体調を崩しやすい人が続けやすい職場の見つけ方!仕事を休みがちになる原因と対処法もチェックしよう

社会人として働くようになると、「仕事を休みたいけど休めない」と、感じながら仕事をしている方も多いのではないでしょうか。しかしながら、仕事を続けていれば疲労の蓄積や体調不良、仕事上でのトラブル・ストレスなどによって、休養が必要となる場合もあります。体調を崩しやすい人は、仕事を休みがちとなり悩みを抱えている方もいらっしゃるかもしれません。そこで、仕事を休みがちとなってしまう原因やその対処法についてご紹介します。体調を崩しやすい人でも続けやすい仕事の見つけ方や仕事を探す際のポイントも併せてチェックしてみてくださいね。

体調を崩しやすい人の特徴

残業する会社員

ryanking999 – stock.adobe.com

 

体調を崩しやすい人には、ある一定の共通する特徴があります。仕事に対して責任感が強く真面目なタイプは、多少の体調不良であれば仕事を続けてしまいがちです。

 

他にも、以下のような特徴があります。

  • ・真面目
  • ・責任感が強い
  • ・努力家
  • ・疲れやすい
  • ・季節の変わり目に弱い

責任感が強い人は周囲へ迷惑をかけることを避ける傾向があるため、オーバーワークになりやすいといった特徴もあります。

 

努力家で真面目なタイプでもあるので、周囲からの期待に応えようとキャパ以上の仕事を引き受けてしまうことで、自分の限界以上に頑張ってしまう方も少なくありません。

 

気づいた時には体調をしており、仕事に行けなくなるケースもあるようです。日頃からオーバーワーク気味に働くタイプの方が多いため、疲れやすいといった特徴も。

 

また、季節の変わり目や疲れが溜まるとすぐに体調を崩しやすいといった、虚弱体質で体調を崩しやすいといった方もいらっしゃるでしょう。

 

体調を崩して仕事を休みがちになってしまう原因

デスクで休む会社員

milatas1 – stock.adobe.com

 

体調を崩す原因は人によってさまざまですが、「朝起きると体が重くて体調が優れない」「仕事に行く気力が湧かない」など、これといって原因がはっきりしない場合もあるでしょう。

 

体調を崩しやすく仕事を休みがちになるまでには、以下のようないくつかの原因が考えられます。

  • ・ハードワークによって疲れが溜まる
  • ・職場内の人間関係によるストレス
  • ・仕事のプレッシャー
  • ・生活習慣の乱れや運動不足
  • 職種や業務内容そのものが自分に合っていない

自分でも自覚がない疲労の蓄積や職場内での人間関係のストレスなどにより、仕事を休みがちになってしまうことがあります。

 

仕事のノルマや納期に追われるプレッシャーも、「期待に応えなければいけない」「失敗できない」など、自分自身の体調悪化を招く原因となるケースも少なくありません。

 

また、慢性的な忙しさを抱えている場合、必然的に生活習慣も乱れてしまい、体を動かす時間なども作れないため、ストレスを溜めやすい状態となってしまいます。

 

任された仕事が自分自身が苦手な分野だった、そもそも職種自体が自分に合っていなかったなども、強いストレスを感じて体調不良に繋がる場合もあるでしょう。

 

体調を崩して仕事を休みがちになった場合の対処法

リラックスする人

Maria_Savenko – stock.adobe.com

 

まずは、仕事を休みがちになっている原因を見つけ出すことが大切です。原因によっては、長期的な休みを取得できるようであれば、休職も視野に入れても良いでしょう。

 

とはいえ、進行を止められない仕事を抱えていたり、経済的な理由があったりなど、長期的な休みを簡単に取りづらいといった方もいらっしゃるかもしれません。

 

体調を崩しやすく仕事に影響が出やすい傾向にある方は、以下の対処法をご自身の生活に取り入れてみてくださいね。

  • ・趣味に没頭する時間を作る
  • ・有休や半休を上手に活用する
  • ・職場以外の友人に相談する
  • ・新しいスキルを取得する
  • ・仕事とプライベートのオンオフを積極的に切り替える
  • ・職場や上司に時短勤務など相談する
  • ・異動願いを出す
  • ・休暇を取る・休職する
  • ・転職する

体調不良になってしまう前に必要なのは、適度な休息を取る、プライベートと仕事の切り替えを日頃から心がけるなどです。

 

ちょっと疲れが溜まってきたなと感じたら、仕事の状態をみて有休を上手に活用するなどして、疲労やストレスを溜めすぎない状態を作っておきましょう。

 

それでもなお改善しない場合は、上司に時短勤務の相談をしたり、異動の申し出をお願いしたりするなど視野に入れてみましょう。

 

体調不良が続くようであれば、「今の仕事が自分自身に合っているか」を考え転職も検討するなど、環境を変えることで改善につながる場合もあります。そのような場合は、転職エージェントに相談して視野を広げることもおすすめしますよ。

 

体調を崩しやすい人が続けやすい仕事を見つける3つのコツ

転職を相談する人

taka – stock.adobe.com

 

生活リズムの乱れが原因だったり元から虚弱体質だったりと、体調を崩しやすい理由は人それぞれであり、さまざまです。

 

では、体調を崩しやすい人が自分に合った職場を見つけるためには、どんなポイントに注目して、仕事探しをすればいいのでしょうか。

  • ①勤務形態を選べる仕事を探す
  • ②福利厚生やサポート制度が整った企業を探す
  • ③転職サービスを利用する

体調を崩しやすい人は、朝起きてから「体調が優れない」と感じる日が少なくないため、急な欠勤にも対応が可能な企業や職種を選びましょう。

 

例えば、勤務形態がシフト制の場合、急な欠勤やシフトの変更は同僚や上司にお願いすることとなり、少なからず周囲の負担が発生してしまいます。

 

本人にとっても更なるストレスを生むこととなり、働きづらい状況になりやすいといえるでしょう。

 

また、フレックス制や時短勤務を取り入れているなど柔軟な勤務形態、病休や休職制度、休職手当などを設けている、福利厚生が手厚い企業を選ぶことをおすすめします。

 

しかし、シフト制を設けていても働きやすさを大切にしている職場も数多くありますので、転職を専門としているエージェントに相談するといいでしょう。

 

これまで培った自分のスキルを活かしながら、より適正ある職場に勤めるためには、プロのアドバイスを取り入れながら続けやすい仕事を見つけていきましょうね。

体調を崩しやすい人は適度な休息と仕事の転職も視野に

未来を見据える社会人

ponta1414 – stock.adobe.com

 

一生懸命に仕事をしている人ほど、体調を崩しやすく仕事に影響を与えやすい傾向にあります。

 

もしあなたが、職場内の人間関係などで悩みを抱えているなら、友人に相談したり、上司に相談したりして現状を改善する方法を探りましょう。

 

それでもなお、改善の見込みが難しいようであれば、転職を視野に入れた前向きな行動をおすすめします。

 

あなたが宿泊業界へ転職を望んでいる場合は、ぜひおもてなしHRを活用してください。

 

おもてなしHRは、宿泊業界に特化した転職エージェントです。日本全国規模でホテル・旅館の求人情報を扱っています。

 

 宿泊業界は独自の文化を持った企業が多いため、あなたが望む勤務スタイルが見つかる可能性もあるでしょう。

 

知識豊富な専任スタッフが、ひとりひとりに合った企業を紹介し、応募から入社後まで手厚くサポートしますので、まずは登録から始めましょう!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る