採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

20代で転職が決まらないのはなぜ?20代で転職を成功させるコツもご紹介!

転職がしやすくなったとはいえ、20代でも思うように転職が決まらず、苦しい思いをする方も多いようです。最近では応募者数より求人数が上回っているという売り手市場が続きますが、転職活動のコツを知らなければ、誰でも転職活動に失敗してしまうのです。20代が転職活動で注意すべき点を確認していきましょう。

20代でも転職活動で苦戦する人もいる!

oka – stock.adobe.com

 

「20代は転職しやすい」と言われても、転職活動において厳しい環境にいる人も少なくありません。

 

一般的にいえば、転職活動の期間は3ヵ月から半年ほどが平均的です。しかし、それ以上の期間をかけてしまうと、体力だけでなく精神的にも相当なエネルギーを消耗してしまうでしょう。

 

さらに、さまざまなリスクを伴う可能性もあります。希望を持って転職活動してみたものの、長期間にわたって内定を取ることができず、社会から孤立しているような印象を抱いてしまう人もいます。

 

転職活動は長引けば長引くほど、泥沼化していきます。転職活動で陥ってしまった悪循環から、早く抜け出さなければ成功の兆しも見失ってしまうのです。

 

20代の転職活動がうまくいかないのは、きっと「やり方」を知らなかったり、間違っているだけです。ですので充実した転職活動になるよう、まずは転職活動のコツをつかみましょう。

 

20代で転職が決まらない人の特徴

oka – stock.adobe.com

 

はじめに、20代で転職が決まらない人の特徴をご紹介します。あなたに当てはまる点がないか、チェックしてみてくださいね。

 

転職の目的が明確でない

 

どんな人にも言えることですが、転職活動をする際は「仕事でどのように成長したいのか」を明確にする必要があります。

 

採用担当者から見れば、その仕事でやりたいことが具体的になっている応募者のほうが「熱意・意欲を持っている」と判断できます。反対に、転職目的が曖昧だと、「仕事へのモチベーションが低い」「将来性が低い」などと思われてしまう可能性があるのです。

 

転職先に求める理想が高すぎる

 

転職先に求める条件の理想が高すぎると、内定を取りにくくなってしまいます。特に、応募者の多い大手企業ばかりに執着していると、倍率が高いので採用される確率も下がります。

 

中途で大手企業から採用されるには、一定水準以上のスキルを持った「即戦力」になる必要があるでしょう。しかし、どんなに優秀な人でも、大手企業から採用されるかどうかの保障はありません。

 

ですので、なるべく視野を広く持って転職活動を行うことが重要なのです。

 

選考を受ける企業数が少ない

 

企業への理想が高いと、選考を受ける企業数が少なくなってしまします。その結果、採用数も下がるのは一目瞭然ですよね。

 

選考を受ける企業数を増やすだけで、内定を取る可能性は自然に高まります。しかし、応募する企業を増やしすぎてしまうと、キャパオーバーとなってしまい自分では対応しきれないといった事態を招くことも。

 

自分が対応できる範囲内で、できるだけ多くの企業に応募してみることが大切です。

 

自己分析ができていない

 

自己分析は就職・転職活動の基本です。とりわけ、20代の転職ではスキルだけでなく、本来備わっている資質やポテンシャルも重視されているのです。

 

それにも関わらず、自己分析が満足にできていないと、自分の魅力や強みを企業にアピールすることができなくなってしまいますよね。結果、採用につながらず、転職活動の長期化にも影響してきます。

 

応募書類の書き方が悪い

 

転職が決まらないと悩む方のなかには、面接にさえ進むことが難しい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方は、きっと応募書類の書き方が間違っているからかもしれません。

 

履歴書や職務経歴書の書き方のポイントを無視してしまうと、書類選考でつまづいてしまうケースがほとんどです。

 

応募書類には、いままで身に付けたスキルや経験など、自分のセールスポイントをうまく書けるようにしておきましょう。書類で自分のセールスポイントを伝えたうえで、採用担当者に「この人に会ってみたい」と思ってもらえるような内容にすることが大切なのです。

 

20代の転職活動を成功させるコツとは?

peshkova – stock.adobe.com

 

20代で転職活動が決まらない人の特徴を見てきましたが、その特徴を踏まえ、転職を成功さえるコツを考えていきましょう。

 

企業研究をしっかりする

 

転職活動を始める際は、かならず企業研究を怠らないようにしてください。企業研究を疎かにしてしまうと、応募先企業に入社したいというアピ―ルへの説得力が足りなくなってしまうのです。

 

企業は「なぜ他社ではなく自社に応募したのか」を知るために、面接で質問を重ねます。ですので、応募先企業について研究しておくことは必須条件と言えるでしょう。

 

若さをアピールする

 

多くの採用担当者は、中途で20代を採用するときには「今後の可能性」に大きく期待しているのです。そういった企業は、若手を育てようという思いが非常に強い傾向があります。

 

そのため、未経験の分野にもチャレンジしてみたいという姿勢を見せることも大切かもしれませんね。

 

転職理由をうまく説明する

 

転職理由をうまく説明できないと、面接官に悪い印象を与えてしまうことがあります。

 

たとえば、転職の理由として「人間関係の悪化」などを伝えた場合、本当の理由であるとしても他責にしていると捉えられる危険性があるのです。

 

本当の転職理由がネガティブなものであったとしても、角度や伝え方を変えるだけでポジティブな理由になったり、説得力が増されることもできます。

 

転職理由を面接官に伝えるときは、なるべくポジティブな印象を与えるように工夫してみてくださいね。

 

具体的な将来像をつくる

 

「転職先でどのような仕事をして、どのように成長したいのか」「どのようなスキルや経験を積んで、どのようなキャリアを築きたいのか」など、将来像を明確にしておきましょう。

 

そうした将来像が具体化されていると、仕事への熱意や意欲も伝えやすく、採用される確率も高くなるのです。

 

転職活動を見直す

 

いままで転職活動をしてきて思うようにいかなかったのであれば、あなたの転職活動に何かしらの間違いやアピールが足りていないポイントがあるはずです。

 

今後の転職活動を成功させるためには、いままでの転職活動を振り返り、客観的な視点で見つめなおす必要があるでしょう。

 

マイナス点を改めて見直すことで、自分の強みをアピールできるポイントが増える可能性もありますので、丁寧に探ってみてください。

 

ホテル・旅館への転職活動は「おもてなしHR」!

 

転職活動にお悩みを抱える方は、一度転職エージェントをご活用いただくのも一つの方法です。

 

ホテル・旅館への転職をご検討されている場合は、自社の就職・転職支援サービス「おもてなしHR」もお役に立てるかもしれません。宿泊業界に特化したアドバイザーが、あなたの転職活動を丁寧にサポートします。

 

いままで転職活動でつまずいていたポイントもヒアリングしながら、あなたにピッタリの企業を一緒に探していきましょう。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事