旅館の宿泊料金の平均はどのくらい?料金変動の条件と価格の設定方法を紹介!

旅館の宿泊料金は、旅館独自で定めることが可能です。しかし、他社の宿泊料金がわからなければ、どの程度の価格設定を行えば良いのかがわかりませんよね。旅館の平均的な設定料金をはじめ、宿泊料金の平均値の変動に関わる条件、利用シーンごとのお客様の予算相場をご紹介しますので、自旅館の宿泊料金設定の参考にしてみてください。

旅館の宿泊料金の平均はどのくらい?

これから旅館の開業を考えている方や、新プランを検討している旅館担当者は、どのくらいの宿泊料金を設定すれば良いかと迷ってしまうものですよね。旅館の新入社員であれば、他社の料金設定も気になるはずです。

 

では、国内の旅館の宿泊料金の平均はどのくらいなのでしょう。結論から言えば、旅館の宿泊料金の平均は15,000円程度に設定されていることが多いようです。

 

しかしながら、1泊2日食事付きで5,000円~6,000円で提供する民宿のような旅館もあれば、同条件で50,000円という高級旅館も存在するため、一概に「この価格設定が正解!」とは言えません。ただし、宿泊料金を左右する条件はあります。

 

旅館の平均料金を変動させる条件や、お客様のシーン別の予算相場をご紹介しますので、自旅館の料金設定や旅館業界の学習にぜひご活用ください。宿泊代設定のヒントもご紹介しています。

 

宿泊料金の平均額は旅館の条件により異なる

iStock.com/kazuhide-isoe

 

旅館の宿泊料金の平均額は、各旅館の条件により大きく異なります。どのような条件で宿泊料金が変わり、平均額が変動するのかを押さえておきましょう。

 

旅館の条件設定による変動

旅館独自で設定ができるのは、下記のような条件です。

 

  • ・食事の有無(素泊まり・朝食付き・朝食夕食付きなど)
  • ・客室の大きさ・布団組数
  • ・客室の露天風呂の有無
  • ・眺望(山側・海側など)

 

最も設定が容易なのは、原価のある食事付きプランの料金です。素泊まりと比べ、朝食付きでは+1,000円~2,000円程度、朝食・夕食の2食付きなら+3,000円~5,000円程度が平均的な上乗せとなるでしょう。

 

客室の大きさ、露天風呂付きの客室、眺めの良い客室の料金設定は、旅館独自で設定することが多いものです。よって、これから宿泊料金を設定するのであれば、素泊まりの料金を基準に「ターゲットならプラスいくらまで払うか」を考え、設定するのがよいでしょう。

 

社会情勢・環境・状況による変動

いち旅館のみでは設定ができないものは、下記のような条件です。

 

  • ・休日・繁忙期
  • ・景気
  • ・エリアの人気
  • ・天然温泉の有無

 

外的要因が大きいため、既存の旅館ではどうすることもできない条件ばかりです。ただし、新たに開業する旅館であれば自治体・観光エリアの情報を踏まえたうえで、立地を検討することができますよね。今後を見据え、戦略的な開業を行いましょう。

 

お客様の利用シーンごとの旅館平均料金相場

iStock.com/paylessimages

 

宿泊料金は各旅館で設定することができるものですが、お客様の予算相場を踏まえて価格設定を行わなければお客様の利用が増えません。お客様の利用シーンごとの予算相場をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1人・ビジネスでの利用の場合

旅館はホテルと異なり、個人の利用が推奨されるような造りにはなっていないことが大半です。よって、1人利用の場合はホテルよりも割高に設定されていることが多いことを見越し予約する利用者が多いはずです。平均予算は、7,000円程度でしょう。

 

ただし、昨今テレワーク・リモートワークに注目が集まったことで、ビジネスマン向けのプランを打ち出す旅館も徐々に増えてきました。デイユースの場合は、2時間・最大8時間など利用時間により異なりますが、ホテルに色を付けた金額を予算とする方が多いはずです。

