不規則な仕事が辛い…睡眠不足やストレスに向き合う方法

ホテルスタッフといえば、どうしても不規則な仕事というイメージがありますよね。事実、夜勤や日勤などを交えて働いているスタッフも多く、自らの体調管理が欠かせません。ホテルへの就職・転職を考えている方や、自己管理の方法に迷っている方の参考となるよう、不規則な仕事への対処法をご紹介します。

不規則な仕事は生活リズムが乱れやすい

StockPhotoPro – stock.adobe.com

 

日勤や夜勤などの時間帯があると、睡眠時間帯に変化があるため睡眠不足などの障害に悩んでしまうスタッフも多いようです。

 

睡眠時間もバラバラで睡眠の質が低下してしまうと、心身共に障害が出てしまう可能性があります。場合によっては命が危険にさらされてしまうリスクもあるのです。

 

規則的な生活を送る人と同じ睡眠時間を取っていても、不規則な仕事をしている人は体内時計が狂いやすくなっています。体内時計が乱れてしまうと作業効率が悪くなり、注意力が散漫になります。

 

そうなってしまうと、思わぬミスや事故につながってしまうだけでなく、不眠症や自律神経失調症、胃炎など体調を崩す要因にもなることも。心身の健康を損なってしまっては、仕事に集中することはできませんよね。

 

不規則な仕事をするなかで健やかに業務をこなすために、体内時計を狂わせない工夫を各々がしていく必要があるでしょう。

 

不規則な仕事による過労は非常に強いストレスになる!

Kaspars Grinvalds – stock.adobe.com

 

不規則な仕事を続けていると、自分の想像以上に疲労を溜め込んでしまうことがあります。疲労とは、「疲れた」や「休みたい」という気持ちに自覚があり、休息行動をとりたくなってしまう状態のことを指しています。

 

疲労は休養を取れば回復するものですが、休養が取れなければどんどん蓄積されていき、疲労は過労へと変化してしまいます。

 

過労とは疲労が蓄積してしまい、心身の健康になんらかの問題が生じてしまう危険性が高まっている状態です。非常にストレスの強い状態で、業務意欲が減退してしまったり、業務以外のことに対しても意欲が無くなってしまう可能性があるのです。

 

身体機能も低下するだけでなく、免疫機能に強く影響が現れ「うつ病」にかかってしまうリスクもあります。

 

過労になるまで疲労を溜め込まないためには、個々人のホテルスタッフが疲労に対する意識を高める必要があるでしょう。まずは疲労を蓄積しなくて済むよう、自己管理をすることが大切です。

 

不規則な仕事になりやすい職種は?

 

不規則な仕事になりやすい職種は、日勤や夜勤がある仕事です。

 

宿泊業はもちろんですが、医療に携わる方やトラック運転手、客室乗務員、企業によってはエンジニアなども不規則な仕事と言っても過言ではないでしょう。

 

不規則な仕事が辛いと感じてしまう原因としては、日勤と夜勤を織り交ぜながら働くことで、規則的な生活リズムを作りにくくなってしまい、心身が生活に追いつかないということが考えられます。

 

多少の睡眠不足でも年齢が若いと体力でカバーできますが、年齢を重ねていくと体力だけで乗り切ることが難しくなります。

 

好きな職場で長く働くためにも、いかにして疲労を解消し、体調を崩さないように調整していくのかは前もって身に付けておくと良いでしょう。今後は体調管理が大事になります。

 

不規則な仕事から身を守る対処法とは?

haru – stock.adobe.com

 

不規則な仕事で疲労を溜め込まないためには、自分自身に合った対処法を身に付ける必要があります。参考となるように、いくつか方法をまとめましたのでご覧ください。

 

夜勤中は効果的に仮眠する

 

夜勤中に仮眠を取ることによって、体内時計を安定させることができます。しかし、仮眠時間にも注意しなければなりません。

 

極端に数時間も仮眠してしまうと、かえって倦怠感が強くなってしまいます。ちょうど良い仮眠時間は60分と言われています。60分も仮眠時間を取れないという方は、10分や20分と短時間でも業務効率は向上するので、ぜひ仮眠時間を効果的に取り入れてみてください。

 

参照:夜勤中の仮眠のすすめ/日本看護協会

 

カフェインを摂らないようにする

 

コーヒーなど、カフェインの含まれる飲食物は、仮眠する4~6時間前からは摂らないようにしましょう。

 

カフェインを摂ってしまうと仮眠できなくなってしまうだけでなく、仮眠できたとしても十分な睡眠をとることができず、疲れを和らげることができません。かえって、体内時計を狂わせてしまうかもしれませんので、注意してください。

 

「夜の朝食」を食べる

 

近年の研究では、朝食が体内時計のリセットについて関係のあることが分かってきています。毎日、朝食を食べることによって、自分の体に朝だということを教えることができるそうです。

 

このセオリーを用いると、仮に夜勤中に「夜の朝食」を食べれば、体が朝食と判断するため生活リズムを整えることにもつながるのではないでしょうか。自分で「夜の朝食」をルーティン化すると、仕事効率にも良い影響をもたらすかもしれませんね。

 

不規則な仕事を辞めたいときは転職活動もアリ

Robert Kneschke – stock.adobe.com

 

不規則な仕事に従事される方は、体調を崩しがちであることは否めません。特に宿泊業では、この不規則な仕事が離職率に多大な影響を及ぼしています。

 

しかし、不規則な仕事とされる宿泊業でも、職場によっては働き方が改善されるケースもあります。一度は憧れて入った宿泊業の世界なので、そう簡単には諦められないという本音もあるかもしれません。

 

もし現在の職場での業務に耐えられない場合は、転職を検討されることをおすすめします。あなたの理想とする働き方などは、宿泊業に詳しい専門家に相談してみると良いでしょう。

 

自社の就職・転職支援サービス「おもてなしHR」をご活用いただくと、宿泊業界に特化した専任のアドバイザーが働き方についてのご希望を聞きながら、転職活動を丁寧にサポートいたします。まずはお気軽にお問い合わせくださいね。あなたのご相談をお待ちしております。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る