第二新卒の異業種転職はチャンス!転職を成功に導く3つのポイントとは?

異業種転職は年齢を重ねるにつれて難しくなると考えられているため、年齢の若い第二新卒の異業種転職はチャンスと言われています。では、どのように転職活動を進めれば異業種転職を成功させることができるのでしょうか。第二新卒・異業種転職のポイントや、考えておくべきことを解説します。

第二新卒の異業種転職は可能?

「石の上にも三年」ということわざがあるように、新卒入社3年以内の転職は引け目を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、2019年10月に発表された厚生労働省の調べによれば、3年以内に離職した新卒はおよそ3割を超えています。数字からも見て取れるように、意外にも3年以内に離職する方は多いものなのです。

 

  • ・同業界×同職種
  • ・異業界×同職種
  • ・同業界×異業種
  • ・異業界×異業種

 

上記は、転職の難易度を示しており、上から順に転職活動がスムーズに進められると言われています。転職難易度は同業種より異業種の方が高くなりますが、第二新卒であれば異業種転職を有利に進めることができるかもしれません。

 

ではなぜ、異業種転職を第二新卒の時期に行った方が良いのでしょうか。第二新卒の異職種転職が有利とされる理由をはじめ、転職活動のポイントをご紹介します。転職を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

第二新卒の異業種転職が有利なのはなぜ?

iStock.com/hidez

 

異業種転職を行うタイミングが第二新卒時が良いとされているのは、いくつかの理由があります。企業の第二新卒採用のメリットから、有利と言われる理由を考えていきましょう。

 

教育コストが少なく済むから

第二新卒は、新卒で入社した企業で「仕事に向き合う姿勢」や「ビジネスマナー」を教わり、社会人としての基礎ができている状態になっています。つまり、企業からすればゼロから教える必要がないため、新卒ほどの教育コストがかからないと考えられているのです。

 

そのため、新卒採用よりも第二新卒採用に力を入れている企業も一定数存在します。

 

企業風土に馴染みやすいから

社歴が長くなればなるほど働く型ができていくものですが、第二新卒では良くも悪くもその型が形成されていません。たとえ、型ができているとしても社歴の長い人物よりも変えるのは容易でしょう。

 

つまり、社歴が浅い人物ほど企業風土に馴染みやすいと考えられており、転職も有利に運ぶことが多いのです。

 

ポテンシャルを重要視しているから

中途採用では、即戦力となる人材が採用されることが多いものです。しかし、新卒とさほど大差のない第二新卒は、即戦力となるほどの能力を求められることは少ないでしょう。

 

仕事への意欲やポテンシャルを重視した採用活動を行う企業も多く、そのような企業は「未経験歓迎」という形で求人募集を行います。

 

年齢が上がるほど、スキルが重要視されるため転職の難易度は上がります。そのため、異業種へ転職するのであればポテンシャル採用が多い第二新卒時がチャンスと言われているのです。

 

第二新卒・異業種への転職活動のポイント

iStock.com/mediaphotos

 

「異業種へ転職をする!」と心に決めた第二新卒は、どのような点に気を付ければ転職活動を成功させることができるのでしょうか。転職活動の3つのポイントをご紹介します。

 

退職理由はポジティブに変換する

企業が第二新卒の採用を進める中で、最も懸念しているのは「またすぐに退職をしないか?」という点です。

 

中には「同職種の仕事が辛い」「職場環境が良くない」というようなマイナスな転職理由がある方もいるはずです。しかし、仕事の意欲で評価されることが多い第二新卒の中で、ネガティブな思いを晒してしまっては転職活動も軌道に乗りません。

 

ですので、退職理由は志望動機とも整合性のあるポジティブな表現を用い、新しい職場では長く勤めたいという話に繋げるよう心がけましょう。

 

前職の経験・スキルを結び付ける

第二新卒・異業種への転職を検討している方が悩んでしまうのは、前職の経験やスキルが直接に次の仕事に結び付けられないということでしょう。ただ、前職で何も得られなかったという方はいませんよね。

 

実務でアピールできることには限界がありますし、採用活動を行う企業もそれは重々承知しています。そのため、前職での経験や身に付けたスキルを通して、企業へどんな貢献ができるのかを自分なりに表現するようにしましょう。

 

