採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

分散型ホテルは地方創生を加速させることができるのか?

日本ではまだ聞きなじみの無い分散型ホテルは、街一帯を宿泊施設とする考え方で築き上げられ、空き家問題の解消をはじめ、地方創生にも期待が持たれています。日本でも数が徐々に増えている分散型ホテルとはどのようなものなのでしょうか。分散型ホテルの基本情報から、運営にあたってのメリットや課題をご紹介します。

街全体を楽しめる「分散型ホテル」とは?

iStock.com/e55evu

 

分散型ホテルとは、イタリア北部発祥の新しいホテルの形です。

 

分散型ホテルは、アルベルゴ・ディフーゾと呼ばれる「震災後の空き家を有効活用する取り組み」がモデルとされており、チェックイン・飲食・宿泊・温泉など、それぞれ独立した建物に機能を点在させ、地域一帯を一つの宿泊施設とする取り組みのことを指します。

 

日本ではまだ耳なじみの無いように思える分散型ホテルですが、点在している施設を同ホテルと捉えることができるという2018年6月の旅館業法改正により、日本でも徐々に広がりを見せ、ホテル業のみならず、大都市を有さない地域から期待が寄せられています。

 

分散型ホテルで解消が期待される3つの地域課題

iStock.com/kyonntra

 

空き家の有効活用が主目的として生み出された分散型ホテルですが、分散型ホテルを作り出すことで、3つの地域課題が解消に向かうと考えられています。

 

どのような地域課題の解決の橋掛けになると考えられているのかをみていきましょう。

 

空き家問題の解消

日本では、2019年時点で846万戸で、総住宅数に占める空き家の割合が13.6%にも及んでいるという発表が総務省からなされました。この数字は、毎年右肩上がりで増加しているにも関わらず、空き家の利活用は進まず、新しい住宅の着工は増え続けているのです。

 

空き家の増加は、不法侵入などによる犯罪リスクや、耐震基準外の住宅であるがゆえの災害リスクの増加に繋がってしまう可能性が高いということもあり、政府や自治体を中心に、空き家の利活用の方法を模索しています。

 

その課題を解決できるのが、分散型ホテルです。分散型ホテルは、空き家や古民家を利活用することが前提であり、空き家を宿泊施設として蘇らせることができれば、空き家問題解消の助勢となることでしょう。

 

参照:平成30年住宅・土地統計調査住宅数概数集計 / 総務省

 

街全体の活性化

分散型ホテルは、街全体を一つの宿泊施設とする考え方から成り立ちます。

 

前述のように、宿泊客の飲食は地域の飲食店を利用してもらったり、宿泊施設内に浴場が無いという場合には地域の銭湯や温泉を利用してもらうということは、周辺地域に宿泊客が出向くということと同義です。

 

人の移動が生まれれば、自ずとお金は動くものですので、分散型ホテルは街全体の活性化にも期待を持たれています。

 

地方創生

ここ数年、政府から発表があったことで地方創生というワードが国内でトレンドのように扱われており、耳にしたことがあるという方も多いはずです。

 

地方の人口減少に歯止めをかけることと、大都市圏の人口集中を分散させることを目的とし銘打たれた地方創生は、政府・自治体はもちろんのこと、大企業を中心に様々な取り組みが行われています。

 

分散型ホテルでは、地域活性にも期待が持たれていることから、この地方創生にも一役買うとされています。分散型ホテルを介し、地方に強く興味を持った方が増えることで、日本の人口減などの社会課題の解決にも繋がりうるかもしれません。

 

興味のある方は、下記関連記事もぜひご覧になってください。

 

地方創生とホテルの関りとは?ホテルが地方創生で担う役割を考える

 

地方創生は人口減少を止められるのか?

 

分散型ホテルを運営するメリット

iStock.com/kyonntra

 

経営者が分散型ホテルを運営するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。分散型ホテルを運営することで生じる3つのメリットをご紹介します。

 

街全体で売上を上げることができる

宿泊・飲食など、街全体で利益を上げることができるというのが、分散型ホテルの最大のメリットと言っても過言ではないでしょう。

 

人が集まるところに、人は集まります。日本の分散型ホテルの事例は全国でも数箇所程度ですので、話題性を集めることにも期待が持てるはずです。

 

景観に溶け込める

分散型ホテルでは、空き家や古民家などを利活用することが前提です。新たにホテルの建設を行わないため、景観に馴染んだ宿泊施設を作り上げることができるでしょう。

 

景観に馴染み、街全体を体感する分散型ホテルでは、利用客が「数日間、その街に住んだ」という感覚に陥るはずです。新たな体験を求める宿泊客の利用増加にも期待が持てます。

 

多くの企業と協創が可能

そもそも、ホテル経営には多くの関係者が関わるものですが、分散型ホテルでは更にその関係性が密になると言っても過言ではありません。

 

