天草市の移住支援とは?青い海に囲まれた天草市でスローライフを送ろう

美しい海に囲まれた天草諸島の中心に位置する、熊本県天草市。温暖な気候と自然に恵まれた環境に、移住先として心惹かれる人も多いそうです。天草市への移住を考えた時、気になることの一つが移住支援ではないでしょうか。天草市の移住支援について、詳しくご紹介していきます。

熊本県天草市ってどんなところ?

 

天草市は、熊本県南西部に位置し、天草上島と天草下島及び御所浦島などで構成された、

天草諸島の中心部に位置しています。

 

年間の平均気温は17℃前後と過ごしやすいことも特徴的です。夏は比較的涼しく、冬は暖かい海洋性の気候なので、天気に悩まされる機会も少ない傾向があるのだそう。

 

また、南蛮文化やキリシタンの歴史、自然の景観など、観光資源に恵まれた土地でもあります。

 

豊かな自然と温暖な気候を持ち合わせているため、移住先でゆったりとした暮らしがしたいとお考えの方には、まさにピッタリな地域ではないでしょうか。

 

天草市の移住支援を紹介

天草市1

Paylessimages-stock.adobe.com

 

天草市では、定住、移住サイト「あまくさライフ」を運営するなど、移住支援だけでなくその情報発信にも力を入れています。

 

天草市の移住支援の取り組みについて、いくつか取り上げていきましょう。

 

データ参照:あまくさライフ|天草市移住・定住サイト

 

長期滞在型体験施設「ダーチャかねやき」

 

「ダーチャかねやき」とは、一年を通じて四季を感じながら移住の体験できる施設を指します。利用期間は1カ月~1年間ですが、最長で3年間まで延長することができるのだそう。

 

利用料金は1棟月額30000円、その他に利用者が負担する料金は、以下の通りです。

・電気・ガス・水道の利用料

・ケーブルテレビ利用料及びインターネット利用料金

・浄化槽維持管理料

建物は全部で5棟ありますが、人気のある体験施設のため、予約が埋まっていることもしばしばあるようです。

 

気になる方は、まず天草市にお問い合わせをしてみてくださいね。

 

短期滞在型体験施設「かねやき倶楽部」

 

「かねやき倶楽部」は「ダーチャかねやき」の短期体験版です。施設は同じですが、こちらは1泊から利用することができます。

 

期間は最長で1カ月なので、「移住体験をしてみたいけど長期の滞在はできない」という方におすすめですよ。

・ミニキッチン

・浴室

・冷暖房

・冷蔵庫

などの設備がありますが、布団はレンタルとなります。なお、利用料は中学生以上1人につき1泊 2000円、小学生以下1人につき1泊 1000円です。

 

移住・定住サポーター

 

天草市では、移住・定住促進のため移住者への相談対応や、情報発信をしてくれる団体を「天草市移住・定住サポーター」として登録しています。 

 

なお、サポーターと市の役割はそれぞれ以下の通り。

【サポーター】

 

・移住者等からの相談対応、支援(移住者等との交流を含む)

・インターネット等による天草市の魅力又は天草市への移住・定住促進施策に関する情報の発信

 

【市】

 

・移住者等へのサポーターに関する情報の提供

・移住者等とサポーターの交流機会の提供 

・移住・定住促進施策に関する情報の提供

移住希望者や移住して間もない人に対し、先輩移住者で構成された団体が、地域と連携して移住者をサポートしてくれるという、大変心強い制度ではないでしょうか。

 

天草市で暮らす魅力

富岡城

japal-stock.adobe.com

 

天草市で暮らす魅力についてご紹介します。

 

新鮮な食材が簡単に手に入る

 

天草市では、野菜や海産物などの食材が非常に新鮮な状態で、しかも安価で手に入ります。

 

加えて、ご近所さん同士でいただきものをする機会も多いので、冷蔵庫が予想外に埋めつくされてしまうこともあるのだそう。

 

食材が美味しいと、自然と自炊をする機会も増え、食生活がみるみる整っていったという意見も多く聞かれます。

 

また、熊本県は水が非常に美味しい地域でもあるので、水道水でもゴクゴク飲めてしまうようですよ。

 

体に優しい環境

 

天草市は自然に囲まれた地域のため、空気が非常に澄んでいます。

 

首都圏からの移住者の中には、天草市に引っ越してから咳や湿疹の症状が改善したという人もいるのだとか。

 

慢性的な体調不良や謎の症状に悩まされている方は、試しに移住体験などをしてみて、体に優しい環境を一度味わってみるのもいいでしょう。移住のきっかけになるかもしれませんよ。

 

地域の繋がりが強い

 

ご近所さんとの交流が多い地域性があるので、人と人との温かい結びつきを求めて移住する方にとっては、まさに理想的な環境と言っていいでしょう。

 

また、お祭りや運動会、美化活動などのイベントも多く、地域の住民が一丸となって盛り上げるのだそう。

 

移住したての頃はどうしても遠慮してしまいがちになりますが、思い切って積極的に関わることで、地域の人々と良い関係が築けるのではないでしょうか。

 

天草市へ移住する際の注意点

天草市3

japal-stock.adobe.com

 

天草市へ移住する際、いくつか気をつけておくべき点があります。事前のリサーチを欠かさず、移住した際のギャップを極力減らせるようにしましょう。

 

収入が激減することも

 

移住に伴う転職により、収入が激減することも考えられます。特に、首都圏で働いていた方は収入の差に衝撃を受けることも珍しくないのだそう。

 

その分、生活に掛かる費用も低くはなるものの、慣れるまでは少し苦労してしまうことも想定されます。

 

交通の便があまり良くない

 

天草市は公共交通機関の数があまり多くなく、また首都圏との行き来に手間がかかります。例えば、飛行機で東京へ向かう場合、以下の行程を辿らなければなりません。

・熊本経由……天草空港→【天草エアライン(約20分)】→阿蘇くまもと空港→【飛行機(約1時間35分)】→羽田空港

 

・福岡経由……天草空港→【天草エアライン(約35分)】→福岡空港→【飛行機(約1時間40分)】→羽田空港

そのため、首都圏を頻繁に訪れる予定がある方にとっては、移住先として向かないのではないでしょうか。

 

下水道が整備されていない地域がある

 

天草市では、大半の地域で下水道が整備されておらず、小型合併浄化槽を設置しています。古い物件の場合は、汲み取り式の住居もあるそうです。

 

一部地域では整備されているケースもあるようなので、居住地を決める際は下水の有無についても調べておくと安心ですよ。

 

天草市の移住支援を利用し、大らかな暮らしを手に入れよう

 

大自然に囲まれた天草市の住民は、大らかな性格の方が多いのだそう。

 

それはひとえに、暖かい気候と自然と共に生きる生活が、人々をゆったりとした心持ちにさせるからではないでしょうか。

 

「田舎でスローライフ」という夢を叶えたい方は、支援を利用し、天草市へ移住することをご検討してみてはいかがでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る