精神的な負担の少ない仕事がしたい。ストレスの少ない職種や働き方はある?

仕事をしていて、どんなことに辛いと感じることがあるでしょうか。忙しい、休みがないというような、体力的な厳しさを感じるものや、給与が低いなどの金銭的なもの。これらの問題は、いずれ精神的に大きな負担を与えます。精神的な負担は目に見えないものですが、積み重なれば体調不良に陥ったり、命を落とす危険も孕んでいます。

精神的に負担の少ない仕事がしたい

iStock/miya227

 

働いていると、さまざまなところで負担を感じることがあります。小さな負担が積み重なって、心身を病んでしまうことも。特に、精神的な負担には注意が必要です。

 

精神的に負担の少ない仕事がしたいと言うと、少しわがままに受け取られることもありかもしれません。仕事をしていれば、大なり小なり精神的な負担、ストレスを抱えるものです。

 

一切ストレスのない仕事は存在しないかもしれません。それでも、出来る限り負担を少なく、心が疲弊するようなことは避けたいものです。

 

精神的な負担の感じ方は人それぞれです。だからこそ、わがままに聞こえてしまうのかもしれません。同じ出来事、同量の仕事であっても、人によって捉え方が異なります。自分にとっては辛いと思えることでも、ある人にとっては大したことではなかったり。

 

つまり、精神的負担のものさしは、自分自身なのです。自分がどういったことに精神的な負担を感じるのか、ストレスを抱えてしまうのか。働くうえではそういったことにも気を配ると良いかもしれません。

 

仕事で精神的負担を感じる原因

iStock/skynesher

 

仕事で精神的な負担を感じる原因について考えてみましょう。仕事をしていれば、完全に回避することはできないものかもしれません。

 

人間関係

 

仕事をするうえで、全て一人で完結することは不可能かもしれません。同じ会社に勤務している同僚や上司、取引先やお客様など、必ず誰かしらとの関わりが発生します。

 

気心の知れた友人や家族との関わりとは違い、他者との関わりの中には気遣いが必要であったり、理解し合うための努力が必要です。中には、あまり相性の良くない人もいるでしょう。

 

業務を進めるうえでは、様々な場面で人間関係の課題にぶつかります。好き嫌いだけで付き合いを決めることが出来ない分、精神的な負担を感じることが多いでしょう。

 

ノルマ

 

特に営業職や管理職の場合、ノルマの達成を課せられることが多くあります。売上金額、販売個数など、目に見える数字でノルマの提示がされると、ストレスを感じる人は少なくありません。

 

達成するために努力をすることは当然必要ですが、達成できるかどうか不安に感じてしまうこともあるはずです。また、ノルマの達成は個人の評価にも直結します。給与や役職など、待遇をも左右するとなると、プレッシャーを感じることも多くあるはずです。

 

業務量が多い

 

休む間もなく忙しく働いていると、負担があるのは体力だけではありません。個人のキャパシティを超えた量の仕事や長時間労働は、精神的な負担につながります。

 

ここで問題になるのは、仕事を断るということが難しいということかもしれません。仕事の量が多くて抱えきれないと感じていても、頼まれた仕事を断れなかったり、出来ないと言えなかったり。

 

目の前にある業務を早くこなさなければと思うほどに、精神的な負担は大きくなるでしょう。

 

責任が大きい

 

仕事をしていれば、当然あるのが責任です。その大きさはそれぞれですが、従事している仕事に対しては、責任感をもって持って取り組む必要があります。

 

大きなプロジェクトを任されたとか、部下を育てなければならないなど、失敗が許されないと感じるような状況に置かれれば、おのずと精神的な負担を感じるものです。

 

責任のある仕事を任されるということは、仕事で評価されていること、期待されていることの裏返しもあります。自信を持って良いことではありますが、経験が浅いほどにストレスを感じるかもしれません。

 

待遇が悪い

 

