人材紹介をご希望の企業様
お電話での相談はこちら
0120-990-535
受付時間 10:00〜20:00 (平日)
転職マニュアル

ホテル・旅館の転職をするタイミングと時期は?

「転職しようかな……」心の中にそんな気持ちが生まれたら、次に考えるべきはタイミングですよね。転職活動を始める時期、今の職場を退職して新しい職場で働き始める時期……なるべく効率よく、スムーズに行いたいと思うでしょう。当記事では、転職に適した時期やタイミングについて解説しています。一般企業とは少し違ったホテル・旅館業界にも応用できる内容となっていますので、転職を検討し始めたあなたは、ぜひチェックしてみてください。

転職市場が活発になるタイミングはいつ?

面接を受けるのを待つ人たち

iStock/skynesher

 

まず、一般的に転職市場が活発化するタイミングを知っておきましょう。これは一般企業も、ホテル・旅館も大きくは変わりませんので、基本知識として頭に入れておいて損はありません。

 

年度始まりの4月

新卒や第二新卒がまとめて入社する年度始まりの4月は、特に転職市場が活発化する時期と言えます。正しくは、4月に入社するためなので2~3月がそうですね。

 

この時期は転職希望者が多く、また新体制に備えて企業側も求人数を増やす傾向があります。これはホテル・旅館においても同じなので、4月入社に滑り込むことができれば、他の新入社員と一緒に手厚い指導・教育を受けるチャンスに恵まれます。

 

ホテル・旅館で働きたいけれど経験がないor浅い場合、4月入社を目指すのがおすすめの方法です。

 

下半期始まりの10月

下半期がスタートする10月も、転職市場に動きが見られます。9月~10月にかけて企業からの求人数が増え、転職希望者の活動が活発化する傾向があります。

 

ホテル・旅館業界においても、秋の行楽シーズンや年末年始の繁忙期に合わせて人員を補充・育成したい狙いがあるため、採用に対する意識も高くなっています。

 

転職に狙い目のタイミング

パズルのピース

iStock/tadamichi

 

転職希望者が多い時期が、イコール転職に適した時期とは限りません。転職を考える際、狙い目といえるタイミングについて紹介します。

 

ライバルが少ない時期

一般的に転職希望者が増えるのは、上で述べた通り2~3月または9~10月です。一方、8月や12月は長期休みやイベントごとが多いためプライベートの予定を優先させがちとなり、転職市場の動きはにぶい傾向があります。ライバルが少ない時期なので、転職タイミングとしては狙い目だと言えますね。

 

資格を取得してから

もし現在、ホテル・旅館業務に関わる資格の取得を目指しているのであれば、まずは資格取得に注力することをおすすめします。資格を取得後に転職活動を始めれば履歴書に書けますし、仕事に対する意欲が高いと前向きな評価につながるでしょう。

 

また、転職してすぐは仕事に慣れるのに忙しく、資格勉強のために時間を取れない可能性が高いです。

 

管理職を狙うなら実績を積んでから

ゆくゆくは管理職でも働きたいと考えているなら、現在の職場である程度の実績を積んでから転職活動を始めた方が良いでしょう。第二新卒でない中途採用の場合は即戦力を求められることが多く、実務経験があった方が転職に有利だからです。

 

また、管理職になって日が浅いうちに転職すると、「責任感がない」「またすぐに辞めるのでは?」というネガティブな印象を与えかねません。

 

転職活動を始めるにあたっての注意点

ビックリマークとつま先

iStock/Valeriy_G

 

転職活動を始めるにあたって、注意すべきポイントを挙げました。

 

現職の引き継ぎ期間を考慮する

転職活動期間の平均は、3カ月ほどと言われています。また転職が決まり、今の職場に退職の意向を伝えた後も、後任への引き継ぎ期間が必要です。

 

立つ鳥跡を濁さずという言葉があるように、今までお世話になった職場を気持ちよく旅立てるよう、転職には十分な期間を見ておくと良いでしょう。

 

繁忙期を避ける

ホテル・旅館業界の繁忙期といえば、大型連休や年末年始、行楽シーズンなどがありますよね。この時期にスタッフに抜けられるのは痛手ですし、新しく入ってこられても十分な指導が行えません。転職を希望するあなたのためにも、どちらのホテル・旅館のためにも、繁忙期の転職は避けるのが無難でしょう。

 

「なぜ転職したいのか」を把握する

そもそもあなたはなぜ、転職したいと思ったのか?実際に行動を起こす前に、一度考えてみてください。実は、自分自身のことにもかかわらず、意外と把握できていない人が多いのです。

 

例えば収入面に不満があった場合、年収だけチェックすればよいと考えがちですが、そうとは限りません。自宅からのアクセスや人間関係、スキルアップできる環境か……など、もっと総合的に判断する必要があります。

 

もし今の職場で「自宅から近いし人間関係にも恵まれているけど、収入だけが不満」だからと転職して、「年収はアップしたが通勤時間が倍になり、人間関係もギスギスして働きにくい」職場に当たってしまったらどうでしょうか。転職に成功したと言えるかどうかは、微妙なところですよね。

 

プロの転職コーディネーターからアドバイスを受けることで、こうした不測の事態を未然に防ぐことができます。必要に応じて、ぜひ活用しましょう。

 

転職のベストタイミングは、自分が転職したいとき

ななめ上を見上げる男性

iStock/taa22

 

求人数が増加し転職市場が活発する時期、逆にライバルが少ない時期などいろいろとありますが、いずれにせよ「自分が転職したい」「良い求人を見つけた」ときがベストなタイミングと言えるでしょう。「今!」と思ったときに動けるかどうかは、あらかじめどれだけ転職の準備を進め、情報を集めていたかに左右されます。

 

まずはおもてなしHRに登録し、求人情報を眺めることから始めてみませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事