲れを感じにくい丈夫な体が必要です。栄養バランスの取れた食事や適度な筋力トレーニング、そして十分な休息を心がけましょう。

 

また、体力を付けるために布団の上げ下ろしがある旅館の中居や、ホテルの客室清掃係として働くこともおすすめです。

 

宿泊業の経験も得られるので一石二鳥ではないでしょうか。

おもてなしHRでコンシェルジュの仕事を探そう

案内するコンシェルジュ

Andrey-Popov- stock.adobe.com

 

ホテルコンシェルジュとして働きたい、ホテルコンシェルジュになるために宿泊業界に入りたい!という人はぜひ、おもてなしHRにご相談ください。

 

おもてなしHRは宿泊業界に特化した就職・転職支援サービス。労働条件などの希望やキャリアプランなどを考慮してエントリー先を提案いたします。

 

完全無料のサービスなので、まずは登録から始めましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る