ホテル業界は学歴不問の求人が多い?転職に活かせる資格や経験を紹介!

ホテル業界への転職は、学歴を必要としないものも多いもの。なぜ、学歴不問の求人が多いのでしょうか。また、学歴以外に重視されるものはあるのでしょうか。ホテルへの転職に役立つ、資格と経験を併せてご紹介します。

ホテル転職者の学歴事情とは?

講義後の女性

iStock/nathaphat

 

ホテルで働く人の学歴、経歴はさまざまです。学歴不問の求人が多くありますが、実際にはどの程度の学歴が必要とされるのでしょうか。

 

必要な学歴

ホテルによって、応募に必要な学歴は異なります。多くは、高校卒業を必須としていますが、大手ホテルのなかには、専門学校卒業、短大卒業以上を必須としている場合もあります。

 

また、学歴不問であっても、社会人経験が必要であったり、職種によっては接客業経験者が優遇されることもあるようです。

 

転職者はホテル専門学校出身者も多い

とあるホテル雑誌出版社の調べでは、2020年度のホテルの採用人数は、大卒よりも専門卒が多かったという結果になりました。4大卒以上の学歴が必要という風潮が強まるなか、ホテルはまだまだ実力で勝負できる学歴不問の業界、と捉えることもできるでしょう。

 

ホテルの専門学校には、ホテル科・観光科などがあります。ホテルマンに必要な知識や技術を学ぶことができるだけでなく、外国語やマネジメントを学ぶカリキュラムを用意している学校も少なくありません。なかには、海外研修がある専門学校も。


また、専門学校在学中に、ホテルでの実習・や資格取得も可能なため、就職後には即戦力として働くことができます。夜間部が設置されている専門学校もあるので、社会人が働きながら学ぶこともできそうです。

 

学歴不問のホテルが多い理由は転職者の特性にある

ベッドメイキング

iStock/DragonImages

 

ホテル業界で学歴不問の求人が目立つのは、人物重視のホテルが多いことが関係しています。なぜホテルは人物重視なのでしょうか。どのような人物が求められているのかと併せ、ご紹介します

 

なぜ学歴より人柄が重視されるのか

ホテルの転職を目指す方であれば、一度はホスピタリティという言葉を耳にしたことがあるはずです。心構えや気構えといった心得のをことを指すホスピタリティは、「思いやり」や「心からのおもてなし」などを意味して使われることも多くあります。

 

このホスピタリティは、お客様の意図や要望を感じ取り、目に見えるかたちで具現化するホテルマンにとって、切っても切り離せないマインドです。

 

そして、ホスピタリティが必要になるのは、お客様のみではありません。お客さまに満足していただくサービスを提供するには、大勢のホテル従業員とのチームプレイが必要なのです。

 

ホテルには多くの職種があり、業務は細分化されています。例えば、フロント、ベルスタッフ、ハウスキーパー。一見すると別々の仕事のようですが、客室の清掃、お出迎え、ご案内の一連の業務には、それぞれの連携が不可欠です。伝言ミスや、連係ミスが起これば、お客様が 満足するサービスの提供はできません。伝達力や協調性が求められます。

 

ホテル業は人と触れ合う仕事です。学歴だけでは会得できない「人間力」が必要な業務が多いことが、人物重視といわれる理由でしょう。

 

どんな人が向いているのか

「人のために何かをしてあげたい」「人が喜ぶ姿を見ると自分もうれしくなる」

 

ホテルで働く人は、少なからずこのような気持ちを抱いています。接客業の経験などで、「ありがとう」と言われることに喜びや、やりがいを感じたことはありませんか。「人に喜ばれるのが好きな人」はホテル業に向いているといえます。

 

また、お客様の要望は一人ひとり異なります。サービスのかたちもひとつではありません。そのため、時にはマニュアルにとらわれない臨機応変な対応を求められることがあります。お客さまの求めていることを即座に判断し、言われる前に行動する、能動的な姿勢が必要です。

 

よって、「自分から積極的に動くことができる人」もホテル業に適しているといえます。

 

ホテル業界で働くのに活かせる経験

iStock.com/tdub303

 

ホテル業界へ転職する人の経歴はさまざまですが、アパレル販売や飲食店などでの接客経験があれば転職は有利になることでしょう。実際に、過去の接客経験から、さらに高いレベルを求めて転職を考えるも多いようです。

 

また、ホテル業務のなかには、一般企業と同様に総務や経理といった業務もあります。接客以外の経験を活かすことも充分可能です。

 

未経験でも応募可能な職種も多く、入職後に充実した研修が受けられるホテルもありますので、気になる方はぜひチャレンジしてみてくださいね

 

学歴不問のホテルへの転職に有利になる資格は?

チェックイン

iStock/Hispanolistic2

 

いくら学歴不問と言えど、ホテル専門学校や観光にまつわる学問を学ばなかった方であれば、転職に不安を覚えるもの。もし、学歴に自信がないということであれば、資格で自信をつけるのもひとつの手です。ホテル業界の転職に有利になる資格をご紹介します。

 

ホテル業に特化した資格

前提として、ホテルへの転職は資格が必要ないことがほとんどです。

役立つ資格は、サービスやマーケティング・総務人事・経理会計などのマネジメント業務や実務知識を習得することを目的とした、「ホテルビジネス実務検定」「ホテル実務技能認定試験」などの資格でしょう。将来的に、マネジメントに携わりたい場合は、取得をおすすめします

 

ホテルの実務知識が学べるホテルビジネス実務検定試験。資格取得方法や試験の内容

 

ホテル業界で必要な実践力を学べるホテル実務技能認定試験。テスト内容や取得方法について

 

ホテル業界にも活かせる資格

海外からのお客様の増加に伴い、語学力が必要とされることが多くなりました。英語での対応を求められる業務では、「TOEIC」のスコアを採用の基準に設けている場合もあります。

 

最近では、アジア圏からのお客様も多くなっているため、中国語や韓国語の語学力も活かすことができます。ほかには、サービス業に必要な「おもてなし」の心構えや、接客応対の知識・技能を評価する「サービス接遇検定」も、ホテル業に役立てることができるでしょう。

 

宿泊業の転職に有利なTOEICの取得。テストの内容やスコア取得について

 

宿泊業に活かせるサービス接遇検定。テスト内容や資格取得方法について

 

学歴不問の求人が多いホテル業界へ転職しよう!

フロント 女性

iStock/davidf

 

ホテルはサービス業の最高峰といわれることがあります。お客様との関わりを通して、一流の接客スキルを身に付けることができます。お客様の要望が高ければ高いほど、必要とされるスキルも高くなります。

 

丁寧な言葉遣いや物腰の柔らかさ、姿勢の正しさ。こういったことが仕事を通じて自然と身に付くのは、ホテル業の特権かもしれません。これらの接客スキルは、一生の財産になるはずですので、気になる方はぜひ転職活動に臨んでみてはいかがでしょうか。

 

学歴不問のホテル探しにおすすめしたいのは、転職エージェントです。当サイト「おもてなしHR」は、宿泊業に特化した転職支援サービス。登録をするだけで、アドバイザーがあなたにぴったりのホテルを探し、転職活動をサポートいたします。ぜひ一緒に、一歩を踏み出しましょう!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る