採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

ホテルにおけるホワイト企業の見分け方はある?ブラック企業との違いを解説!

ホテル業界は長時間労働で離職率が高く、ブラック企業が多いというイメージがある方もいらっしゃいますよね。就活生のなかには、それでもホテル業界に憧れを抱き、就職を目指す方も少なくありません。しかし、最近では「働き方改革」によって労働環境が改善されているホテルが増えているのはご存知でしょうか。とはいえ、いまだにブラック企業に等しい企業が存在していることは確かです。ホテル業界におけるホワイト企業の見分け方を確認し、自分らしく働ける職場を見つけましょう。

ホテルにおけるホワイト企業の特徴とは?

New Africa – stock.adobe.com

 

ホワイト企業の大きな特徴として挙げられるのは、労務管理が徹底されていることです。

 

たとえば、労働基準法を違反しないようにサービス残業を禁止していたり、有給休暇の完全取得を実行しています。福利厚生も充実しており、産休・育休からの復職がきちんとサポートされている企業がほとんどです。

 

ホテル業界はサービス業なので、お客様と接しているだけでも知らないうちにストレスをため込んでしまうことが多いですよね。

 

そのような場合、ホワイト企業は従業員の精神病などを予防するために、定期的なストレスチェックを設けています。

 

こうした労務管理の徹底が、離職率の低さに表れます。従業員が安心して業務を全うすることができ、従業員の能力をフルで発揮できる職場環境を整備しているのです。

 

労務管理を徹底することは、仕事へのやりがいを感じられることにもつながります。労務管理が社内に浸透しているからこそ、自らのスキルや経験が業務に発揮されるのかもしれませんね。

 

ブラック企業は具体的にどのような企業?

beeboys – stock.adobe.com

 

一般的に、ブラック企業とは労働法の基準を無視し、従業員に劣悪な労働環境や過酷な労働を強いる企業のことを意味します。

 

一部のブラック企業と呼ばれたホテルでは、長時間労働に加え、違法な時間外労働をさせるだけでなくタイムカードを改ざんし、残業を隠ぺいしていた事実もあったようです。支給すべき手当が減額されるのはあってはならないことです。

 

ホワイト企業とは対照的に、そのような労務管理をうやむやにした横暴な経営が常態化している企業は、ブラック企業と判断してもおかしくはないでしょう。

 

ホワイト企業のホテルを面接で見極める方法

maru54 – stock.adobe.com

 

ホワイト企業のホテルに就職・転職するには、面接で見極めることが最善策です。逆に言ってしまえば、面接でブラック企業だと判断することもできるので、ブラック企業だと思わしい企業にはこちらから選考や内定を断るようにしましょう。

 

応募者を知ろうとしてくれる

 

ホワイト企業のホテルは人手不足で困っていたとしても、適当な面接を行うことはありません。

 

面接では応募者の人間性をしっかりと見極めたうえで、選考結果をだします。そのため、面接には30分~1時間ほどかかる場合もありますが、それは社員のことをきちんと思いやれる企業だという証拠でもあるのです。

 

しかし、ブラック企業は面接を数十分で切り上げることも珍しくありません。また、具体的な仕事の説明もないまま雑談のように進む面接は、「とにかく人手を補いたい。誰でもいいから早く入社してほしい」という気持ちの表れだということも考えられますので、細心の注意が必要でしょう。

 

精神論で片付けない

 

面接官から仕事内容などを説明される際も、しっかりと耳を傾けるようにしましょう。

 

たとえば、ホワイト企業のホテルでは、明確な昇給・昇格のラインを示してくれます。しかし、ブラック企業の場合は「やる気」「熱意」「努力」といった精神論を協調します。

 

「がんばればすぐに昇給・昇格できる」などの言葉を多く発する面接官には気を付けてください。精神論を過剰に語る企業には、セクハラやパワハラ、モラハラなどのハラスメントが表面化している可能性もあります。

 

誠意を持って接してくれる

 

ホワイト企業であるか、ブラック企業であるか、一番分かりやすく見分けられるポイントは「面接官」です。面接官が応募者に失礼な態度や言動をとるような企業は、ブラック企業である確率が上がります。

 

一方、ホワイト企業の面接官は、応募者だからこそ丁寧に対応してくれます。むしろ、面接だけで「上司になってほしい」「一緒に働きたい」と応募者の心を掴んでしまうような面接官が多く、優秀で意欲のある社員が集まりやすいのです。

 

結果的に社内の人間関係も良好になり、切磋琢磨しながらも協力し合う関係性が築かれやすいため、従業員のスキルや才能などが発揮されやすいホワイト企業が形成されていくのでしょう。

 

ホワイト企業のホテルへの就職・転職は「おもてなしHR」を使おう!

Kadmy – stock.adobe.com

 

「ホワイト企業のホテルへ就職・転職したい!」といっても、実際にはどのような企業なのかというポイントを一人で見極めるのは難しい面があります。

 

しかし、自社サービス「おもてなしHR」をご活用いただくと、そのような心配をする必要はなくなります。宿泊業界に特化した専任のアドバイザーが、客観的な視点であなたに合ったホテルの求人をご紹介します。

 

まずはあなたのお話を聞かせてください。ホテルの仕事に対する不安やお悩みなどが解決されたうえで、一緒にホワイト企業のホテルを探していきましょう。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事