20代・30代のキャリアアップで人生が決まる?転職・資格取得などの方向性の決め方を解説

20代半ばから30代前半になれば、キャリアアップを考え出す方が増えるはずです。この時期に今のキャリアと向き合えるかどうかで、未来の仕事の方向性が決まると言っても過言ではないでしょう。キャリアアップのポイントや、関連語であるキャリアチェンジについてご紹介しますので、20代・30代の方はぜひキャリア形成のヒントにしてみてくださいね。

20代・30代はキャリアアップへの意識が重要

iStock.com/takasuu

 

まずは、20代・30代が意識したい「キャリアアップ」について理解を深めていきましょう。

 

キャリアアップとは?

キャリアアップとはより高いスキルを身に付け、キャリアを積み上げることを指す言葉です。任されている仕事以外のことに挑戦をしたり、プライベートで得た知見を今の仕事に活かしたりすることも、立派なキャリアアップと言えます。

 

また人によっては、キャリアアップの手段に転職を選ぶこともあります。ひとつの会社に留まらず、多角的に考えられる力を養いたいという方を中心に、同職種へキャリアアップ転職をする方も珍しくありません。

 

キャリアアップの4つの軸

キャリアアップには、大きく分けて4つの軸があります。下記の軸をみてみましょう。

  • ・昇進やポジション変更/年収アップ
  • ・組織や社会への貢献度向上
  • ・スキルアップ/特定分野の専門性向上
  • ・スキルや知見の幅を広げる

最もイメージしやすいのは、昇進や年収アップですよね。また近年では多様化が進み、自分自身の影響度を高めることや、他分野まで知見の幅を広げることもキャリアアップとして捉えられるようになりました。

 

キャリアアップを考える際は、自分自身がどの軸を目指したいのかを明確にするのが良いでしょう。

 

20代・30代はキャリアチェンジを選ぶ人も多い

iStock.com/Olivier-Le-Moal

 

キャリアアップと比較されることが多い言葉に、キャリアチェンジというものがあります。20代・30代はキャリアチェンジも含めてキャリア設計を行うのが良いとされていますが、キャリアアップとはどのような違いがあるのでしょうか。

 

キャリアチェンジとは?

キャリアチェンジとは、今とは別の新しい仕事に就くことを指す言葉です。未経験の業種・職種へ転職したり、起業や親の跡継ぎになったりすることはキャリアチェンジにあたります。また社内で職種を変えることも、一種のキャリアチェンジと言えるでしょう。

 

キャリアチェンジと聞けば、これまでのキャリアに納得がいかず、心機一転新しいことに取り組むイメージを抱く方も少なくないはず。しかし、全ての方がリスタートをしている訳ではありません。仕事を変えることで目指すキャリアに近付く、それがキャリアチェンジなのです。

 

キャリアアップとの違い

キャリアアップとの最大の違いは、キャリアの方向性にあります。

 

キャリアアップを選ぶ方は、堅実にキャリアを積み上げたい、スペシャリストになりたいという方が多いでしょう。一方、キャリアチェンジを選ぶ方は、可能性を広げながらキャリアを築きたい、ゼネラリストになりたいという方が多いようです。

 

どちらが正解ということはありません。しかし、自分に適している方向性はキャリアアップ・キャリアチェンジのどちらなのかは、20代半ば~30代前半までに明らかにしておくのが賢明でしょう。

 

20代・30代のキャリアアップのポイント

iStock.com/Valeriy_G

 

キャリアアップでキャリアを築いていきたいと考える20代・30代は、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。キャリアアップの4つのポイントをみていきましょう。

 

4つの軸からキャリアアップの方向性を決める

キャリアアップの軸が下記の4つに分けられるというのは、前述の通りです。

  • ・昇進やポジション変更/年収アップ
  • ・組織や社会への貢献度向上
  • ・スキルアップ/特定分野の専門性向上
  • ・スキルや知見の幅を広げる

まずはこの軸の中から、自分が目指すキャリアアップの方向性を定めましょう。将来的にどんな働き方をしていたいか、ということをあわせて考えれば方向性もスムーズに決められるはずですよ。

 

理想のキャリアを具体的に考える

大まかな方向性が固まったら、理想のキャリアを具体的に考えていきます。来年までにポジションをひとつ上げる、専門性をより高めるためひとつ上の級の資格を取得する、などがその例です。

 

ポイントは、具体的かつ実現可能なラインのキャリアを描くこと。5年後・10年後・20年後までイメージできれば、キャリアを軌道に乗せやすくなります。

 

必要な資格やスキルを列挙する

期間ごとのゴール設定を終えた後は、期間までに必要な資格やスキルを細かく列挙していきましょう。

 

マネージャーになりたいのであれば、部下の教育・指導経験はあるに越したことはありませんよね。これが、必要なスキルです。さらに「次に入社する新人の育成を上司に持ちかける」など、具体的な行動目標も考えておくのがベストでしょう。

 

遠い未来はさっくりと、近い未来はより具体的な方法を考えてみてくださいね。

 

キャリアアップをし続ける気持ちを持つ

最も単純であるようで難しいのが、キャリアアップの意識を切らさないということです。

 

同じ会社に長く居続ければ、「こんなものでいいか」という気の緩みは誰にでも生まれます。しかし、キャリアを順調に積んでいく方は、この気の緩みを最小限に抑えているのです。

 

1度楽な方に流れてしまえば、軌道修正に余計な時間を費やしてしまうもの。小さな目標をたくさん立てる、目標達成を習慣化する、週に1度は仕事のことを一切考えないリフレッシュデーを作るなどの対策を打ち、キャリアアップへの意識を絶やさないようにしてくださいね。

 

宿泊業界は20代・30代のキャリアアップ転職が多い

iStock.com/monkeybusinessimages

 

ホテル・旅館などの宿泊業界では、キャリアアップの手段に転職を選ぶ方は多いようです。

 

ビジネスホテルで基礎を習得し、高級ホテルに転職するというような業態変化がそのうちのひとつ。他には、都会のホテルからリゾートホテルへ転職したり、地元の旅館から複数の旅館を経営している大規模な旅館に転職したりといった流れが考えられます。

 

ホテル・旅館の格式が高くなればなるほど経験者は優遇されやすいようですので、最終的なゴールを見定め、段階的に転職をしていくのも良いかもしれません。

 

また中には、カーディーラーや高級ブランドなどの販売職・営業職にキャリアチェンジ転職をし、さらに活躍できたというホテル・旅館の元従業員も少なくないようです。丁寧で細やかな気遣いができれば、どの業界でもきっと活躍できるはずですよ。

 

ホテル業界でキャリアアップ・昇進するために知るべきこと

 

20代・30代でキャリアアップの道がなければ転職しよう

iStock.com/xijian

 

キャリアアップは、堅実にキャリアを積み上げる方法のひとつです。同じ会社に勤めながら役職を上げたり、専門性を高めその分野のスペシャリストになったりするのが、一般的に考えられているキャリアアップと言えるでしょう。

 

キャリアアップの道を真剣に考えることは、その後のキャリア設計にも非常に役立ちます。特に20代半ば~30代前半であれば、ぜひ1度ご自身のキャリアアップについて真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

 

現職でキャリアアップをするイメージが湧かない方は、市場価値が下がる前に転職を検討してみても良いかもしれません。キャリアチェンジ転職は、20代・30代を過ぎればハードルは高まります。

 

ホテル・旅館業界への転職であれば、当サイト「おもてなしHR」の転職アドバイザーがサポートいたしますので、気になる方はぜひ気軽にご相談くださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る