 

カップル・夫婦での利用の場合

カップル・夫婦での旅館の利用は、特別な日であることが多いでしょう。よって、平均的な予算は1人あたり15,000円~30,000円程度と推測できます。また「2人で30,000円~50,000円以下」という条件で、旅館探しを行う方も多いようです。

 

20代前半であれば、もう少し安い金額で探す方も多いかもしれませんね。

 

友人・知人との旅行の場合

気の知れた友人・知人同士での旅行の場合は、利用シーンによって予算が異なります。

 

学生の卒業旅行、同窓会などの場合は多少予算を奮発することもあるかもしれませんが、気軽に行くような旅行であれば10,000円前後の予算が平均値でしょう。

 

しかし、ホテルよりも温泉や夕食に対する期待値が高いため、カップル・夫婦同様予算は15,000円からと考える方も少なくないはずです。女性の場合は結婚をしている・子供がいるということも予算決定に大きく関わります。

 

家族旅行の場合

国内の家族旅行は、1回あたり50,000円~10万円程度で予算を組む家庭が多いとされています。また、子供が小さいほど移動に気を遣うため、車移動を選んだことで交通費の負担額が減るという家庭も多いようです。

 

宿泊料金はこの全体予算から捻出されますので、おおよそ家族で20,000円~50,000円程度が予算相場と考えてよいでしょう。未就学児の添い寝が無料というプランであれば、家族旅行での利用も増えるかもしれません。

 

旅館はどのように宿泊料金を決めればよい?

iStock.com/thanyarat07

 

旅館が宿泊料金を決定する際は、自旅館のエリア特性・ターゲットの予算相場に適した設定を行う必要があります。そのために必要なのは、商圏内の競合他社の分析です。

 

全国有数の温泉街か、そうでないエリアなのかによっても宿泊料金の平均値は大きく異なりますので、宿泊予約サイトなどを参考に自旅館周辺の平均的な宿泊料金を把握するようにしましょう。ホテルのチェックも忘れないようにしてくださいね。

 

次に考えたいのは、自旅館は平均値よりも宿泊料金を高く設定するか・安く設定するかということです。競合他社と差別化するポイントを押さえていれば、おのずと宿泊料金も決まってくるはずです。

 

また、前項でもご紹介した通り、宿泊料金はプランや時期によって変動させる必要があります。レベニューマネジメントを上手く活用しながら、自旅館のターゲットに適した設定を行ってくださいね。下記記事もぜひ参考にしてみてください。

 

ホテル・旅館の客室料金の仕組みと料金の決め方

 

ホテル代の平均はどのぐらい?タイプ別で見る一泊の料金と適切な価格設定の方法を紹介!

 

他旅館やホテルの平均を参考に適切な料金設定を行おう!

iStock.com/TAGSTOCK1

 

旅館の宿泊料金の平均値は、15,000円程度です。これは、ホテルよりも多少高い金額となっています。

 

全国的に旅館の数は減り続けている一方、ホテルは年々開業が増えているということからもわかる通り、昨今ではホテルのニーズが高まっています。しかし、お客様がホテルと旅館に求めているものが違うことは明らかです。

 

ぜひホテル以上のおもてなしで「またあの旅館に泊まりたい!」と思わせられるような価格設定を行ってくださいね。

 

おおよその宿泊料金が固まり、スタッフの採用を始めたいと考える旅館経営者・採用担当者がいれば、当サイト「おもてなしHR」を活用してスムーズな採用活動を進めてみてはいかがでしょうか。

 

専属アドバイザーが貴旅館で求める人材の条件を伺い、条件にマッチした人材をご紹介しますので、自旅館で求人広告を出し採用活動を行うよりも効率的です。ご相談・資料請求は無料ですので、気になる担当者はお気軽にお問い合わせくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る