給与が低い、キャリアが見込めないなど、待遇面での不満が長く続くとストレスを感じることがあります。特に能力や経験がある人にとっては苦痛を感じる環境かもしれません。

 

周囲と待遇の差を比較したり、自分より仕事のできない役職者を目の当たりにすれば、悔しさを覚えることもあるでしょう。

 

待遇の悪さに関しては、上司や会社に意思を伝えることが憚られるということもあり得ます。一人で抱え込むほどに精神的な負担は大きくなりますし、仕事に対する意欲がそがれてしまいます。

 

仕事で精神的な負担を感じやすい人の特徴

iStock/liza5450

精神的な負担に関しては、感じる程度が人によって異なることがあります。それは性格によるものが大きいようです。

人に頼れない

 

人に頼れない、人に相談することができないというタイプの人は注意が必要です。精神的な負担は、一人で抱え込むほどに大きくなります。

 

頼ることを恥ずかしいを感じる人もいるかもしれませんが、そもそも仕事は一人でできるものではありません。上手に人の力を借りること、助けを求めることは、仕事を円滑に進めるため必要なことです。

 

責任感が強すぎる

 

仕事に対して責任感を持たないことは問題ですが、責任を感じ過ぎるというもの考えものです。どのような仕事であっても、給与が発生している以上はプロ意識は必要です。

 

責任感が強い人は、自分が何とかしなければと考えて、自分で自分の心に負荷をかけてしまいます。

 

頼りにされること、任されることは誇らしいことでもありますが、どれほど優秀な人であってもキャパシティというものはあります。背負いすぎるのは良いことではありません。

神経質に考えすぎる

 

周りからの評価や視線にを気にしすぎたり、失敗や間違いを恐れて本来の力量を発揮できなかったり。神経質に考え過ぎるあまり、精神的な疲労ばかりが蓄積するということがあります。

 

力を抜くと言われても簡単ではないかもしれませんが、自分が思うほど周りは見ていないということは往々にしてあるものです。なんとかなる、という気持ちも時には大切かもれません。

精神的な負担の少ない仕事はある?

iStock/fizkes

精神的に負担の少ない仕事と言われる職種に共通するのは

 

  • ・人と接することが少ない仕事
  • ・責任が求められない仕事
  • ・淡々とした仕事

 

こういった条件に当てはまる仕事を選べば、精神的な負担を感じることは少ないかもしれません。とはいっても、仕事をするうえで多少の精神的な負担は付き物です。

 

中には、人と接しないことをストレスに感じる人もいるでしょうし、責任のない仕事にやりがいを感じないということもあるはずです。淡々とした変化のない仕事に、魅力を感じない人もいるかもしれません。

 

精神的な負担の感じ方は人それぞれであるというのが正直なところ。自分自信がどういったところで負担を感じるのか、どんなところを改善したいのかを考えるのが先決でしょう。

ホテルの仕事は精神的な負担が大きい?

iStock/metamorworks2

ホテルの仕事は精神的な負担の大きな仕事と言われることがあります。

忙しいこと、労働時間が長いこと、お客様からの細かな要望に対応しなければならないこと。そういったイメージが先行して、負担ばかりに焦点が充てられることもあります。

 

実際、ホテルで働く人はそのように感じているのでしょうか。

 

忙しく動き回るのが好きな人、長い労働時間の中で得られる経験を優先する人、お客様との感動の共有に喜びを感じる人、やりがいを感じて働いているホテルマンも少なくありません。

 

また、多少の精神的な負担はやる気に繋がるものであったりもします。とは言っても、精神的な負担は目に見えないものであることから、見逃してしまう危険もあります。精神的な負担から、体調を崩してしまう人もいるので、決して楽観視できるものではありません。

 

ホテルで働きたいと考えていながらも、精神的な負担の有無を心配している人もいるでしょう。そういうときこそ「おもてなしHR」にご相談ください。専任のキャリアアドバイザーが、ご希望に合った働き方のできるホテルをご紹介します。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る