ホテル業界の転職に年齢は関係ある?ホテルの業界動向や転職事例をあわせて解説

ホテル業界では、未経験歓迎の求人も少なくありません。しかし、年齢について言及されることはほとんどありませんよね。ホテル業界の転職に、年齢は関係あるのでしょうか。業界の転職事情をはじめ、20代・30代・40代・50代の採用動向、異業種転職の事例をご紹介します。

ホテル業界の転職事情

暗号

kyonntra- shutterstock.com

 

まずは、ホテル業界の転職事情について理解を深めていきましょう。

 

需要の高い業界

インバウンド需要の高まりや、2020年に開催された東京オリンピックに向けて、宿泊施設数が増えていたことが記憶に新しいという方も多いでしょう。

 

外国人観光客の受け入れ体制を強化するために、多言語対応などのハード面や、スタッフを増やすなどのソフト面まで見直しを行ったホテルも少なくありません。

 

2021年7月時点、新型コロナウイルスの影響で勢いは鈍化したものの、観光は人の心の拠り所。ポストコロナ時代の需要増に向け、採用強化・スタッフ育成などを粛々と進めるホテルもあることを押さえておきましょう。

 

男女ともに活躍の場がある

ホテルでは、さまざまな職種のスタッフが働いています。そのため、男性は体力が必要な業務やマネジメント、女性はホテルに華を添える、新しい風を吹かせるなど、男女ともに活躍の場が多い業界なのです。

 

特に近年では、女性の活躍推進に積極的で、2019年10月に開催されたG20観光大臣会合では、「観光分野における女性活躍推進に向けた行動」が採択されたほど。これまで以上に、女性の活躍の場が広がることが予想されます。

 

参照:観光をめぐる最近の状況について / 観光庁

 

採用は人柄重視が多数

ホテル業界は、前職の経験よりも人柄を重視する傾向が強い業界です。未経験者を歓迎するホテルも多く、対象は新卒者や第二新卒をはじめ、30代以上のミドル世代が採用されるケースも少なくありません。

 

特に、サービス業界で管理者などを経験していれば、マネージャーポジションの採用なども可能性はゼロではないでしょう。年齢に対する制限もそこまで厳しいものではないため、転職のハードルは比較的低いといえます。

 

ホテル業界の転職は年齢がマイナスになるとは限らない

転職の際、多くの人は年齢を気にしますよね。世間では、「35歳限界説」なども聞かれます。しかし、ホテル業界は年齢によって自分の働き方を合わせることも可能なほど、多くの職種があります。ホテル業界の年齢別の働き方をみていきましょう。

 

20代から30代前半は活躍の場が広い

20代から30代前半にホテル業界へと転職した場合、キャリアプランをゼロから築くことも可能です。例えば、フロントスタッフや客室清掃からキャリアをスタートさせ、徐々にスキルをあげて他の職種やポジションに就く、というキャリアプランはよくあります。

 

また、未経験からのスタートでもフロントスタッフなどの接客だけでなく、総務や調達などの管理部門を目指すことも可能です。若年層であればあるほど、転職後のキャリアプランの修正が容易になりますので、転職は早めの決断が重要です。

 

20代・30代のキャリアアップで人生が決まる?転職・資格取得などの方向性の決め方を解説

 

40代から50代でも働くことは可能

40代以上の転職でも、活躍の場があるのがホテル業界です。特に、今まで接客業や販売業で管理職の経験があれば、未経験でもマネージャークラスで採用されることもあり得るでしょう。

 

また、総務や人事のキャリアを積んでいる場合には、前職以上の待遇やキャリアアップ、年収アップなどの好条件になる可能性も。大手企業での経理経験が10年以上などのキャリアであれば、ホテル業界でも評価される可能性が高いといえるでしょう。

 

評価はこれまでのキャリアとスキルで変わる

ホテル業界に転職する場合、年齢はひとつの要素でしかありません。

 

20代から30代前半であれば、求人の多いフロントスタッフや客室清掃、施設管理などの業務につきながら、全く新しいキャリアを積むことも可能です。ゼロからキャリアを積んだとしても、業務を通して専門性を高められるため、大きな問題はないといえます。

 

一方40代から50代の転職は、今までのキャリアやスキルが関連するものであれば、ホテル業界でも高く評価される可能性が高いでしょう。

 

とはいえ、これまで関連する業界で働いた経験がなく、スキルも全く活かせない場合は、待遇を上げることは難しいかもしれません。また、体を動かし続ける業務は年代的に過酷になる場合があります。

 

ホテル業界は、幅広い人材を受け入れており、さまざまなスキルを活かせる場所です。そのため、これまでのキャリアが転職後の自分を助けてくれるケースも少なくないでしょう。年齢によって評価は変わるものの、働く場所や職種が多いホテル業界には、十分なチャンスがあるといえます。

 

異業界からホテル・宿泊業界に転職した事例

履歴書

GCShutter- shutterstock.com

 

未経験者歓迎のホテルも少なくない、とご紹介しましたが、未経験の採用実績がなければ安心して転職活動を進められませんよね。ホテル業界への転職事例をご紹介しますので、異業種からの転職検討者はぜひ参考にしてみてください。

 

事例1:20代で建設業からホテルの施設管理へ

20代で建設業界からホテル業界に転職したこの方は、別業種であったものの、建設業でさまざまな設備の管理・取り扱いをした経験や、コミュニケーション能力を活かし、ホテル業界の施設管理に挑戦。現在も、スタッフとのコミュニケーションを密にとりながらホテルの施設管理を行っています。

 

事例2:40代で販売業のマネージャーからフロントマネージャーへ

40代で販売業のマネージャーからホテル業界に転職したこの方が、転職後に就いた役職はフロントマネージャー。最初の不安は大きかったものの、周りの力を借りながら前職の経験を活かし、現在も活躍中とのことです。

 

事例に挙げたように、ホテル業界は人柄やホテルに通じる経験を重視した採用が多く、年齢が若年層であればあるほどキャリアプランの再構築も難しくありません。自分がどのような業務を通じ、どのようなキャリアを築きたいのかが明確であれば、きっと転職は成功できるはずですよ。

 

ホテル業界の転職に年齢は関係ない!

受付

metamorworks- shutterstock.com

 

ホテル業界は、離職者が多い業界として知られています。その一方で転職者も多いため、入職のハードルは低い業界といえるでしょう。

 

実際に20代~50代まで転職実績があることに加えて、異業種からの転職者も少なくありません。若年層であれば、ゼロから学んだとしてもスキルアップや自分の意向に沿ったキャリアアップが可能になりますので、気になる方は早めに転職活動に臨むことをおすすめします。

 

ある程度の年齢になっても活躍の場があるホテル業界。年齢に不安を覚える方は、転職エージェントに相談しながら転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る