採用をお考えの法人様へ
無料 転職サポートに申し込む

ホテルマンに学歴は関係ない?ホテル業界が求める人物像と就職・転職に有利な資格を紹介!

「ホテルマンになりたい、でも学歴が気になる…」という方も多いはず。ホテルマンに学歴は関係ない、という話も耳にしますが本当に学歴は関係ないと言えるのでしょうか。ホテルマンの就職・転職にまつわる学歴事情をはじめ、求められるスキル、有利となる資格情報をまとめました。ホテルマンを目指す方は必見です。

ホテルマンの学歴事情が知りたい!

iStock.com/urbazon

 

接客業の花形と言えば、ホテル業界ですよね。「一流の接客スキルを身に付けたい!」「語学力を強化したい!」などの理由から、ホテルマンを目指す方も少なくないはずです。

 

ホテルマン志望の求職者は、シティホテル・外資系ホテル・チェーンホテルなど、ざっくりと就職したいホテルを思い描いている方が大半ですが、どのホテルに就職するにしろ、気になるのは学歴ですよね。学歴に自信の無い方であればなおのことです。

 

ホテルマンになるには、学歴は必要なのでしょうか。また、学歴ごとに将来性は異なるのでしょうか。ホテルマンの学歴事情をご紹介しますので、就職・転職活動の参考にしてみてください。

 

学歴別に見るホテルマンの就職状況

iStock.com/maroke

 

幼い頃から「ホテルマンになりたい!」と強く願う方であれば、専門学校や短期大学でホテルに関する学部・学科を選択するはずですが、高卒・4年制大学卒の学歴を持つ方には、どのような未来が待っているのでしょうか。学歴別のホテルマンの就職状況を解説します。

 

高卒

結論から言えば、高卒でもホテルマンになることは可能です。と言うのも、ホテル業界はあまり学歴が重視されない傾向があるからです。

 

年齢が若ければ、基本的なビジネスマナーやパソコン操作、外国語のスキルなどがあれば就職を有利に進めることができるでしょう。

 

ただし、観光・ホテル業界を専門的に学んだ専門卒・短大卒と比べると、ホテルの規模が大きくなるにつれて就職・転職難易度は高まります。また、雇用形態はアルバイトや契約社員からのスタートも多いようです。下記記事も参考にしてみてください。

 

ホテルへの就職は高卒でも可能!ホテルが高卒の応募者に求める要素とは?

 

専門卒・短大卒

ホテルに関連する専門学校、あるいは短期大学を卒業した学歴があれば、ホテル業界への就職・転職は有利です。即戦力としての採用にも期待できるでしょう。

 

学生時代にホテルでアルバイトを行ったホテルへそのまま就職するという方も珍しくありません。学内での就職支援も手厚いため、「最も就職しやすい学歴」と話すホテルマンも多いようです。一度業界を離れたとしても、再就職は容易でしょう。

 

ホテル専門学校に行くメリットとデメリットは?志望動機の考え方や例文もご紹介

 

4年制大学卒

観光やビジネスに関する4年制大学卒という学歴がある方は、大手ホテルや外資系ホテルへの就職・転職が有利です。これは、最高のおもてなしをするためには幅広い知見が必要、と考えるホテルが多いためでしょう。

 

専門性は専門卒・短大卒には敵いませんが、事務職・営業職・マーケティング職など就職できる職種の幅は広がります。また他の学歴と比べ、初任給や退職金が大きくなるということも特徴のひとつと言えます。

 

ホテルマンに求められるのは学歴だけではない

iStock.com/SolStock

 

学歴社会が薄れてきたとは言え、専門卒・短大卒・4年制大学卒と比較した時に高卒の就職が不利になりやすいのは事実です。しかし、これはホテル業界に限った話ではありません。また、結局のところ「人柄が重要」と考える企業もたくさん存在します。

 

では、ホテル業界ではどのような人物が求められているのでしょうか。ホテルマンに求められる3つのスキルをご紹介します。

 

コミュニケーション能力・協調性

ホテルマンは、チームで働くことが多い職業です。そのため、お客様とのコミュニケーション能力に加え、従業員間のコミュニケーション・チームバランスが取れる人物は重宝されます。

 

また外部の客室清掃員、食材・飲料・アメニティの卸業者、旅行代理店など、ホテルは取引先が多い業界としても有名です。よって、どんな人間に対しても同じように接することができるスキルがある方は、ホテルマンとしても成功を収めることができるでしょう。

