移住体験のお試し住宅に多い建物のタイプとは?移住体験の申込方法と注意事項も解説!

地方への移住を検討している人には、移住体験用のお試し住宅がおすすめです。移住者を積極的に呼び込んでいる地域ではさまざまな移住サポートの制度がありますが、お試し住宅もそのひとつ。移住体験用のお試し住宅のタイプや申込方法、滞在中の注意事項についてまとめました。

移住体験のお試し住宅とは?

田んぼの用水路

FRANK- stock.adobe.com

 

過疎化が進む地域などでは、移住者の呼び込みが積極的に行われています。その活動の一環として、その土地でのリアルな生活を体験できる「お試し住宅」を用意している自治体が少なくありません。

 

この記事では、移住体験用のお試し住宅にどのようなものがあるのかを紹介します。また、お試し住宅の利用に申し込む際の流れや注意事項も解説しますので、移住に少しでも興味のある人はぜひ、参考にしてください!

移住体験のお試し住宅のタイプ

移住体験用のお試し住宅は自治体によってさまざまですが、主に用意されているのは次のようなタイプの住宅です。移住の目的に合わせて、住宅のタイプを選べることもあります。

古民家タイプ

豊かな自然に囲まれた土地での、古民家暮らしに憧れを抱く人は多いのではないでしょうか。古民家を移住体験用のお試し住宅として利用している地域では、憧れの生活を体験できます。

 

毎日の家事を無理なくこなせるかは重要なポイント。不便さを楽しむ生活をしてみたい!という人は、囲炉裏やかまど、五右衛門風呂といった昔ながらの設備が残る古民家を探して移住体験をしてみてはいかがでしょうか。

 

一方で、リフォーム済みの古民家もあります。古い建物の趣きを楽しみながらも、利便性の高い生活を送りたいという人におすすめです。

一般的な住宅タイプ

現代的な建物のお試し住宅は、移住体験中でも普段とそう変わらないスタイルで過ごせることがメリットです。

 

慣れない土地での生活は、何かと戸惑うことも多いはずです。移住体験の本拠地となるお試し住宅が、親しみのある環境なら、リラックスして楽しみやすいのではないでしょうか。

 

また、このタイプのお試し住宅には電子レンジなどの家電や、Wi-Fi環境といった設備がそろっており、不便さを感じることは少ないようです。

アパート・マンションタイプ

移住を検討している人や、移住を決めて準備している段階の人が入るアパート・マンションを用意している自治体もあります。

 

一般的な短期賃貸マンションのように、必要な家具や家電は備え付け。自然が残る地域にしては、利便性の高いエリアに立地していることが多いようです。

 

また、隣近所に移住仲間が居るのは心強いのではないでしょうか。

ホームステイ型

地元の一般家庭に滞在する、ホームステイ型の移住体験では住宅のタイプはさまざまです。

 

農業を営む家族のもとで暮らして野菜の収穫を手伝うなど、より地域に密着した体験ができることが特長でしょう。

 

また、お世話になる家族やご近所の人々と交流する機会が多く、移住した後も暮らしに溶け込みやすいメリットがあります。

移住体験のお試し住宅に申し込むには?

移住体験してみたい!お試し住宅を利用したい!と思ったらぜひ積極的に動いてみましょう。実際の移住はそう簡単に決められることではありません。しかし、期限の決まった移住体験ならば、比較的気軽にチャレンジできますよね。

 

まずは、興味のある地域の自治体で、移住者の募集があるかどうかを調べましょう。インターネットで「○○村 移住」などと検索すれば、情報が出てくるはずです。

 

移住者募集の情報が見つかったら、募集要項をよく読んでください。地域によっては年齢に制限があったり、家族単位での移住のみを募集していたりする場合があります。

 

また、宿泊費や交通費の負担がどのようになるのか、滞在日数は何日なのかといった条件面もチェックし、無理なく参加できるものを選びましょう。また、移住体験の手続きには日数がかかる場合が多いので、余裕をもって申し込みをしてくださいね。

 

そして移住体験のお試し住宅は、ただ滞在して終わりではありません。自治体の関係者による地域の案内や、職業体験などがセットになっていることがほとんどです。無料・格安で泊まれるからといって、ホテル代わりに使うことはできないので注意しましょう。

移住体験のお試し住宅を利用する際の注意事項は?

ラッキーエース- stock.adobe.com

 

見知らぬ地域や住宅での生活を円滑に楽しむためには、注意すべきポイントがあります。まず、冬場の寒冷地に滞在する場合は、水道管の凍結に気を付けてください。

 

温暖な地域で暮らしている人や、鉄筋コンクリートの集合住宅に住んでいる人にはなじみのないことかもしれませんが、水道管の中に残った水が凍る恐れがあるのです。

 

水抜きをする、凍結防止ヒーターの電源を入れるなど、対処方法は建物によって異なります。自治体の担当者に必ず確認してくださいね。

 

また、石油ストーブやガスストーブなど、不慣れな設備を使う際は事故が起こらないように細心の注意を払いましょう。

移住先での仕事探しは転職エージェントに相談しよう

移住を考える際、ネックになりやすいのは移住先での仕事探しではないでしょうか。自然に恵まれたのどかな地域であるほど求人件数は少ない傾向にあります。

 

移住者への仕事のあっせんをしている自治体もありますが、より効率的に仕事探しをするなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

 

転職エージェントは非公開の求人情報を持っていることが多く、希望を伝えればマッチする企業の求人を探して、紹介してくれる可能性があるのです。

 

私たちおもてなしHRは、ホテルや旅館に特化した転職エージェント。温泉地・リゾート地への移住を検討している人は、ぜひ登録だけでもしておきましょう。エントリーから入社まで、完全無料でしっかりサポートします!

 

なお、年齢別の移住のポイントやお得な移住制度については以下のページでまとめて紹介しています。

 

年齢別!移住のポイントをまとめて見てみよう

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る