ホテルのチェックインで本人確認はある?

ホテルへのチェックインの際は、フロントから本人確認される場合があります。なぜホテルがチェックインのときに本人確認を行うのか、その理由を含めて注意すべきポイントをチェックしておきましょう。本人確認をされる場合の国内と海外の違いについても解説いたします。

ホテルのチェックインではなぜ本人確認を行うのか

tky15_lenz – stock.adobe.com

 

ホテルのチェックインで本人確認を行わないホテルもある一方、宿泊の際には必ず身分証の提示を求めるところもあります。

 

提示が求められる本人確認書類としては、主に運転免許証やマイナンバーカード、保険証、パスポートなどが多いようですが、そもそもなぜホテル側が本人確認を徹底するのでしょうか?

 

それには2つの理由がありますので、早速チェックしていきましょう。

 

宿泊台帳に記入された情報との照合

 

ホテルへのチェックインでは、宿泊者台帳(レジストレーションカード)に氏名や連絡先の住所、電話番号などを記入しなければなりません。

 

宿泊者台帳への記入は、以下の「旅館業法」で定められており、ホテルや旅館は念のため記入事項が正確かどうかを判断するために本人確認を行うのです。

 

〈旅館業法 第6条〉

1 営業者は、厚生労働省令で定めるところにより旅館業の施設その他の厚生労働省令で定める場所に宿泊者名簿を備え、これに宿泊者の氏名、住所、職業その他の厚生労働省令で定める事項を記載し、都道府県知事の要求があったときは、これを提出しなければならない。

2 宿泊者は、営業者から請求があったときは、前項に規定する事項を告げなければならない。

 

火事などの災害が起きた場合のほか、最近ではテロなどの犯罪から宿泊客の安全を守る目的で管理を徹底しているそうです。

 

外国人はパスポートナンバーと国籍の記入も求められるので、準備は整えておいたほうが良いかもしれません。

 

参照:旅館業法/厚生労働省

 

感染症対策

 

チェックインでの本人確認は、ホテル内で食中毒や伝染病などが発生したとき、その感染経路の特定や追跡調査を行うためでもあります。

 

感染防止対策としても導入されており、まさに近年の新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、検温とセットで実施しているホテルは多いのです。

 

感染拡大防止が優先される本人確認の場合、住所が記載されているものでなければ本人確認書類として認められないことがあるので注意しましょう。

 

国内と海外のホテルで本人確認をするときの違いはある?

tongpatong – stock.adobe.com

 

国内と海外のホテルのチェックインでは本人確認を行うときに、大きな違いはあるのでしょうか? 詳しくみていきましょう。

 

国内

 

国内のホテルでチェックインを行う場合、基本的にはフロントで名前を伝えると予約確認がなされます。

 

宿泊台帳に記入した後、本人確認書類の提示が求められるので、運転免許証やマイナンバーカード、保険証、パスポートなどをフロントに渡してください。

 

また、オンラインから宿泊予約をした方は、その際に併せて予約確認メールや予約確認画面の提示も求められることがあるので、画面かプリントアウトしたものを手元に用意しておきましょう。

 

海外

 

海外のホテルでのチェックインでは、本人確認書類としてパスポートなどが必要になります。さらにバウチャーなどの予約確認書の提示も求められるでしょう。

 

ちなみに、すでに決済済みのものが「バウチャー」、まだ決済が完了していないものが「コンファメーション」と言います。

 

予約確認画面などを印刷すれば、それがバウチャーになるので海外のホテルに宿泊するときは必ず携帯するようにしてください。

 

また、バウチャーは現地スタッフのために英語表記のものを持参すると良いでしょう。

 

ホテルのチェックインで本人確認が省略されることもある

Friends Stock – stock.adobe.com

 

ホテルにチェックインする際の本人確認は、基本的に行われると認識しておきましょう。

 

しかし、次のような場合は本人確認が省略されることがあります。

 

・よくホテルを利用する常連
・ホテルの会員
・前回の宿泊日から日が浅い

 

この条件に当てはまる方は本人確認だけでなく、宿泊台帳への住所の記載が省略され、氏名のみの記入でチェックインできることがあるそうです。

 

ホテルの会員に登録している方は、チェックインの時点で住所に変更がないかフロントから確認される場合があるので素直に対応するようにしてくださいね。

 

ただし、全てのホテルで本人確認が省略されるわけではないので、ホテル側の案内に則りましょう。

 

ホテルへの宿泊には本人確認書類を必ず持参しよう

Kalim – stock.adobe.com

 

ホテルへのチェックインでは宿泊台帳に正確な情報を記入し、フロントから本人確認書類の提示を求められたらきちんと応じられるようにしましょう。

 

本人確認書類がそろわないと、最悪の場合はホテルの宿泊ができなくなる恐れがあります。ホテルへの宿泊準備をする段階で、持ち物リストに「本人確認書類」を入れておくと良いかもしれませんね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る