数多くの飲食店・浴場・売店などと関わり合いを持つことで、より宿泊客に魅力を感じてもらうことができるはずです。様々な意見を地域全体で出し合い、お互いが高め合うことで、より良い街を協創することができるはずです。

 

分散型ホテルが持つ課題

iStock.com/Takshi-Iwai

 

ホテル経営者、宿泊客の双方にメリットが多いと感じる分散型ホテルですが、独立型のホテルとは異なる課題があるということを忘れてはなりません。分散型ホテルの運営には、どのような課題があるのかをみていきましょう。

 

周辺地域に各施設が点在していなければならない

分散型ホテルのメインは宿泊施設であるものの、街全体の施設を利用しなければ宿泊客は充分な時間を過ごすことができず、周辺地域に各施設が点在していなければ成り立たないのが現実です。

 

そのため、施設を多く有していない山間地域や郊外では、分散型ホテルの運営は少々難易度が高いかもしれません。

 

施設の統一感が必要になる

分散型ホテルで利活用をする空き家などの施設は、まずリフォーム・リノベーションを行い、宿泊施設として利用ができるような状態にしなければなりません。加えて、周辺施設の景観とも合わせる必要があるため、時には費用が大きくかかるという可能性も孕んでいます。

 

周辺施設全体をリフォーム・リノベーションし、統一感を持たせるならなおのことです。

 

国・自治体の協力が必要になる場合がある

分散型ホテルは、地域課題の解決のために注目を集めるホテルです。つまりこれは、地域と深く広く連携をとらなければ成功にはほど遠くなってしまいます。

 

地域内の経営者が運営をするならまだしも、外からの経営者を呼び運営を行うことになった場合、いくら構想があったとしても、地域住民・地域施設の経営者へ理解を促すまでに時間がかかることが予想されます。

 

分散型ホテルの経営者は、一企業としてのみではなく、街全体の舵取りを行う能力が求められますので、国や自治体の協力が必要になる場面も多くあるということを押さえたうえで、強い信念を持ち経営をする必要があります。

 

分散型ホテルは日本にある?

iStock.com/Satoshi-K

 

国内で初めて分散型ホテルとしての認定を受けたのは2018年ということからわかる通り、まだ数は多くないようが徐々にその数は増えています。なお、初めて分散型ホテルと認定を受けた施設は、岡山県矢掛町にあるようです。

 

そのほか、兵庫県、京都府、愛媛県、滋賀県、福岡県、山梨県、千葉県などにも分散型ホテルはあります。中には、ホテル・旅館の密集地の中に分散型ホテルの機能を持たせた施設を有しているという企業もあるようです。

 

イタリアやクロアチアでは100を超える分散型ホテルがあるようですので、気になる方は本場の分散型ホテルを、渡航が難しいという方はぜひ国内の分散型ホテルに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

宿泊客として訪れることによって、新たな発見があるはずです。

 

分散型ホテルへの旅行客の反応

iStock.com/ablokhin

 

ホテル経営者が最も気になるのは、お客様の声でしょう。分散型ホテルへの旅行客の反応をまとめました。

 

プラス評価

  • ・観光がより豊かになりそう
  • ・一棟貸しであれば心身リラックスできそう
  • ・どこか懐かしい雰囲気がたまらない
  • ・使い方の自由度が高く、これからの時代に合っていると感じる

 

まだ日本では耳なじみがないということと、地域の課題を解決したいと考えている旅行客からの注目が集まり、プラスの評価が多く見受けられました。

 

マイナス評価

  • ・移動が面倒くさそう
  • ・ホテルほどサービスに期待は持てない
  • ・民泊やゲストハウスとの違いを明確にした方が良い

 

分散型ホテルと似たような機能を持たせているゲストハウスも、昨今多く見ることができるようになりました。そのため、分散型ホテルの運営を検討している経営者がいるのであれば、ゲストハウスとの明確な差をつける必要があるかもしれませんね。

 

ゲストハウスに関する下記の記事も、ぜひ参考にしてみてください。

 

ゲストハウス経営の手続き、お金、大切なポイントを解説!

 

ホテルとゲストハウスの違いは?働くメリットも解説

 

新しい生活様式が唱えられた今「分散型ホテル」に期待

iStock.com/chanawin88

 

新しい生活様式が提唱され、大都市圏の暮らしや働き方について、思いを巡らせることが増えたという方も多いはずです。

 

1人ひとりがどんな暮らしをすべきなのかを考えることが増えた今、空き家問題の解消とともに、地域活性化・地方創生加速の助勢ともなる分散型ホテルについてを考えることは、今後日本での生活を考える良いきっかけになることでしょう。

 

分散型ホテルのように、都市圏外のホテル・旅館を通し地域を活性化したいと考えるホテル・旅館の経営者がいるのであれば、ぜひ当サイト「おもてなしHR」をご利用ください。貴ホテル・貴旅館と求職者との良縁を作ることができるよう、専属アドバイザーが全力でサポートします。

 

資料請求は無料ですので、気になる方はぜひお気軽にご相談くださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事