ホテルのサービス料には消費税がかかる!ぞれぞれの計算方法について紹介

日本特有の料金制度でもある「サービス料」。聞いたことはあるけど、なぜかかるのか分からないという方もいるかもしれませんね。サービス料には、消費税もかかります。良く分からないまま支払っていたり、支払うことに疑問を持っていたりする方もいるでしょう。ホテルのサービス料、消費税の計算方法について紹介しますので、参考になさってください。

目次

    ホテルのサービス料と消費税の仕組み

    iStock.com/kazuma-seki5

     

    ホテルのチェックアウト時に発行される明細書をじっくりと見てみたことはありますか?

     

    合計金額を提示され支払いは済ませたものの、明細を改めて見ると、これって何?ということもありそうです。

     

    特にホテルならではとも言える「サービス料」には疑問を持つ方もいるかもしれませんね。

     

    さらに良く見ると、サービス料にも「消費税」がかかっている……。サービスに対して消費税?と不思議に思うこともありそうです。

     

    ホテルのサービス料と消費税の仕組みを良く理解していないという方は少なくないでしょう。

     

    良く分からないものには、気持ち良くお金を払うことはできませんよね。

     

    サービス料と消費税の仕組みを確認してみましょう。

    ホテルのサービス料はなぜかかる?

    iStock.com/marchmeena292

     

    そもそも、ホテルではなぜサービス料がかかるのでしょうか。

     

    請求側のホテル従業員もよく理解できていないこともありそうです。

     

    サービス料とは、サービスを提供する施設に対し、基本となる料金に上乗せされる料金のこと。

     

    スタッフの働きへの対価としてホテル以外にも、飲食店などで請求されることがあります。

     

    サービス料は、欧米でいう「チップ」に相当するものです。欧米には、荷物を運んでくれたり、清掃をしてくれたりしたホテルスタッフに対して、チップ(謝礼)を払う文化があります。

     

    日本ではチップが定着しなかったことから、サービス料が設定されたと言われています。

     

    サービス料を請求する施設は、サービス料がかかる旨を料金表はホームページなどに明記しなければなりません。

     

    サービス料は、サービスを提供する側の施設が設定しているもので支払う義務があります。

     

    料金の規定を見落としていたり、サービスに満足していなかったりしても、必ず支払わなければならないのです。

     

    ホテルのサービス料については下記の記事でも詳しく紹介しています。併せてご参照ください。

    ホテルのサービス料と消費税の計算方法

    ホテル

    Yakobchuk-Olena – stock.adobe.com

     

     

    ホテルのサービス料には、消費税もかかります。消費税についてはなんとなく理解していても、サービス料に対する消費税については分からないということもあるでしょう。サービス料、消費税の計算方法について紹介します。

     

    サービス料の計算方法

     

    ホテルのサービス料は、宿泊費の10%~15%に設定されていることが多いようです。

     

    一泊の基本料金が10000円、サービス料が10%の場合の計算方法は、下記の通りです。

     

    ・10000×10%=1000

     

    室料とサービス料を合わせた宿泊料金は11000円ということになります。

     

    サービス料の値上げを発表する国内大手ホテルも出てきています。宿泊前に、どの程度のサービス料がかかるのか、確認しておくと良いでしょう。

     

    消費税の計算方法

     

    サービス料にも10%の消費税がかかります。

     

    一泊の基本料金が10000円、サービス料が10%の場合、消費税の計算方法は下記の通りです

     

    ・(10000+1000)x10%=12100円

     

    消費税はサービス料のみにかかるものではありません。

     

    室料に消費税がかかるのは分かるけど、目に見えないサービスにもかかるの?と違和感を覚えることもありそうですが、サービスはホテルが販売する商品です。

     

    商品に消費税がかかるのは当然のこと。客室もサービスも、ホテルが提供する商品なのです。

    サービス料がかからないホテルはある?

    ホテルの客室

    GeorgeTsamakdas-stock.adobe.com

     

    サービス料がかかるのは、シティホテルやリゾートホテルなどです。ビジネスホテルでは、かかりません。

     

    中には、サービス料無料とうたっているホテルもあります。

     

    宿泊予約サイトなどに提示されている金額の中に、サービス料が含まれている場合、別途サービス料が請求される場合があります。

     

    基本料金の10%ともなると、金額によってはサービス料だけでも高額になりますので、予約前にサービス料の規定を確認するようにしましょう。

    サービス料と消費税の仕組みをお客様に伝えられるようにしておこう!

    iStock.com/zhudifeng

     

    サービス料は知っているけれど、なぜかかるのか疑問を持つ方もいるでしょう。支払う側も請求する側も、理由や仕組みが分かっていると、ホテルステイはさらに気持ちの良いものになりそうです。

     

    ホテルの仕事に興味をお持ちの方は、お客様に説明できるようにしておくと良いかも知れませんね。

    積極採用中!ホテル・旅館の求人

    求人をもっとみる

    ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

    必須企業名

    ご担当者様名を入力してください

    必須ご担当者様名

    ご担当者様名を入力してください

    必須メールアドレス

    メールアドレスを入力してください

    必須電話番号

    電話番号を入力してください

    資料請求のお申し込みを受け付けました

    資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
    入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

    万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

    ページ上部へ戻る