 

体力

凛とした立ち姿のイメージ通り、ホテルマンは基本的に立ち仕事です。そして、お客様の荷物を移動するなど、意外にも力仕事が多い職種でもあります。

 

そして、ホテル業界ならではと言っても過言ではないのが変則的なシフトです。長時間勤務、中抜けシフトなどの宿泊業界の変則シフトに体力が持たず、泣く泣く退職を決意するという方も一定数存在します。

 

よって、学歴に関わらず、体力に自信があることは大きなアピールポイントとなることを覚えておきましょう。

 

ホスピタリティ

ホテルマン志望の方の多くは、ホスピタリティが身に付いています。周りから「気が利く!」や「いつもありがとう」という言葉を頻繁にかけられることから、自覚・自信を持っている方も少なくないでしょう。

 

お客様を中心に動くホテルマンにとって、ホスピタリティやおもてなしの心は大切です。ホテルは鋭い観察眼を持ち、お客様に合わせた接客ができる人物を求めています。スキルは一朝一夕で身に付きませんので、不安を覚える方は普段から意識して行動してみてはいかがでしょうか。

 

学歴以外でホテルマンへの就職が有利になるのは資格!

iStock.com/Sladic

 

いくら人柄が重要と言われていてもきっと学歴がネックになるはず、という不安が拭えない求職者は資格の取得をおすすめします。きっと、学歴に自信が無い方の助け舟になってくれることでしょう。

 

TOEIC・TOEFL

TOEIC・TOEFLは、今や英語力を測る資格の代名詞とも呼び声高い資格です。どちらも英語を母国語としない方の英語力を測るテストであり、TOEICは読み書きが中心、TOEFLはスピーキングを含めた総合的なスキルを測定・証明することができます。

 

インバウンド需要が高まるホテル業界をはじめ、どの業界の就職・転職にも有利となる資格ですので、1度も受けたことがないという方はぜひチャレンジしてみてください。

 

宿泊業の転職に有利なTOEICの取得。テストの内容やスコア取得について

 

宿泊業への転職を目指すときに取得したいTOEFL。テスト内容と取得方法について

 

観光英語検定

観光業で使う英語力を身に付けたいという方におすすめなのが、観光英語検定です。その名の通り、観光・旅行に特化した英語力を測定する資格で、実際の場面を想定した問題が多く出題されます。ホテル業界で、最も実用的な資格と言えるでしょう。

 

また、文化・地理・歴史などの設問も用意されているため、資格勉強をするだけでも観光業に関する幅広い教養を身に付けることができるはずです。

 

旅行や観光に特化した観光英語検定。資格の概要や活かせる職種について

 

マナー・プロトコール検定

マナー・プロトコール検定は、国際的なビジネスマナーやテーブルマナー、宗教上の配慮などの国際儀礼に関する知識を測定する検定です。

 

益々グローバル化が進む現代において、取得しておいて損はない資格と言えるのではないでしょうか。

 

宿泊業界でも注目されているマナー・プロトコール検定。テスト内容と取得方法について

 

接客サービスマナー検定

ワンランク上の接客を行いたいと考える方におすすめなのは、接客サービスマナー検定です。宿泊業界をはじめ、航空・ブライダル・リラクゼーションなど、より高いレベルの接客が求められる業界の受講が多い資格となっています。

 

接客サービス業全般の就職・転職に役立つ資格とされており、大手企業や学校での団体受験も多いようです。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

接客サービスマナー検定は接遇の基本!テスト内容・資格取得方法・宿泊業で活かせる職種を紹介!

 

ホテルマンになるには学歴は関係ない!

iStock.com/XiXinXing

 

ホテルマンは、たとえ高卒であってもなることができます。もちろん学歴により、仕事ができる幅や初任給は異なりますが、「なりたい!」という気持ちが強ければどんな学歴であっても夢は叶います。

 

悲観的になってしまっては、上手くいくものも上手くいかなくなってしまいますので、もし学歴にコンプレックスがあるという方がいるのであれば、深く考えすぎず、自分の心を信じて求職活動に励んでくださいね。

 

当サイト「おもてなしHR」では、どんな学歴の求職者であってもアドバイザーが手厚く支援をします。就職・転職に悩みを抱える方や、効率的良く就職がしたいという方はぜひ気軽にご相談ください。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事