「ホテル未経験」が魅力になる? 志望動機のポイントとは

ホテル業界への就職・転職活動では、経験者のみが有利になるわけではありません! 確かに経験は何にも代えがたい財産です。しかし、志望動機の書き方ひとつで「ホテル未経験」が魅力にもなるのです。志望動機のポイントを知り、ホテル業界への就職・転職を成功させましょう。

ホテルの志望動機は「オリジナル」が大切!

cassis – stock.adobe.com

 

ホテル業界は、未経験の応募も歓迎している傾向が強くあります。応募者のスキルや経験以上に人間性を重視しているので、未経験者も採用されやすいのだとか。

 

しかし、いくら人間性が重視されているからと言って、熱意をアピールするだけでは今ひとつでしょう。

 

志望動機に必要なのは

・ホテル業界を選んだ理由は何か
・ホテルにどう貢献していきたいのか

です。

 

特に、ホテル未経験者の志望動機では上記に「エピソード(経験)」も織り交ぜ、なぜそのホテルで働きたいと思ったのかを伝える必要があります。

 

たとえば、接客経験のある方は、その経験からホテルを志望しようと思ったエピソードや想いがあるのではないでしょうか? また、ゲストとしてホテルを利用し、そこで感じた想いや接点がある方もいるはずです。

 

ただし、ホテルには接客以外にもさまざまな職種があるので、それぞれに合った志望動機を意識しなければなりません。

 

ホテルへの就職・転職を成功させるには、自分だけの経験を交えたオリジナルの志望動機が必要なのです。下記リンクから、ホテル業界の志望動機の例文も参考にイメージしてみてくださいね。

 

関連記事:

【例文あり】ホテル業界の志望動機の書き方:NG例やポイントを徹底解説

【例文あり】ホテルフロントの志望動機はこう書く!NG例とポイントも

ホテルの事務に採用される志望動機の書き方とは?

 

「ホテル未経験」を活かすために! 志望動機を考えるときのポイント

maru54 – stock.adobe.com

 

志望動機で「ホテル未経験」を魅力に変えるには、事前準備がポイントになります。

 

ホテル未経験の志望動機を輝かせるポイントを、早速みていきましょう。

 

ホテル業界の現在をリサーチする

 

ホテルの業務経験が少ない人ほど、「現在のホテル業界はどのような状況なのか」を基礎知識として頭に入れておきましょう。

 

ホテル業界をリサーチすることは、志望するホテルが業界内でどのような立ち位置なのかを知ることにつながります。

 

少しでも安定した企業で働いていくためにも、応募先企業の未来について考えることも大切ですよ。

 

志望するホテルの情報を集める

 

ホテル業界について大体のリサーチが済んだら、次は自分が志望するホテルについて調べてみましょう。ホテルの特徴や経営方針はもちろんですが、客室の様子、サービス内容もチェックしてください。

 

情報収集が甘いと、採用担当者は志望理由から「本当にここで働きたいのだろうか」と不安を感じてしまうのです。

 

経験者や未経験者に限らず、志望するホテルがどのような企業なのかを知っておくことは就職・転職活動の基本だと言って良いでしょう。

 

志望先のホテルでの働き方を具体的にイメージしながら、情報を集めてみてくださいね。

 

自分のスキルや経験を振り返る

 

ホテルの志望動機を考える前に、必ず自分のスキルや経験を振り返っておきましょう。

 

ここで重要なのは、ホテルに関係するスキル・経験なのかを基準に考えるのではなく、これまで培った自分の経験やスキルを全てまとめることです。それから、ホテルに関連する経験やスキルを掘り下げてください。

 

当然、語学力やコミュニケーション能力のほか、接客業の経験は役に立ちます。それ以外にもホテル業界を目指したきっかけや、志望するホテルで働きたいと思った体験が見つかるはずです。

 

自分自身が未経験だからこその魅力が浮かび上がるかもしれませんよ。

 

志望動機で「ホテル未経験」を魅力に変えるには?

Rawpixel.com – stock.adobe.com

 

「ホテル未経験」を魅力に変えるには、これまでの経験を職務に活かせると伝えることが欠かせないでしょう。「学びたい」という姿勢だけではNGです。

 

ホテル未経験者が志望動機を考える場合、自分がホテルを利用して感じたことなど、オリジナルの視点に重きを置いてください。

 

たとえば、英語力を活かしたい方は、ただ「英語が話せる」と伝えるのではなく、志望動機に英語を活かしたエピソードを関連付けるのです。

 

さらに

・なぜホテルスタッフになりたいのか
・なぜホテル業界なのか
・なぜこのホテルを選んだのか

という視点もプラスして志望動機を考えてみましょう。ホテルの種類やグレード、立地など、それぞれのホテルに応じた志望動機を作成する必要があります。

 

経験者・未経験に関係なく、志望動機には以上のような項目を含めなければなりません。採用担当者に「会ってみたい」「もっと話してみたい」「一緒に仕事をしてみたい」と思ってもらうことが重要ですよ。

 

ホテル未経験者は志望動機で「誠実さ」をアピールしよう

naka – stock.adobe.com

 

ホテル未経験者が志望動機を作成するときは、「なぜそのホテルで働きたいか」を考えましょう。

 

ホテルの採用担当者は、経験やスキルよりも「人間力」を重視しています。お客様に快適なひとときを過ごしてもらうには、柔軟な対応力や親しみやすい雰囲気などが大切なのです。

 

経験に関わらず、「なぜそのホテルで働きたいのか」を考えることは自分自身の誠実さをアピールすることにもつながります。

 

ホテル未経験のあなただからこそアピールできる魅力を、志望動機に入れ込んでみてくださいね。

 

なお、接客業に適した志望動機の書き方・例文などは以下の記事でまとめて紹介しています。併せてご参照ください。

 

関連記事:ホテルなどの接客業に適した志望動機とは?書き方の基本や例文をまとめて紹介!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る