移住支援を利用して熊本市へ移住しよう!

熊本県の政令指定都市・熊本市は、観光だけでなく移住先としても注目を集めています。熊本市は移住支援に力を入れている地域の一つですが、具体的にどのような支援を行っているのでしょうか。暮らしの魅力と共にご紹介していきます。

熊本県熊本市ってどんなところ?

 

熊本県熊本市は、九州の中央部に位置しています。九州では福岡市や北九州市に次いで大きな都市で、2012年には政令指定都市に指定されています。

 

寒暖差が大きいことに加え、冬から春への移り変わりは早く、夏は比較的長く続くという特徴がある気候です。

 

自然に恵まれていながら、都会性も持ち合わせている熊本県は、非常にバランスが良く暮らしやすさを感じる人も多いのだそう。

 

豊富な水資源があり、約74万市民の生活水道水をすべて地下水で賄っている点は、世界的に見ても非常に珍しいそうです。

 

田舎と都会の要素を兼ね備えており、食べ物や水が美味しいということで、移住先としても人気の高い都市の一つとなっています。

 

熊本市の移住支援を紹介

馬刺し

kei u-stock.adobe.com

 

熊本市の移住支援についてご紹介していきます。

 

移住支援金

 

熊本市では、市内への移住・定住の促進及び中小企業等における人手不足解消のため、東京23区(在住者又は通勤者)からの移住者に対し移住支援金を支給しています。

 

支援金の金額は、単身者の場合60万円、2人以上世帯の場合100万円で、以下の項目に該当していることが条件です。

【移住元に関する条件】

 

1、本市に住民票を移す直前の10年間のうち、通算5年以上、東京23区内に在住していた又は東京圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)のうち条件不利地域以外に在住し東京23区内へ通勤していた方

 

2、本市に住民票を移す直前に、連続して1年以上、東京23区内に在住していた又は東京圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)のうち条件不利地域以外に在住し東京23区内へ通勤していた方

 

※1、2共に満たしていること。

 

【移住先に関する要件】

 

令和元年10月16日以降に熊本市に転入し、移住支援金の申請日から5年以上、継続して居住する意思を有している方

 

【就業または起業に関する要件】

 

対象となる中小企業等に就職した又は熊本県起業支援事業に係る起業支援金の交付決定を受けた方

上記の他にも要件があり、その全てを満たす必要があります。詳しくは、熊本市のWEBサイトでご確認ください。

 

データ参照:東京圏から熊本市に移住して就業または起業された方に、“移住支援金”を交付します。 / 熊本市ホームページ

 

UIJターンサポートデスク

 

UIJターンサポートデスクでは、移住者の就職の悩みや、求人探し・案内などを行っています。

 

専門の就職支援員に相談することができ、応募書類の作成方法や面接のアドバイスを受けることも可能です。

 

また、暮らしに関する相談も受け付けており、移住支援員に対応してもらうこともできます。

1、仕事探しのサポート

2、暮らしのサポート

3、UIJターンを検討している人への情報発信

の3点を主軸としているので、移住に関する悩みや疑問がある方は積極的に利用してみましょう。

 

データ参照:UIJターンサポートデスクをご利用ください / 熊本市ホームページ

 

熊本市特定優良賃貸住宅制度(さくらシステム)

 

「熊本市特定優良賃貸住宅」とは、民間の土地所有者等が建設した優良な賃貸住宅を、熊本市が一定期間借上げ、住宅に困っている方に賃貸するものです。

 

加えて、熊本市に家賃の一部を一定期間補助してもらえるという嬉しいメリットも。物件にもよりますが、入居者の負担額は家賃のうち2/3程度に軽減します。

 

この制度を利用するためにはいくつかの条件を満たす必要があるため、詳しくは要綱をご確認くださいね。

 

データ参照:熊本市特定優良賃貸住宅制度

 

熊本市で暮らす魅力

水道水

kazoka303030-stock.adobe.com

 

熊本県で暮らす魅力について見ていきましょう。

 

水が美味しい

 

熊本市は、水道水が100%地下水という世界的にも珍しい市です。

 

「蛇口をひねればミネラルウォーター」というキャッチコピーもあるほどで、手軽に美味しい水を味わうことができます。

 

そのまま飲むだけでなく、毎日の食卓にならぶお米の炊き上がりにも大きな違いが生まれるほどですので、移住後の食生活にも良い影響を及ぼすと考えられますよ。

 

田舎と都会のバランスがちょうどいい

 

田舎と都会の具合がちょうどいいと感じる人が多いようです。

 

双方の調和が取れているので、「田舎過ぎて寂しい」「都会の喧騒が辛くなってきた」というようなストレスを感じにくいのだとか。

 

ほどよく居心地のいい環境なので、長く快適に暮らすことができそうです。

 

穏やかな時間の流れで生活できる

 

首都圏からの移住者の声として多く挙がるのが、「移住する前に比べてゆったりとした暮らしができている」という声です。

 

働き方が変わったという要素ももちろんありますが、温暖な気候や身近にある自然、新鮮で美味しい食材などが、その思いをより強くするのではないでしょうか。

 

心身共に豊かになったと感じる人も多いため、やがては定住へと繋がりやすくなると考えられますよ。

 

熊本市へ移住する際の注意点

加藤清正

Erics-library-stock.adobe.com

 

熊本市へ移住する際、注意しておくべき点をいくつかご紹介します。移住したことを後悔してしまわないよう、良い面だけではなくリスクにも目を向けておきましょう。

 

方言に苦戦することも

 

熊本の方言の中には標準語とはかなり異なる響きを持つものもあり、移住直後は聞き取るのに大変苦労したという声もあるほど。

 

また、耳馴染みのない方言は威圧的に聞こえることも珍しくはないので、余計に委縮してしまう人もいるのではないでしょうか。

 

虫が多い

 

熊本市は首都圏に比べて虫が多く、特にハチや羽アリに悩まされることも多いようです。

 

平気だという場合は問題ありませんが、虫が極度に苦手な方は再度じっくりと検討することをおすすめします。

 

人と人との距離感が近い

 

熊本市はご近所さん同士の繋がりが強い傾向があります。

 

人づきあいが好きな方にとっては理想的な環境なのですが、人とかかわるのが苦手、干渉されたくないという方には少々苦痛かもしれません。

 

すべての地域に当てはまるとは限りませんが、そのような傾向があることだけは押さえておきましょう。

 

支援制度を利用して熊本市に移住し、ゆとりのある毎日を送ろう

 

熊本市にはさまざまな移住支援があり、サポート体制も十分に整っているので、移住のハードルが比較的低いと言えるでしょう。

 

ゆとりある毎日を送りたいとお考えの方にとって、熊本市はまさに最適です。理想の移住生活を叶えるための候補として、熊本市をご検討されてみてはいかがでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る