宮城県でお試し移住ができる自治体とは?市町の特色と取り組みを紹介!

宮城県は、人と自然が調和したエリアで暮らしたい!という人におすすめの移住先です。ほどほどに都市化が進み、豊かな緑も残る地域ですが、お試し移住ができるのはどのような自治体なのでしょうか。お試し移住を実施している市町の特色と取り組みを紹介します。

宮城県でお試し移住ができる地域

伊豆沼

photolife95 – stock.adobe.com

 

宮城県は県庁所在地・仙台市を中心に、都市化レベルや気候など、トータルで「ちょうどいい都会・ちょうどいい田舎」と言われる県です。のどかな田園風景や雄大な海が広がるエリアも多い地域ですが、そこでの暮らしはどういったものなのでしょうか。

 

宮城県には、移住検討中の人に向けたお試し移住の制度を設けている自治体がいくつかあります。お試し移住ができる地域を見ていきましょう。

栗原市のお試し移住

宮城県のほぼ中央に位置する栗原市は、人口65048人(2021年7月時点)の市です。この街の特色とお試し移住の内容を紹介します。

市の特色

栗原市は鉱山で栄えた街です。市の西部に位置する細倉鉱山は1895年に鉛の生産量が日本一となりました。

 

1987年に閉山した後は、鉱山跡地を利用した学習テーマパークがオープン。開園当時は摩訶不思議な展示物が中心のおもしろスポットとして人気でしたが、2016年のリニューアルオープンで、充実した学習施設に生まれ変わりました。

 

また、市の南西部には白鳥の飛来や見事な蓮の花で有名な伊豆沼が、北部にはさまざまな自然観察イベントやセミナーが開かれる栗駒山麓ジオパークがあります。

 

自然が豊かな環境でのびのびと子育てをしたい、自然と触れ合う生活をしたい、という人に適した移住先ではないでしょうか。

お試し移住の内容

栗原市には、3日から10日までの滞在で利用できる、無料のお試し住宅があります。

 

利用の対象となるのは栗原市への移住を検討している人や、すでに移住の相談をしている人とその家族。また、空き家情報登録制度で利用登録をしている人や、市町が必要だと認める人も対象です。

 

同一の対象者につき、4回まで利用できるので春・夏・秋・冬と、時期を変えて滞在するのも良いでしょう。このお試し住宅のほか、農家民宿やオーダーメイド型のプログラムも利用可能とのこと。詳細は市のホームページでご確認ください。

 

参照:栗原市の人口について/栗原市ホームページ

 

参照:栗原市のお試し移住について/宮城県栗原市移住定住サイト きてみらいん くらしたい栗原

登米市のお試し移住

宮城県北部に位置する登米市は76612人(2021年7月時点)の街です。栗原市と隣接したこの街には、どのような特色とお試し移住制度があるのでしょうか。

市の特色

登米市は田園に囲まれたのどかな地域ですが、市街地には登米圏域の中核病院やファミリーレストラン、レンタルビデオ店などがそろっています。市内で住む場所を選べば、さほど不便はしないでしょう。

 

また、市内に鉄道はありませんが100円で乗車できる市民バスや、登米市役所から仙台駅までアクセスできる高速バスが運行しています。

 

そして、登米市には「はっと汁」という素晴らしい郷土料理があります。はっと汁とは、水でこねて薄く伸ばしたすいとんと、仙台名物の油麩にたまねぎなどを加え、出汁で煮た料理。登米市内にははっと汁を提供する飲食店もあるので、ぜひ食べてみてくださいね。

お試し移住の内容

登米市では、登米市内への移住を検討している人(転勤や婚姻による転入予定者は除く)を対象に、2泊3日以上9泊10日以内の間で利用できるお試し住宅を用意しています。

 

広々とした平屋の戸建てで、利用料金はかかりません。ただし、滞在期間中に移住相談会への参加が必須なので、利用の際にはしっかりとスケジュールを考えましょう。移住相談会では市の職員さんが、市内の文化施設や商業施設、観光施などを案内してくれます。

 

同一の利用者につき2回まで利用できるので、登米市での暮らしをじっくりと観察・体験できそうですね。ただし、この制度は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2021年8月時点では停止中です。再開を待って利用しましょう。

 

また、宮城県外からの利用者には、交通費の一部補助もあります。

 

参照:登米市の人口について/登米市ホームページ

 

参照:登米市のお試し移住について/登米市ホームページ

川崎町のお試し移住

宮城県の南西部、柴田郡に属する川崎町は、人口8485人(2021年7月末時点)の町です。蔵王連峰からほど近いこの町では、どのような暮らしが待っているのでしょうか。

町の特色

川崎町は、アクティビティやアウトドアを楽しめる地域です。町の東部に位置する「国営みちのく杜の湖畔公園」では東北地方で最大級の音楽フェスティバルが開催されるほか、ウォータージャンプ施設やスキー場、ゴルフ場などがあります。

 

市街地には比較的大きな病院や、スーパーマーケット、ドラッグストアなどがそろっています。近くで病院にかかれない、日用品や食料品を買える場所がない、といった心配は不要です。

 

また、仙台市までのアクセスが良く、高速道路を使えば36分ほどの距離。仙台市内で働きながら、川崎町で生活することも可能でしょう。

お試し移住の内容

川崎町では、お試し移住施設兼お試しサテライトオフィスの提供という、ユニークな取り組みをしています。

 

築51年の空き家を改装して作った施設で会議ができる大広間や土間のキッチンといった設備があります。Wi-Fiも利用できるので、サテライトオフィスとして十分に機能するのではないでしょうか。

 

日帰りから9泊10日まで、無料で利用できるという点も魅力です。テレワーク移住に興味のある人はぜひ、足を運んでみましょう!

 

参照:川崎町の人口について/川崎町ホームページ

 

参照:川崎町のお試し移住について/川崎町ホームページ

宮城県での仕事探しはおもてなしHRで

蔵王

setsuna – stock.adobe.com

 

今回紹介した3つの地域の他にも、気仙沼市や女川町、東松島町といったエリアでお試し移住が体験できます。積極的に利用して、自分にぴったりの移住先を見つけてくださいね。

 

また、宮城県は海・山・温泉といった観光資源が多い地域です。移住後はホテル・旅館で働くことも視野に入れてみましょう。ホテル・旅館の仕事を探す際にはぜひ、おもてなしHRにご相談ください。宿泊業に精通した専任アドバイザーが希望にマッチする求人情報を紹介します。

 

エントリーから応募までしっかりサポートしますので、まずは登録から始めましょう!

 

なお、以下のページではお試し移住ができる自治体に関する記事をまとめて紹介しています。他の地域のお試し移住に興味のある人は、併せてご参照ください。

 

関連記事:お試し移住ができる自治体を地域ごとにまとめて紹介!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る