ホテル業からの転職は有利!ホテルスタッフのアピールポイントとは?

一見華やかなホテル業界ですが、実際はかなりのハードワーク。異業種への転職をする方は後を絶ちません。ホテル業界のみの経験から異業種へ転職するのはハードルが高そうだと思われがちですが、そんなことはないのです!ホテルで働いたスタッフだからこその魅力はたくさんありますので、一緒に考えていきましょう。

ホテル業界から異業種への転職は厳しい?

polkadot- stock.adobe.com

 

ホテル業界以外で働いた経験のない方は、異業種への転職で「アピールできそうなスキルがない」と悩みがちです。

 

しかし、ホテル業界で熱心に働いてきた方であれば、転職市場で評価される経験やスキルはすでに身についているはず。転職する理由や、自分のアピールポイントをしっかりと考えて転職活動を行えば、より良い企業に転職することは十分に可能です。

 

20代で転職活動をする場合、ポテンシャルを重視するケースがほとんどなので、未経験の職種だとしても採用されやすくなっています。

 

30代以上で異業種への転職をお考えの方は、転職市場では採用の視点が少々厳しくなります。このままキャリアを積むのか、ホテル業界以外でキャリアをスタートさせるべきなのか、慎重に検討したほうが良いでしょう。

 

ですが、採用担当者に異業種でもあなたが活躍している光景をイメージさせることができれば、希望通りの転職先を見つけることができますよ。

 

ホテル業界で働く人の強みとは?

Space_Cat – stock.adobe.com

 

ホテル業界で働いていた人材は、転職市場ではとても人気です。接客業のなかでも洗練された所作や丁寧な対応が求められるので、他の業界でも元ホテル業界の人材が重宝されているのです。

 

ホテル業界で働くスタッフの強みを、部門別にチェックしていきましょう。

 

宿泊部門

 

フロントやドアスタッフなど、お客様と直接関わる機会の多い宿泊部門は、ビジネスマナーや質の高いコミュケーションスキルが磨かれます。

 

細かく身だしなみを整える大切さや、上品な所作が身についているので、特に他の業界の接客業や営業職からは高い評価を得ています。

 

宴会部門

 

宴会部門では、結婚式やパーティーの企画・運営を行っていますよね。

 

ホテルの宴会は何百人も参加するイベントがたくさんあります。大規模イベントを取り仕切るには、企画力や段取りだけでなく、運営スキルも求められます。

 

そのため、自分の実績を採用担当者にしっかりと説明できれば、魅力的なアピールポイントとなるのは間違いないでしょう。

 

管理部門

 

ホテルの管理部門といえば、総務や経理、人事が基本です。

 

総務はホテル全体をまとめなければならないので、高度なマネジメントスキルが必要ですし、IT化が進む現代で会計管理は複雑化しており、経理にも高いスキルが求められていることは確かです。

 

また、ホテル業界は人材の入れ替わりが激しいので、人事の役割の重要性は特に増していることでしょう。

 

ホテルの管理部門という重い責任を伴う仕事を担い、あなただからこそできた実績や経験などを伝えられれば、それも大きなアピールとなります。

 

営業部門

 

ホテルの営業部門は、どの部門よりも他企業や団体との関わりが多いところです。そのため、どんな業種にも応用できるビジネススキルが身につきます。

 

個人だけでなく、企業などにもホテル利用を促すために市場調査や顧客分析も行うので、広報のようなマーケティングスキルも磨くことができます。それらも立派なアピールポイントとなるので、積極的に担当者に伝えるようにしましょう。

 

ホテル業の経験をうまくアピールするポイント

chachamal – stock.adobe.com

 

宿泊業界以外の経験がなくとも、ホテルで培った経験とスキルからアピール方法を考えれば、採用担当者の心をうまく掴むことができます。

 

ホテル業の経験しかない場合、それを不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、自己PRがうまくできれば異業種への転職はそれほど怖いものではなくなります。

 

まずは自分の「軸」を作りましょう。たとえば、軸を「お客様に質の高いサービスを提供したい」に設定した場合、「周りへの気配りには自信がある」という自己PRを組み合わせて伝えると、一貫性のある志望動機になります。

 

自分の「軸」に合った求人を見つけたうえで志望動機を伝えられれば、ホテル業経験者はどの業界からも重宝される存在になるでしょう。

 

特に、営業職や飲食店からの人気が高く、実際にそのような業種へ転職するホテルマンも多いようです。ホテルの経験を活かせる転職先を詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

 

関連記事:ホテルの経験を活かせる転職先を解説

 

ホテル業界では転職が当たり前!

Jacob Lund – stock.adobe.com

 

「ホテルの仕事がきつくて耐えられない」という方は、異業種への転職を考えたほうが良いかもしれません。

 

ですが、「ホテルの仕事は好きだけど職場環境がイヤ」という方は、ホテル業界内で転職することもひとつの道です。

 

ホテル業界は離職率が高いことで有名です。異業種への転職も多いのですが、業界内で転職することが当然のように行われています。そのため、離職率が高い背景には、スキルアップを求めてホテルを渡り歩くことが当たり前となっているという事実もあるのです。

 

ホテル・旅館へ転職をご検討されている方は、おもてなしHRをぜひご活用ください。宿泊業界に特化したアドバイザーが、あなたの転職活動を丁寧にサポートいたします。

 

あなたのご希望をお聞きしたうえでお仕事探しを行いますので、お気軽にご相談ください。職場環境を変えて心機一転!もう一度、ホテル業界でがんばってみませんか?

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る