地方に移住するメリット・デメリットとして考えられることは?

地方への移住を考える際、最も手近な検討材料は、移住することのメリット・デメリットです。移住支援制度や居住地など、移住に向けて本格的に調べる前に、まずはどのようなメリットやデメリットがあるのかを考えるのがおすすめですよ。地方へ移住するメリットとデメリットをそれぞれご紹介していきますので、両者を比較し、移住に踏み切るか否かを判断してくださいね。

地方移住にはどんなメリット・デメリットがある?

ベンチでくつろぐ男性

TERRY.com-stock.adobe.com

 

地方への憧れを抱き、移住をしたいと思っている人もいることでしょう。

 

しかし、地方移住の良い面ばかりを見るだけでは、いざ移住した後に「こんなはずじゃなかったのに……」と後悔してしまうかもしれません。

 

住まいを移すということは、生活そのものを大きく変えるということです。移住は人生の中でも重大な決断の1つなので、慎重に検討を重ねることが必要ですよ。

 

では、地方へ移住することに、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。次の項目から詳しく見ていきましょう。

 

地方へ移住するメリット

スイカ収穫

kelly-marken-stock.adobe.com

 

まず、地方へ移住するメリットからご紹介していきます。

 

豊かな自然に触れながら生活ができる

 

首都圏に住んでいると、どうしても自然に触れる機会は減りがちになってしまいます。

 

しかし、住む地域にもよりますが、地方に移住したことで、自然に囲まれて生活するような環境に変わった、というケースもあるようです。

 

時間をかけて海水浴場やレジャー施設に足を運ばなくても、徒歩圏内に海や山があれば気軽に遊びに行くことができるでしょう。

 

日ごとに移ろう風景を存分に味わうことができますし、鳥や虫の声で季節を感じられることなどは、まさに地方暮らしの醍醐味とも言えます。

 

自然と共に生きる毎日を送りたい方にとって、地方への移住はまさに理想的な選択だと感じられるようです。

 

食べ物が新鮮で美味しい

 

地方では鮮度の良い食材が手に入りやすいことが多く、毎日の食卓を豊かにしたい方との相性は抜群です。

 

味が良い上に価格も安いため、家計にも体にも優しく、まさに良いことづくめではないでしょうか。

 

地方の特色によって獲れる食材も変わりますので、例えば新鮮な魚を毎日食べられる環境で暮らしたい方は、海沿いの地方に注目して移住計画を練ってみても楽しそうですね。

 

食育に興味をお持ちの方にとっても、かなり注目度の高いポイントだと言えますよ。

 

待機児童問題が少ない

 

首都圏に比べて子どもの数が少ないため、待機児童の問題も自ずと少なくなります。

 

「働きたいのに保育園に入れない」というお悩みを抱えている方は大勢いらっしゃるはず。待機児童問題の少ない地方ならば、移住後に辛い思いをするリスクを減らすことができますよ。

 

もちろん、すべての地域が対象ではないので、移住を検討する際は待機児童に関する情報の収集も忘れないようにしましょう。

 

広いスペースで暮らせる

 

地方と首都圏では土地の価格が大きく異なるため、広い家を建てやすいというメリットがあります。

 

同じ面積でも数千万円もの価格差があることも珍しくなく、家を建てるハードルもかなり低くなることでしょう。

 

また、地方自治体が行っている移住支援のうち、「空き家バンク」というものがあります。

 

空き家の所有者と、空き家を求めている移住者の橋渡しをしてくれるサービスで、広い家を安価で手に入れることもできますよ。

 

「広い家と広い庭、そして広い畑が欲しい!」とお考えの方は、地方への移住を検討してみてもいいかもしれませんね。

 

地方へ移住するデメリット

電車が来た

wooooooojpn-stock.adobe.com

 

続いて、地方へ移住するデメリットについてご紹介していきます。

 

就労の幅が狭い

 

地方は求人数や職種が限られており、首都圏に比べて就労の幅がかなり狭まってしまいます。

 

「移住したい地域はあるが、そこではやりたい仕事ができない」という状況に陥ってしまうことも珍しくはなく、それが原因で移住を諦めてしまう人も。

 

現代ではテレワークなども発達していますが、現地に赴かないとできない仕事が少なくないこともまた事実です。

 

移住先に携わりたい仕事があるかという点は、重視しておくべきでしょう。

 

近所付き合いを余儀なくされる

 

住民の少ない地方であればあるほど、ご近所同士の繋がりが強くなる傾向があります。

 

人と人との深い関わりにはメリットもありますが、必要最小限の相手以外とはなるべく接触したくないとお考えの方にとっては、かなり相性が悪いと考えられます。

 

また、「周辺地域に住む人がお互いの車種をすべて把握している」というような状況も珍しくはないため、プライベートをなるべく知られたくない方も、地方移住は向いていないでしょう。

 

交通機関が発達していない

 

交通のダイヤがかなり大らかな地方も多く、効率良く行動したい方や几帳面な方には、苦痛に感じられてしまうかもしれません。

 

時間通りに電車やバスが来なかったり、そもそもの本数が少ないことに憤りや苛立ちを覚えてしまいそうな場合は、移住について再度検討した方がよさそうです。

 

首都圏よりも教育水準が下がるケースが多い

 

子どもの首都圏と同質の教育を受けさせたいとお考えなら、地方移住はあまりおすすめできません。

 

教育に力を入れている地方もありますが、やはり水準が落ちてしまうケースが多いのだとか。

 

学校で学ぶことがすべてではありませんが、いずれ社会に出るにあたり、学歴が武器になることを否定することもできません。

 

もし、高水準の教育を受けさせたいとお考えなら、その基準を満たす教育が行われている自治体を調べてみてはいかがでしょうか。

 

地方移住を成功させるには比較検討がカギ!

はしゃぐ子ども

Qiteng-T-stock.adobe.com

 

100%地方移住を成功させる方法はありませんが、できる限り成功に近づけるためには、メリットとデメリットを適切に比較検討することが不可欠です。

 

良い面だけ、あるいは悪い面だけを見ていては、移住について真剣に向き合って考えているとは言えません。

 

地方移住のメリットとデメリット、両者を比較することが、ご自身にとって最良の選択に繋がりますよ。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る