一人旅の長期滞在客が増加!長期滞在のお客様に選ばれるホテルにするためには?

昨今、一人旅の長期滞在客を受け入れるホテルが増えています。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、一人旅に注目が集まったのです。一人旅をするお客様は、どのような目的でホテルを利用するのでしょうか。一人旅の長期滞在客に選ばれているホテルの特徴をご紹介しますので、客室稼働率向上のヒントにしてみてください。
- stock.adobe.com

一人旅の長期滞在客をホテルに呼び込もう!

旅行

ponta1414 – stock.adobe.com

 

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、一人旅の人気が徐々に高まっています。グループ旅行を避け、ひとりで出かける人が増えたのですね。

 

一人旅の長期滞在旅行で人気のエリアは、京都などの観光スポットが多い地域や、数日に1度しか船が来ない離島など。一人旅には自分のスケジュールさえ調整すればよいという利点があるので、まとまった休みを作り、1週間以上の長期滞在旅行をする人も居るのです。

 

そんな一人旅で長期滞在するお客様は、ホテルにどのようなことを求めているのでしょうか。一人旅の目的や、一人旅の長期滞在に適したホテルの特徴を考え、新たな時代の需要に応えましょう!

 

一人旅で長期滞在をする人の旅の目的とは?

あえてひとりで旅をするのはなぜなのでしょうか。一人旅で長期滞在をする人々の旅の目的を押さえておきましょう。

 

趣味を楽しむ・教養を高めるための旅

  • ・好きな乗り物に乗りたい
  • ・漫画の舞台になった街を聖地巡礼したい
  • ・特定の店舗でしか販売されないグッズを買いに行きたい
  • ・パワースポット巡りをしたい
  • ・工業地帯の写真を撮りたい
  • ・マニアックな分野の博物館に行きたい

このように、自分の世界を持っている人は、趣味を楽しみ、教養を高めるための一人旅をします。誰かと一緒の旅行と違って遠慮が要らず、思う存分好きなモノ・コトを満喫できるのですね。

 

疲れた心身を癒やすため

のんびりと心身を癒すため一人旅をする人も居ます。仕事を成し遂げたご褒美旅行だったり、あるいはセンチメンタルジャーニーだったり。

 

同行者に気を遣う、振り回されるといったことがない一人旅なら、しっかりリフレッシュできるでしょう。

 

旅先の土地をじっくり・気ままに楽しむため

同行者が居る旅も楽しいものですが、相手の希望に合わせ、自分の希望を諦めなければならない場面もありますよね。また、疲れていてもついつい無理してしまいがちではないでしょうか。

 

その点、一人旅なら気に入ったスポットに長時間居ても良し、疲れた日は早めにホテルに戻って休んでも良し。本当の意味で旅を楽しむなら一人旅がベスト!という意見もあります。

 

一人旅・長期滞在のお客様にとって快適なホテルとは

シンプルな客室

tatsushi – stock.adobe.com

 

長期滞在の一人旅をする人は、どのような基準でホテルを選ぶのでしょうか。一人旅の長期滞在で選ばれることの多いホテルの特徴をご紹介しますので、連泊のお客様獲得のヒントにしてみてくださいね。

 

シンプルステイのホテル

趣味・教養のための一人旅をする人は、宿泊場所にはお金を掛けない傾向にあります。清潔で安全な寝床を確保できれば良い!ということで、シンプルで安く泊まれるホテルが好まれるのですね。

 

長期滞在であれば、価格の安さはなおさら重要でしょう。素泊まりプランや朝食バイキング付きプランがあるカプセルホテル・ビジネスホテルなどは一人旅の定番です。

 

コンシェルジュの居るホテル

地域を深く味わいたい、あまりスケジュールを立てずに気ままな旅を楽しみたいという人にとっては、コンシェルジュが居るホテルが嬉しいのではないでしょうか。

 

近隣の見どころを教えてくれたり、各種チケットを手配してくれたりするホテルコンシェルジュは、一人旅の強い味方です。

 

体験型サービスがあるホテル

今の旅行のトレンドは「体験すること」です。旅行を通して健康的な生活を考える「ヘルスツーリズム」や、自然と触れ合う「グリーンツーリズム」も人気。コロナ禍の中では難しい部分もありますが、ヨガ体験やトレッキングツアーといった体験型のサービスを提供しているホテルも一人旅、長期滞在のお客様に人気です。

 

何かしらのアクティビティがあることで、飽きずにホテル滞在を楽しめるのですね。体験型旅行については以下の記事もご参照ください。

 

ニューツーリズムで実現する体験型旅行とは?

 

旅行者のニーズに応える体験型宿泊施設とは?人気の理由やホテルの事例を解説!

 

おこもりを楽しめるホテル

心身を癒すやためにひたすらのんびりと過ごしたい人や、3密を避けてリフレッシュしたい人には、出歩かずに楽しめるホテルが人気です。

 

たとえば、客室に温泉があって湯ごもりができる宿や、図書館付きのブックホテルなどがあります。以下の記事を参考に、新たなおこもりプランを検討してみてくださいね。

 

3密を避けて温泉を楽しむ「湯ごもり」とは?湯ごもりの事例や旅館にもたらすメリットを解説!

 

読書がコンセプトのホテルや旅館!ブックホテル・本の宿の強みに迫る!

 

一人旅で長期滞在するお客様向けプランを考えてみよう

くつろぎ

K-Angle- stock.adobe.com

 

今回、一人旅で長期滞在する人に適したホテルのタイプやサービスを解説しましたが、一人旅・長期滞在のお客様を迎えるにあたっての課題もあります。

 

たとえば、シンプルステイのホテルは滞在中に退屈しがち、コンシェルジュが居るホテルは高級路線でシングルルームがない、体験型サービスはひとりでは参加しづらいといったことです。

 

一人旅・長期滞在のプランの導入を検討しているホテルは、ひとりで長期滞在するお客様の気持ちになり、かゆいところに手が届く宿泊プランを考えてみてはいかがでしょうか。

 

なお、ホテルの長期滞在に関する記事は以下のページでまとめて紹介しています。併せてご参照ください。

 

ホテルのロングステイ(長期滞在)がもつ需要をまとめて解説!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る