しかし、短い期間で退職をしたことに引け目を感じすぎて、学生時代のことばかりを伝えてしまっては「前職の経験を活かせない人物」と捉えられかねません。かえって裏目に出てしまうことも多いようですので、職務経歴書・面接では伝え方に注意してくださいね。

 

転職先でのビジョンを明確にする

新しい職場での仕事は入社するまでわかりません。しかし、求人情報や企業のホームページからある程度推測は可能です。

 

先に述べたように、第二新卒は他の転職者と比較して仕事に対する意欲・ポテンシャルが重要視される傾向にあります。入社意欲の高さは、入社後のビジョンが明確かどうかで量られることも多いものです。

 

よって、足りないスキルを補うためにも入社意欲の高さ、入社後に思い描く働き方やキャリアビジョンを企業に伝えるようにしましょう。下記の関連記事も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

第二新卒の就活は厳しいって本当?第二新卒の就活を成功させるポイントを紹介!

 

第二新卒・異業種への転職検討者が考えるべきことは?

iStock.com/olaser

 

「本当に異業種に転職すべきなのか…」と、転職に迷いがある第二新卒も少なからずいることでしょう。そんな第二新卒は転職活動を始める前に、どんなことを考えておけば良いのでしょうか。迷いのある第二新卒に、ぜひ考えていただきたい3つの点をご紹介します。

 

自分がどう生きていきたいのかを考える

特に、学生時代の就職活動にあまり時間を割けなかった、積極的に就職活動を行ってこなかったという第二新卒は、今一度自分自身がどんな生き方をしていきたいのかを考えてみることをおすすめします。

 

実際に社会に出たことで、仕事への価値観やプライベートの大切さに気付いたという方も少なくないはずです。今後、10年・20年とキャリアを積むにあたり、どのような生き方をしていきたいのかを明確にすることで、きっと未来が開けるはずです。

 

希望職種・業界について調べ上げる

業界・職種に迷いがあるという方は、現職に籍を置きながら業界・職種の研究を進めてみましょう。

 

別の業界・職種に就くことで自身のキャリアプランが達成できる目途が立てば、ぜひ転職活動を進めてください。業界・職種研究を進めてもいまいちしっくり来ないという方は、あえて異業種転職を行うのは時期尚早かもしれません。

 

ストレスを抱える環境下であれば逃げ道を探したくなるものですが、配置変え・企業の方針変更により働きやすい環境へ変わることも考えられます。そして、環境も重要ですが、仕事の良し悪しはつまるところ自分次第です。

 

現職場・勤める企業のメリットとデメリット、他の業界・職種・企業のメリット・デメリットを比較したうえで、転職するかどうかを決定するようにしてくださいね。

 

迷いが消えない時はエージェントに相談する

初めての転職であれば、転職すべきなのか、転職活動をどう進めるべきかなどわからないことも多いでしょう。そんな時は、転職エージェントに相談をするのが良いかもしれません。

 

多くの転職者への相談を生業にしている転職アドバイザーであれば、行きたい業界・職種についての疑問を解消してくれるはずです。また適性があるかどうか、選考に通過しやすい職務経歴書の書き方などを教えてくれるアドバイザーも存在します。

 

相談料がかからないサービスが大半ですので、1人で思い悩まず、立ち止まってしまった際には相談をして自分自身を整理してみてはいかがでしょうか。

 

第二新卒の異業種転職は転職エージェントを使おう!

iStock.com/demaerre

 

異業種へ転職をする場合、ポテンシャル採用が多い第二新卒はチャンスです。目指したい職種が明確になっている方は、ぜひ転職活動をスタートしてみましょう。

 

迷いがあるという方は、まずは本当に転職をすべきかどうかから考えた方が良いかもしれません。転職をせずとも、希望する働き方ができたという方はたくさんいます。

 

しかし、不満を募らせながら無理に働き続ける必要はありませんので、今のご自身の状況を鑑み、転職すべきか、どの業種に転職すべきかを判断するようにしましょう。

 

ホテル・旅館などの宿泊業への転職を検討している第二新卒の方は、当サイト「おもてなしHR」の転職アドバイザーに相談するのもひとつの手です。専属のアドバイザーが、親身にお話しを伺います。転職活動に迷いがある方は、ぜひ気軽にご相談くださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る