シングルマザーの移住。親子の時間を増やしてゆとりある生活を手に入れよう!

子育ても仕事も家事も、1人の力で乗り切らなければならないことが多いシングルマザーの生活。逞しくいなければと、肩の力を抜くことが難しいこともあるかもしれません。シングルマザーの生活は決して楽ではありません。貧困に陥りやすいとも言われ、苦しい生活を余儀なくされる場合もあります。そんなシングルマザーの生活を少し豊かにする可能性を秘めた、シングルマザーの移住についてご紹介します。

移住を決めるシングルマザー

iStock/yulkapopkova

 

シングルマザーとして子どもを育てること。仕事も子育ても1人で担うというのは、想像以上に大変なものです。お金、時間に余裕を持つことも難しく、その日暮らしのようなゆとりのない生活を送る人もいるかもしれません。

 

そんなシングルマザーの中には、地方移住を決意する人がいます。地方自治体が行う地方移住支援を活用したことで、中心部での暮らしよりも穏やかな生活を送れるようになったいう声もあります。

 

移住の前にシングルマザーがすべきこと

iStock/PRImageFactory

 

いざ移住を決めた時に困らないように、まずは何をする必要があるのでしょうか。これだけは外せない、重要な2つの項目について考えてみましょう。

 

移住先での仕事を決める

 

移住先で生活をするための収入源の確保は、何よりも重要です。シングルマザー・シングルファーザーの移住支援をしている地方自治体では、積極的な就労支援をおこなっている場合もあります。中には、地方自治体が指定する業種に就労することを条件に、数々の補助金が交付されることもあります。

 

労働可能人口の確保という観点では、地方自治体にとってもメリットが多くあります。高齢化が進む地域では介護職やタクシー運転手の募集もあり、移住しながら地域への貢献度が高い仕事に就くこともできるでしょう。

 

シングルマザー歓迎としている企業もあり、就業先で同じ様な境遇の従業員に出会えたことが心強かった、いう声もあるようです。

 

子育て環境を知る

 

何よりも大切に考えたいのが、子どもの存在です。移住先で子どもが豊かに暮らすことができるのかは重要です。移住先で寂しい思いをしないか、笑顔が絶えない生活が送れるか、不安に感じる人もいるはずです。

 

移住先の保育施設、教育環境、子育て関連の支援制度。それらを上手に利用することで、他者・他所からの協力をどの程度受けられるのか、事前の確認は必須です。ひとり親家庭の支援のために、保育料や給食費が無料の場合や、養育補助金が支給されることもあるので、金銭面での負担がどの程度に抑えられるかも重要なポイントでしょう。

 

豊かな自然とゆとりある土地の中でのびのびと走り回る子どもの姿を見ると、移住して良かったと感じることもあるようです。親の心配をよそに、子どもの方が新しい土地の馴染むのが早いということもありそうです。

 

シングルマザーが移住をするメリット・デメリット

iStock/JGalione

 

シングルマザーが移住をするのは、決して簡単なことではありません。今の生活ばかりに目を向けるのではなく、将来的な明確なビジョンも持つと良いでしょう。メリット・デメリットをご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

メリット

 

  • ・生活費が抑えられる

 

移住支援制度を活用する場合には、さまざま補助金が交付されます。賃料や物価に関しても、都心部に比べると安価なことが一般的です。給与水準も低い傾向にあることから、収入が下がる場合もありますが、そもそも生活にかかる費用が減るため、生活が困窮するということはないようです。

 

地方の場合、戸建て住宅が安い賃料で借りられるケースもあり、広い庭の中で野菜の自家栽培をすることも可能です。ご近所さんから野菜のおすそ分けがあって、食費がかからないということもあるようです。

 

  • ・子どもとの時間が増える

 

シングルマザーの中には、パートを掛け持ちしながら朝から晩まで働きづめという人もいるようです。不規則な生活になることで、子どもと過ごす時間が確保しにくくなるというのもあり得ます。子どもに寂しい思いをさせているのではないかと、気に病むこともあるでしょう。

 

地方移住の場合、地方自治体が一定の収入を保障してくれていることもあり、1日中働きづめということはないでしょう。仕事と子育ての両立は負担の大きいものです。上手にバランスが取れれば、親子ともにゆとりのある生活が送れるようになります。

 

デメリット

 

  • ・交通アクセスが悪い

 

地方に遊びに出向くだけでも、交通アクセスの悪さを感じることはあります。中心部では当たり前のに見かけるバスでさえも、1時間に数本などどいうこともざらです。移住して地方で暮らす場合には、車を所有することは必須でしょう。

 

交通アクセスの悪さは、将来的にも課題になる可能性があします。子どもが高校生にもなると、通学にある程度の時間を要する場合があります。片道何時間もかけて通学するようでは、勉学に支障をきたします。実際、高校生からは寮に入ったり、親戚の家から通ったり、といった工夫をすることもあるようです。

 

また、定住して老後を迎えたときの自分自身の生活についても、移住前に少しでもイメージしておくと良いでしょう。

 

  • ・娯楽が少ない

 

近隣に大型商業施設や飲食店がないということがあります。週末にちょっと外出したいと思っても、なかなか難しいのが地方での生活です。

 

大きなレジャー施設やアミューズメント施設でなくても、ちょっと息抜きがしたいからカフェに……という生活はできないようです。流行の物を手に入れることが難しいこともあるでしょう。

 

娯楽が少ないからお金を使わずに済むという考えもありますので、デメリットばかりではないかもしれまん。

 

魅力がいっぱい!シングルマザーの移住

iStock/RyanKing9996

 

シングルマザーが大切にしたいのは、間違いなく子どものことでしょう。金銭的な負担をかけたくない、できるだけ一緒にいる時間を増やしたい。のびのびと育って欲しい、たくさんの友達に囲まれてほしい。親はいつだって、そんな思いを抱いているものです。

 

そのために最も重要なのは、親自身が豊かであることです。お金、時間だけでなく、心にゆとりを持って生活出来るかどうか、そんな姿を子どもに見せることが出来るかどうか。

 

新しい土地で心機一転、気持ちを新たにリスタートさせるもの魅力的な選択です。シングルマザーだからと引け目を感じるのではなく、前向きな気持ちを持って検討しみてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る