ホテルでのデュベスタイルのベッドメイキング方法を紹介!

昨今、ホテルではデュベスタイルのベッドが増えているそう。デュベスタイルのベッドとスプレッドタイプのベッドとでは、どのような違いがあるのでしょうか?デュベスタイルの特徴や、ベッドメイクの方法などについて、詳しくご紹介していきます。

デュベスタイルのベッドって?

「デュベスタイル」とは、ベッドカバーと布団が一体化しているタイプのベッドを指します。

 

従来では「スプレッドスタイル」という、掛け布団とマットレスの間にシーツを挟んだタイプが主流でした。

 

しかし、掛け布団にはカバーがついておらず、また毎回クリーニングに出すこともありませんでしたので、「誰かの素肌が触れたかもしれない掛け布団に直接触るのは抵抗がある」という意見が出ることもあったのだそう。

 

ですが、デュベスタイルなら毎回カバーを外して洗濯をすることが可能ですので、衛生的な不安を覚えるお客様のお気持ちにも応えることができます。

 

足元のベッドカバーをマットレスに折り込むタイプの他、ベッドカバーの側面から布団を入れて足元は折り込まない「横入れタイプ」もありますよ。

ホテルのデュベスタイルベッドのメイク方法:一般的なタイプ

ベッドメイク

fotoduets-stock.adobe.com

 

一般的なデュベスタイルのベッドメイクをする際は、まず始めに掛け布団をデュベカバーの中にセットします。

 

掛け布団の出し入れ口が一カ所しかないため、奥の方は手出し入れ口から両手を挿し込み、掛け布団とカバーの四隅を合わせてください。

 

セットが完了したら、デュベカバーがずれないよう足元の部分をマットレスの下に挟みこみます。こうすることで、就寝中の掛け布団のズレを防ぐことができますよ。

ホテルのデュベスタイルベッドのメイク方法:横入れタイプ

横入れ式のデュベカバーは、長方形の短い辺の一辺に出し入れ口があります。掛け布団をカバーにセットしたら、見映え良くベッドに掛けて完了です。

 

なお、横入れタイプの場合は足元を巻き込むことはしないのでご注意くださいね。

デュベスタイルのベッドメイクがうまく行かない時は

ベッドメイク2

PiyawatNandeenoparit-stock.adobe.com

 

デュベスタイルのベッドメイクに慣れず、なかなかうまくできないという声も少なくはありません。

 

もしセットのし辛さを感じているのなら、「掛け布団を巻いて転がしながらカバーの奥に入れる」という方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

ポイントは、掛け布団を丁寧に巻くことと、デュベカバーをベッドに対してなるべく平行になるように置くこと。こうすることで、カバーの中で掛け布団が歪むのを防ぐことができますよ。

 

とはいえ、楽なベッドメイクの方法は個人によって微妙に異なります。自分なりの速く丁寧なベッドメイクの方法を見つけるには、やはり何度も作業を行って慣れるしかないでしょう。

慣れればデュベスタイルのベッドメイクも難しくはない!

ベッドメイクスタッフ2

New-Africa-stock.adobe.com

 

昨今、急速に普及が進んでいるデュベスタイルのベッドに、苦手意識を持たれている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、「慣れさえすればむしろスプレッドスタイルより楽かもしれない」と感じるケースもあるのだそう。

 

いち早く慣れ、素早くベッドメイクをこなすためにも、試行錯誤しながら作業を繰り返しましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る